2018年08月16日

渓流の極小プラグ

twitterでつぶやく

いや〜、また雨続き

嫌になっちゃいますね。

先日訪れた道東の中規模河川は

増水&濁りで全く反応なし。焦る……。

 

本命河川にふられて

仕方なく支流をのぞいてみると

ちょうどいい感じの水量。

少し釣り上がると

好ポイントの多くでニジマスがヒット。

それに気をよくし、支流の支流を詰めると

今度はイワナがたくさん釣れました。

04 

















極端な増水と渇水を繰り返す今季は

釣りのタイミングが難しいとはいえ、

小さな流れならそれほど影響はありません。

今回、そんな細流で試したのが

40侈にの小型シンキングミノー。

渋い状況でもフッキングがよいうえ、

スレた狡猾な魚も誘ってくれるのが魅力です。

 

ところで、小型シンキングミノーは

フックを2本装着すると前後で絡みやすいので、

思い切って1本で挑むのがおすすめ。

1本なら不意の大ものが来たときでも安心な

太軸のやや大きいフックを付けられるのも利点です。

 

フック1本だと釣りは快適で、

魚にもやさしい。

トゥイッチ時にボディーフックを拾うことなく、

ランディング時にネットと絡むこともありません。

さらに余剰フックが自分に刺さる心配がなく

魚にダメージを与えにくいのもマル。

それをふまえてか、ワンフック仕様で開発された

小型ミノーもリリースされています。

01 

















私は50丱ラスのミノーも

しばらくワンフックで使っていますが、

フッキングの悪さはほとんど気になりません。

掛からない魚は釣れない魚、

そう割り切っています(笑)。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

_DSC9815 

















↑は別部隊の取材で出たニジマス。

小型トップウオータープラグも

夏に威力を発揮するルアー。

さぁ、雨後に期待ですね。



northanglers at 16:54|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月14日

楽々ジギング!

twitterでつぶやく

道東取材ロードから昨晩戻りました。

まずは能取沖のジギング。

_DSC0875 

















現在発売中の157

「ライト・ブリジギングのすすめ」では

積丹沖で矢野愛実さんがキャッチした

9.5圓離屮蠅誌面を飾り、

女性や非力な方にやさしい

ジギングを提案しています。

で、今回はもっとライトなジギング。

道内で流行の兆しを見せている

スーパーライトジギングです。

 

サケ釣りなどで使う

中型スピニングリールを流用できるのが

この釣りの魅力のひとつ。

ジグは専用が好ましいとはいえ

手持ちのショア用のジグも使えます。

 

道東は特にスーパーライトジギングが盛ん。

その背景にあるのは

メインターゲットになる

根魚の種類が豊富だからでしょう。

この日は矢野さんが担当する隔月連載

「船ルアー愛実らせます!」の取材でしたが、

シマホッケを含むホッケを主体に
何と9魚種に出会うことができました!

詳しくは来月発売号をご覧ください。

_DSC0654 

























_DSC0878
















私は食あたり?で体調不良でしたが、
ホテルでもらった薬がきいたのか

乗船前に落ち着いて何とか任務を遂行。

翌日はゆっくり寝られると思ったら

早朝に「10階で火災が発生しました」という

アナウンスで起こされました
(結局は火災報知器の誤作動)。

まあ、寝坊しないですんだので

いいアラームになりました(笑)。

渓流取材に続く……。



northanglers at 16:26|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月09日

157特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

以下では、特集以外の内容を紹介いたします。

CS_255 



















●ヒラメ×サクラ最前線

7月、釣りにならない日が続いたのは

川だけでなく海も同じ。

特にショアは厳しかったが、

あきらめずにロッドを振っていると

魚は微笑んでくれるものだ。

45日、総走行距離1500劼傍擇

ショアのエキスパートの釣りから

ヒラメ&海サクラの有効メソッドを探る。

 

●カラフトマスLFのベーシック

昨年は低調のまま終わったが、

今年は7月下旬、えりもなどから

カラフトマスの釣果が聞こえてきた。

さて、今シーズンはどうなるか?

 

●支笏湖のヒメトロ

広大な北海道にはさまざまな釣りがあるが、

ヒメマスのトロウリングほど

コアでマニアックな釣りはないかもしれない。

そんな世界に昨年から足を踏み入れたのが、

手練ればかりのなかでは若手といえる関弘二さん。

この釣りを古くから楽しんでいる

年配の愛好者に可愛がられながら腕を磨いている。

 

●いーとーまきの沖釣り入門

今回は「むかわ沖・ババガレイ」の巻。

地方によって正月料理に欠かせないという、

ゴージャスなカレイをねらう。

P067-071-2 

















●ライト・ブリジギングのすすめ

「北海道のタックルはヘビーすぎる」。

少し前までブリジギングシーンにおいて

そう道外の釣り人から指摘されていたが、

最近は徐々にタックルのライト化が進んでいる。

そんななか、釣りガールの矢野愛実さんが

大ものをライトタックルでキャッチ!

P072-073 


















●レンタルボートで大ものを!

ショアで釣りをしているとき

「あそこに行けたらな〜」と思う

磯場やテトラ帯があるだろう。

そんな未開の地で船長気分を味わえ、

釣りを満喫できるのがレンタルボート。

沖に出れば夏枯れの心配も少ない。

P078-082-1 


















●小漁港で座布団マツカワ!

夏、投げ釣りフリークに人気のマツカワ。

60僂鯆兇┐訛腓發里ねらえ、

食味はヒラメより旨いという人が多い。

青木尚也さんは大型マツカワを求め、

さまざまな釣り場を精力的に開拓しているが、

その熱意が実を結び、6月末に60僖▲奪廚鬟殴奪函

当日の状況をリポートしていただいた。

 

そのほか、人気連載『青物最前線』は

リアウエイトタイプとキャストについて。

P090-091

















MyFavorite Fly Tying』では

道産マテリアルを使用した「Lake Caddis Pupa」を紹介。

『今月ココでゲッツ!』のターゲット&フィールドは

ハゼ×小樽港

アイナメ×神威岬

ブリ・ヒラメ×松前小島

アオリイカ×津軽海峡

サケ×南十勝。

『愛車で安眠♪』には話題の新車

ホンダのN-VANが登場。

また、釣り具メーカー52社が帯広に集結した

「道東フィッシングフェスティバル2018」の模様もお届け。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 08:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月07日

157号の特集は「川はこれから!」

twitterでつぶやく

徐々に暑さが和らぎ、

川も海も最高のシーズン。

以下では、特集の内容を紹介いたします。

CS_255 



















●釣り上がりのアップ&ダウン

釣り上がりでまずはアップ。

ポイントの状況を観察したら、

同じ場所をクロス&ダウンで。

そんなパターンを基本とする石川さんは、

好バランスの小型シンキングミノーを多用する。

水温11℃の低水温下、

良型はダウンに好反応を示した。


●最新グラスロッドを使ってみよう!

フライフィッシングの世界では

愛用者が多いグラスロッドだが、

ルアーフィッシングではイマイチ不人気。

しかし近年、昔のイメージを払拭した

最先端のグラスロッドが注目を集めている。

その使用感をリポート。

P023-027-2 


















●南十勝の美渓を巡る

6月下旬から続く雨により

川釣りを楽しめていない人は多いはず。

編集部も同様で「雨に強い川はないか」と探し、

たどり着いたのが、人工構造物が少なく

息を呑むほど美しい渓流が迎えてくれる

南十勝だった。


●超ヘビー級ミノーとロングロッドで勝負!

道内各地の川が泥濁りでも

阿寒川のCR区間は好調をキープ。

7月中旬、三浦新嗣さんと訪れたときも

ミノーイングで50僖ーバーが連発した。

増水時に威力を発揮する注目ルアーと

独特なタクティクスに迫る。

P033-035-1
























●札幌の川を釣る

自転車が相棒という少年はもちろん、

何かの理由で遠征できないという人は、

札幌市内の川に目を向けてみてはいかが?

きっと想像以上に生命感にあふれているはず。

P051-055-2 

















今号もよろしくお願い申し上げます!



northanglers at 11:11|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月30日

夏の釣りは激しく!

twitterでつぶやく

今月前半、自分の釣りは、

びっしりヤマメねらい。

これくらいのサイズが多いとはいえ

けっこう楽しませてくれました。

P51-55-09 















そして昨日は、約1年ぶりとなる

深場でのマダラ&ホッケ釣り。

ようやく盛期を迎えたブリに続き、

日本海はこちらも本格シーズンに入った模様。

_DSC0468 

















せいぜい5グラムほどのミノーから

750グラムのタラジグに

一気にウエイトアップ。

ちょっとサオを振った程度なのに

さすがに堪えたようで

今日は筋肉痛……。

来月は50グラムほどをメインに使う

ライトジギングの予定。

重量差ありすぎです(笑)。

1532936717081 















ふ〜、雨に祟られて

どうなることかと思った今号も

何とか校了しました。

お世話になった皆様、

ありがとうございます。

詳細はあらためて。

 

続きを読む

northanglers at 18:11|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月18日

札幌の川を釣る

twitterでつぶやく

今号の特集は「夏だ!渓流へ行こう」。

しかし道内各地、長期に渡って雨に祟られ、

「しばらく川はご無沙汰気味……」

という人も少なくないでしょう。

 

予定していた川釣り取材が中止になった日、

両親を連れて真駒内滝野霊園と

藤野聖山園にお参りに行く途中、

札幌市内の川を見ると、

増水はしているものの、釣りはできそうな感じ。

 

学生時代はチャリを漕いで

札幌市内の川はかなり釣りました。

そのときの勘から、もしかしたら……と閃きました。

そんなことを思っているのは私だけではなく、

小学時代からの釣り仲間から

「久々に(札幌市内を)やってみたら

けっこう釣れたよ!」というメール。

もう、居ても立っても居られなくなり(笑)、

翌日、10年ぶりにくらいに

札幌市内の数河川を巡りました。

_DSC8614 

















結果は、23僂鯑に小型のヤマメが10尾以上。

灯台下暗しとはこのこと。

これに気をよくし、天気のよい日は

早起きして出社前の23時間、

あちこち釣り歩いていますが、

新しい発見があったりして、とても楽しいです。

そのおかげで、ちょっと痩せられそうなのもうれしい(笑)。

CS_244 



















ちなみに、ヤマメの攻略法については

今号で特集していますので、

ぜひ、ご覧ください!

 



northanglers at 17:58|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月14日

夏の釣り、開幕!

twitterでつぶやく

雨模様の天気が続きますが、

ようやく積丹でブリ釣りが本格化し始め、

いよいよ夏の釣りシーズンの開幕。

 

先日は連載「いーとーまきの船釣り入門」の取材で

勇払マリーナから出港する『たか丸』に乗船。

夏ならではのターゲットをねらいました。
02 

















その魚はババガレイ、別名ナメタガレイ。

椴法華など道南ではよく知られたターゲットで、

函館のある釣具店スタッフいわく

“キング・オブ・煮付け”。

とにかく煮付けにして

これほど旨い魚はいないとか。

船長も同じことを言っていました。

ババガレイは細長い楕円形の魚体が特徴で

ほかのカレイ類と容易に区別できます。

 

当日はシケ後でいい条件ではなかったものの、

開始早々、いーとーまきが

「大ババ!」と船長が太鼓判を押す良型をキャッチ。

05
















結果的に、この魚が船中最大魚になり、

3尾のババガレイに出会えました!

それにしても、ヌメリの多い魚だこと。

また、ほかの魚種も豊富で

50アップのアイナメが出ました。

12 
















ババガレイの盛期はこれから。

詳しくは来月発売号で!



northanglers at 11:45|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月11日

最新号の注目記事!

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

今回は特集以外の記事を紹介します。


●アユ好き夫婦の奮闘記

夏、道南の渓流はヤマメだけじゃない。

水中でキラキラ光る魚影……それはアユだ。

週末はよほどのことがない限り、釣り場へ。

そんな釣り好き夫婦がアユにのめり込むまで。

P034-037-1 


















●陸っぱりでヒメマス!

今季の洞爺湖の解禁日、

ちょっと珍しい光景が見られた。

ボートのイメージが強いヒメマスが、

ウエーディングで各所で釣れていた。

いったい、何が起こっていたのか?

 

●朱鞠内湖は夏も!

本誌前号でお伝えしたように、

この20年で最大とみられる

115僂離ぅ肇Δあがった

今季の朱鞠内湖。

さらなる大ものを求めて

6月もアングラーでにぎわった。


●ルアーでカレイを釣ってみよう!

本誌では最近、船釣りや投げ釣りで

人工エサを用いたカレイ釣りを紹介しているが、

今回は手持ちのタックルを流用できる

さらに手軽なスタイルを提案したい。

夏休みのファミリーフィッシングにピッタリだ。

P051-055-1 


















●根魚の森

夏枯れが心配な季節になっても

足場がよく手軽に楽しめる堤防で

ロックフィッシュをねらえるのが森。

町内の港はどこも好ポイントで

数も型も期待できるといいこと尽くめ。


●船ルアー愛実らせます!

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが

道内各地のオフショアのステージを

ルアーフィッシングで挑戦する連載。

今回の舞台は海釣りのメッカ・積丹。

当初、本命はブリだったが……。

P067-071-1 


















●ロックフィッシュ用リグの現在

近年、さまざまなリグが使われている

ロックフィッシュの世界。

今回は人気のリグをおさらいし、

一度、整理してみたい。

腕利きの愛用リグも併せて紹介。

P072-076-1 


















●海サクラ前線異常アリ

絶好調だった日本海に続いて

道東オホーツク海のショアゲームも

今シーズンは例年と一変。

過去にないほどの釣果が上がっている。

ここでは、サクラマスにフューチャーし、

当地の今季の状況と戦略を紹介。

 

このほか、人気連載『青物最前線』は

フロントウエイトとセンターバランスの使い分けについて。

 

『愛車で安眠♪』は、大ものハンターにピッタリ、

日産のNV350キャラバン。

 

生徒もニジマスも元気だった

D.Y.F.Cトラウトスクールin北海道伊達』。

 

520日、泊村・さかずきテラスで開催された

『北海道ショアジギングミーティングin積丹』のリポート。

 

『今月ここでゲッツ!』でピックアップする魚種は、

エゾメバル、ヤマメ、アユ、アイナメ、ウミタナゴ。

 

MyFavorite Fly Tying』では、

渚滑川で有効なStimulatorのタイイングを解説。

 

今号もよろしくお願い申し上げます。



northanglers at 16:37|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月10日

最新号の特集!

twitterでつぶやく

ぐずついた天気が続いていますが、

札幌近郊の河川は濁りが取れてきました。

渓流の釣りはこれからが盛期。

今回の特集は「夏だ!渓流へ行こう。」

その内容を紹介いたします。

CS_244 



















●胆振の美形が微笑むとき

札幌から近くても侮れないのが

海サクラでも有名な胆振管内の渓流だ。

日本海側より魚影は少なくても

シーズン初期から尺ヤマメがねらえる。

6月上旬、矢野ご夫妻の釣行模様を交え、

当エリアのヤマメ戦略を紹介。

 

●ヤマメ最適ルアータックル考

真のヤマメフリークをめざすなら

タックルはとても重要だ。

ほかのターゲットを意識せず、

ヤマメだけに的を絞る。

そんなチョイスが釣りを楽しく、

かつ深くさせる。

 

●ヤマメFFタックル考&尻別川2018

名流尻別川は今、

ヤマメシーズン真っ盛り。

そんな今、近年のヤマメタックル事情と、

今季の尻別川の状況をリポートする。

 

●道南の銘流を訪ねて

ヤマメをメインにエゾイワナ(アメマス)、

川によってはニジマスなど

道南は魚種豊富で魅力的な渓流が多い。

6月中旬、編集スタッフ2人が数河川で実釣。

笑いあり、涙ありの模様をリポート。

 

●復習アップストリーム・ミノーイング

アップでダメならダウンでじっくり。

それも効果的な方法ではあるが、

渓流釣りの基本は釣り上がり

アップストリーム・キャストだ。

渓流の定番、シンキングミノーを例に

一連の動作をおさらいしてみよう。

 

●ボトム系ルアーの使い方

ベタ底での釣りに特化したルアーが

管理釣り場でブームになり、

その流れが渓流にも広がっている。

独特な形状がもたらす集魚効果は

どんな場面でも活きるようだ。

底だけでなく、表〜中層でも使える。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 13:12|PermalinkComments(0)clip!

2018年06月11日

NA155特集記事

twitterでつぶやく

昨日も今日も寒いですが、

初夏っぽい表紙が好評な最新号、

今回は特集記事を紹介いたします。

CS_229 



















●ハイギアで刻むリズム

近年、止水ではタダ巻きが主流だが、

そればかりだと釣りが単調になりがち。

巻きとストップを駆使すれば

釣りの幅は大きく広がる。

そのメソッドで頼りになるのが

ギア比の高いリールだ。

P018-022-1 


















●止水でMD

ディープエリアに限らず、

足場の高いポイントが目立つダム湖では、

大きめのリップが付くミノーが使いやすい。

ディープタイプだと操作性が悪いかもしれないが、

ミディアムディープタイプならバッチリだ。

P023-025-1 

















●川の蛙遊び

王道をいくミノーだけでなく

トップウオーターのセミやバッタなど、

ユニークなルアーを手掛ける福士さんが

今年リリースしたのがカエル型プラグ。

開発にいたる経緯などをインタビュー。

 

●オショロコマ58

5月中旬の十勝川水系で、

ニジマスねらいのロッドを絞ったのは

全く想定外のネイティブだった。

その一部始終をうかがった。

 

●然別湖の宝石は、今こそ輝く

2005年からスタートした

『グレートフィッシング然別湖』が今年も開幕。

ファーストステージの期間は

61日〜72日の32日間。

さぁ、清澄な湖水に潜むネイティブに会いに行こう。

 

●蝉でドカン!

ひと昔前はキワモノ的だった

トップウオータープラグが、

近年はトラウトシーンでも定着。

その代表的なルアーはセミだ。

6月はさまざまなフィールドで試したい。

 

●メタルバイブという選択肢

海サクラでポピュラーなルアーといえば、

ジグ、ジグミノー、ミノーの3タイプだが、

さらに引き出しがあれば渋い状況で頼りになる。

そのひとつの選択肢として

メタルバイブレーションはいかが?

 

115僂出た!朱鞠内湖のイトウ

「釣れるようになった!

そんな声が増えている朱鞠内湖のイトウ。

今年、近年の釣果では最大級の115僂キャッチされ、

以前にも増して注目度がアップしている。

高水位&濁りというハードな状況ながら、

良型のチャンスが増えるシーズン後半、期待が高まる。

P051-055-1 


















●余市の海サクラ

今年は過去に例のない海サクラの当たり年!

全道各地でフィーバーしているなか、

札幌近郊でも釣果が上がっている。

イカやロックフィッシュの人気フィールド

余市の海岸でも熱い釣りが繰り広げられていた。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 17:31|PermalinkComments(0)clip!