2018年07月14日

夏の釣り、開幕!

twitterでつぶやく

雨模様の天気が続きますが、

ようやく積丹でブリ釣りが本格化し始め、

いよいよ夏の釣りシーズンの開幕。

 

先日は連載「いーとーまきの船釣り入門」の取材で

勇払マリーナから出港する『たか丸』に乗船。

夏ならではのターゲットをねらいました。
02 

















その魚はババガレイ、別名ナメタガレイ。

椴法華など道南ではよく知られたターゲットで、

函館のある釣具店スタッフいわく

“キング・オブ・煮付け”。

とにかく煮付けにして

これほど旨い魚はいないとか。

船長も同じことを言っていました。

ババガレイは細長い楕円形の魚体が特徴で

ほかのカレイ類と容易に区別できます。

 

当日はシケ後でいい条件ではなかったものの、

開始早々、いーとーまきが

「大ババ!」と船長が太鼓判を押す良型をキャッチ。

05
















結果的に、この魚が船中最大魚になり、

3尾のババガレイに出会えました!

それにしても、ヌメリの多い魚だこと。

また、ほかの魚種も豊富で

50アップのアイナメが出ました。

12 
















ババガレイの盛期はこれから。

詳しくは来月発売号で!



northanglers at 11:45|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月11日

最新号の注目記事!

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

今回は特集以外の記事を紹介します。


●アユ好き夫婦の奮闘記

夏、道南の渓流はヤマメだけじゃない。

水中でキラキラ光る魚影……それはアユだ。

週末はよほどのことがない限り、釣り場へ。

そんな釣り好き夫婦がアユにのめり込むまで。

P034-037-1 


















●陸っぱりでヒメマス!

今季の洞爺湖の解禁日、

ちょっと珍しい光景が見られた。

ボートのイメージが強いヒメマスが、

ウエーディングで各所で釣れていた。

いったい、何が起こっていたのか?

 

●朱鞠内湖は夏も!

本誌前号でお伝えしたように、

この20年で最大とみられる

115僂離ぅ肇Δあがった

今季の朱鞠内湖。

さらなる大ものを求めて

6月もアングラーでにぎわった。


●ルアーでカレイを釣ってみよう!

本誌では最近、船釣りや投げ釣りで

人工エサを用いたカレイ釣りを紹介しているが、

今回は手持ちのタックルを流用できる

さらに手軽なスタイルを提案したい。

夏休みのファミリーフィッシングにピッタリだ。

P051-055-1 


















●根魚の森

夏枯れが心配な季節になっても

足場がよく手軽に楽しめる堤防で

ロックフィッシュをねらえるのが森。

町内の港はどこも好ポイントで

数も型も期待できるといいこと尽くめ。


●船ルアー愛実らせます!

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが

道内各地のオフショアのステージを

ルアーフィッシングで挑戦する連載。

今回の舞台は海釣りのメッカ・積丹。

当初、本命はブリだったが……。

P067-071-1 


















●ロックフィッシュ用リグの現在

近年、さまざまなリグが使われている

ロックフィッシュの世界。

今回は人気のリグをおさらいし、

一度、整理してみたい。

腕利きの愛用リグも併せて紹介。

P072-076-1 


















●海サクラ前線異常アリ

絶好調だった日本海に続いて

道東オホーツク海のショアゲームも

今シーズンは例年と一変。

過去にないほどの釣果が上がっている。

ここでは、サクラマスにフューチャーし、

当地の今季の状況と戦略を紹介。

 

このほか、人気連載『青物最前線』は

フロントウエイトとセンターバランスの使い分けについて。

 

『愛車で安眠♪』は、大ものハンターにピッタリ、

日産のNV350キャラバン。

 

生徒もニジマスも元気だった

D.Y.F.Cトラウトスクールin北海道伊達』。

 

520日、泊村・さかずきテラスで開催された

『北海道ショアジギングミーティングin積丹』のリポート。

 

『今月ここでゲッツ!』でピックアップする魚種は、

エゾメバル、ヤマメ、アユ、アイナメ、ウミタナゴ。

 

MyFavorite Fly Tying』では、

渚滑川で有効なStimulatorのタイイングを解説。

 

今号もよろしくお願い申し上げます。



northanglers at 16:37|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月10日

最新号の特集!

twitterでつぶやく

ぐずついた天気が続いていますが、

札幌近郊の河川は濁りが取れてきました。

渓流の釣りはこれからが盛期。

今回の特集は「夏だ!渓流へ行こう。」

その内容を紹介いたします。

CS_244 



















●胆振の美形が微笑むとき

札幌から近くても侮れないのが

海サクラでも有名な胆振管内の渓流だ。

日本海側より魚影は少なくても

シーズン初期から尺ヤマメがねらえる。

6月上旬、矢野ご夫妻の釣行模様を交え、

当エリアのヤマメ戦略を紹介。

 

●ヤマメ最適ルアータックル考

真のヤマメフリークをめざすなら

タックルはとても重要だ。

ほかのターゲットを意識せず、

ヤマメだけに的を絞る。

そんなチョイスが釣りを楽しく、

かつ深くさせる。

 

●ヤマメFFタックル考&尻別川2018

名流尻別川は今、

ヤマメシーズン真っ盛り。

そんな今、近年のヤマメタックル事情と、

今季の尻別川の状況をリポートする。

 

●道南の銘流を訪ねて

ヤマメをメインにエゾイワナ(アメマス)、

川によってはニジマスなど

道南は魚種豊富で魅力的な渓流が多い。

6月中旬、編集スタッフ2人が数河川で実釣。

笑いあり、涙ありの模様をリポート。

 

●復習アップストリーム・ミノーイング

アップでダメならダウンでじっくり。

それも効果的な方法ではあるが、

渓流釣りの基本は釣り上がり

アップストリーム・キャストだ。

渓流の定番、シンキングミノーを例に

一連の動作をおさらいしてみよう。

 

●ボトム系ルアーの使い方

ベタ底での釣りに特化したルアーが

管理釣り場でブームになり、

その流れが渓流にも広がっている。

独特な形状がもたらす集魚効果は

どんな場面でも活きるようだ。

底だけでなく、表〜中層でも使える。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 13:12|PermalinkComments(0)clip!

2018年06月11日

NA155特集記事

twitterでつぶやく

昨日も今日も寒いですが、

初夏っぽい表紙が好評な最新号、

今回は特集記事を紹介いたします。

CS_229 



















●ハイギアで刻むリズム

近年、止水ではタダ巻きが主流だが、

そればかりだと釣りが単調になりがち。

巻きとストップを駆使すれば

釣りの幅は大きく広がる。

そのメソッドで頼りになるのが

ギア比の高いリールだ。

P018-022-1 


















●止水でMD

ディープエリアに限らず、

足場の高いポイントが目立つダム湖では、

大きめのリップが付くミノーが使いやすい。

ディープタイプだと操作性が悪いかもしれないが、

ミディアムディープタイプならバッチリだ。

P023-025-1 

















●川の蛙遊び

王道をいくミノーだけでなく

トップウオーターのセミやバッタなど、

ユニークなルアーを手掛ける福士さんが

今年リリースしたのがカエル型プラグ。

開発にいたる経緯などをインタビュー。

 

●オショロコマ58

5月中旬の十勝川水系で、

ニジマスねらいのロッドを絞ったのは

全く想定外のネイティブだった。

その一部始終をうかがった。

 

●然別湖の宝石は、今こそ輝く

2005年からスタートした

『グレートフィッシング然別湖』が今年も開幕。

ファーストステージの期間は

61日〜72日の32日間。

さぁ、清澄な湖水に潜むネイティブに会いに行こう。

 

●蝉でドカン!

ひと昔前はキワモノ的だった

トップウオータープラグが、

近年はトラウトシーンでも定着。

その代表的なルアーはセミだ。

6月はさまざまなフィールドで試したい。

 

●メタルバイブという選択肢

海サクラでポピュラーなルアーといえば、

ジグ、ジグミノー、ミノーの3タイプだが、

さらに引き出しがあれば渋い状況で頼りになる。

そのひとつの選択肢として

メタルバイブレーションはいかが?

 

115僂出た!朱鞠内湖のイトウ

「釣れるようになった!

そんな声が増えている朱鞠内湖のイトウ。

今年、近年の釣果では最大級の115僂キャッチされ、

以前にも増して注目度がアップしている。

高水位&濁りというハードな状況ながら、

良型のチャンスが増えるシーズン後半、期待が高まる。

P051-055-1 


















●余市の海サクラ

今年は過去に例のない海サクラの当たり年!

全道各地でフィーバーしているなか、

札幌近郊でも釣果が上がっている。

イカやロックフィッシュの人気フィールド

余市の海岸でも熱い釣りが繰り広げられていた。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 17:31|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月11日

最新号の特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

今回は特集以外の記事を紹介いたします。

 

Newイグジストの使用感

60周年を迎えたダイワの技術を結集し

今年、満を持してリリースされたのが

同社フラッグシップのスピニングリール

New『イグジスト』。

その使用感をフィールドテスターが解説。

 

●朱鞠内湖のイトウ釣りの今

釣りは希少種の資源管理の一翼を担える。

近年、そんな視点の調査研究が行なわれるようになった。

然別湖のミヤベイワナでそれに取り組んだ芳山拓さんが、

イトウが棲む朱鞠内湖でもアンケート調査を実施。

その内容を紹介する。

P067-071-2 

















●隔月連載 船ルアー愛実らせます!

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが

道内各地のオフショアのステージを

ルアーフィッシングで挑戦する連載。

今回は苫小牧沖を舞台に

話題の最新鯛ラバタックルで実釣!

P078-082-1 


















●カレイ×人工エサ

近年は海サクラを連想するかもしれないが、

春といえば昔からカレイ釣りだ。

カレイといえばイソメが定番だが、

「生エサは苦手……」という人も少なくない。

そんな人におすすめしたいのが今回のメソッド。

料理コーナーも必見!

P072-075-1 


















●室蘭沖堤パーフェクトガイド

これまで何度も大会の舞台になり

北海道でも数少ない渡船システムがある

室蘭港の沖防波堤。

ハイシーズンを間近にひかえた今号では

各堤防のポイントと釣り方を

2人のエキスパートが解説。

P090-091 


















●新連載 青物最前線 on Rock Shore

ブリをターゲットにしたショアの釣りは、

ここ数年で一気に加熱。

ハイシーズンの磯はアングラーでにぎわうが、

ミスマッチなタックルの使用や

準備不足によるトラブルがよく見られる。

この連載では、大ものが望める磯で

釣果を上げる方法を考える。

 

●新連載 今月の釣り予報

1ヵ月の全道の釣りものと状況を

過去の豊富なデータをもとに予想する連載。

予報士は『北海道の海釣り入門』著者で

釣り歴50年以上のベテラン・山道正克さん。

 

そのほか、フライタイイングの連載

「夢見る一尾への一本」は

これから出番が増えるCicadaを紹介。

 

「今月の釣り」は

留萌管内の海サクラとソイ、

後志管内のホッケ、渡島管内のアイナメ、

オホーツク管内の海アメ・海サクラをピックアップ。

 

「愛車で安眠」では、アトレーワゴンが登場します。

今号もよろしくお願い申し上げます! 



northanglers at 09:36|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月07日

最新号の特集は色

twitterでつぶやく

春らしいカラフルな表紙が好評な
今号の特集は「COLORS」。

p014−015 

















釣具店にずらっと並んでいるカラーを見て、

どれを選ぶか悩む人は少なくないでしょう。

そこで今号は、人気ジャンルのエキスパートが

カラーに対する疑問に答えるだけでなく、

これまでの経験から実績色を公開。

もう、迷わない!

以下、特集に関係する記事です。

P016-019-1 

















●道産子の傾向

道内で好まれるカラーは

本州や外国から見るとちょっと偏りが大きい。

その独特なカラーセレクトは

じつは環境によるところが大きい?

数々の人気ルアーを世に送り出す

D-3カスタムルアーズ代表・福士さんの提言。

 

●レンズカラーの選び方

色が重要なのは偏光グラスも同様。

SMITHPOLAR X LENS』を例に

レンズカラーの特徴に加え、

適した天候やロケーションを紹介。

 

●シェルの誘惑

トラウトシーンで昔も今も

多くのアングラーに支持されている

シェル貼りのルアー。

その輝きに魅せられた佐々木大さんが

効果を発揮する条件などを考察。

要注目なコーティング剤を使った

チューンアップ法も紹介する。

 

●オオナゴ系+α

積丹町の余別来岸漁港から出船する

遊漁船『REDMOON-レッドムーン-

船長の岡田さんは自らもブリジギング愛好者。

出船しない日は札幌市東区の釣具店に出社し、

アングラーの動向をよく知っている。

そんな岡田さんのカラー選びとは?

P030-033-1 


















●夜は白黒ハッキリつける!?

気軽に楽しめるナイトゲームのソイ釣りは

昔も今も人気だが、以前に比べると

「釣れなくなった……」という声がちらほら。

そんな人は、菊地正彦さんが実践する

カラーとリグの使い分けを参考に!

 

●ピンクに黒のワンポイント

トラウトやサーモンの本能を刺激する色。

レッドやピンクはそう考えられているが、

ピンクに黒の縞模様やワンポイントが入る

スプーンやジグがじわじわと増えている。

その背景にあるものは?

 

●銀鱗を振り向かせる色

本誌前号『道北日本海は釣れる!』で

各エリアの概要を解説してくれた岡貞光さん。

ここでは、当地で有効なカラーに加え、

『岡ジグ』シリーズにおける

カラーのコンセプトを紹介。

海サクラに効く色とは?

 

以上、よろしくお願い申し上げます!



northanglers at 17:57|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月24日

鱒・桜・熊

twitterでつぶやく

現在発売中のノースアングラーズ特集は

「サクラマス満開」。
矢野愛実さんがせたなの海岸で釣った
70僂粒ぅ汽ラが表紙です。

CS_210 



















海ではこれまで記憶にないほど

大型サクラマスのラッシュにわいていて、

4垉蕕バンバン咲いています。
今春は超大型に出会えるチャンスですね。

 

桜の開花も平年より36日早く

函館で26日、札幌で28日という予想。

花見関連のイベント主催者は

その前に散ってしまうと心配しているようですが、

今春はクマの出没も早く、

函館市の山林で山菜採りの男性が襲われたほか、
せたなの町道でも目撃されています。
川釣りだけでなく、

海釣り愛好者も注意が必要です。

 

ヒグマではありませんが、

道民も読んでおきたい書籍がコチラ。

CS_217 



















『人狩り熊 十和利山熊襲撃事件』

https://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=4708&kind=1

 

 

201656月、秋田県鹿角市郊外でツキノワグマに襲われ4人が死亡・4人が負傷する本州未曾有の事件が起きた。

襲われて絶命した犠牲者は体を食害されたことも判明し、その衝撃は日本列島を駆け抜け市民を震え上がらせた。

青森・秋田県境に近い北東北の辺境の森でいったい何が起きたのか? 

かつては秋田県庁職員、現在はフリー研究者であるクマの第一人者・米田一彦は事件の真相を解明すべく、現場に足を運んだ。

危険な笹薮に入り、遺族や関係者の証言を集め、現地のタケノコ採りに話を聞き、現地の特異な農業形態を調べ…散らばったパズルのピースを1つずつ集めて見えてきたものは。

クマ追い歴47年の著者が、事件の真相を後世に残すべく己のすべてを懸けて実像に迫った渾身のドキュメント!

本体1,600+税 四六判上製272P

 



northanglers at 05:58|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月19日

NA153特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

今号の特集タイトルどおり

まさにサクラマスが満開ですが、

今回は特集以外の記事を一部ご紹介します。

 

●島牧アメマス765535g

『あめますダービーin島牧大会』開催期間中、

大会記録を更新する記録魚があがりました。

当日の模様を詳しく紹介。

 

●支笏湖ブラウン90

モンスターブラウンの湖として

全国に名を馳せる支笏湖で3月中旬、

最大級のビッグワンがあがりました。

幸運を射止めた釣り人が

その日を振り返ります。

P016-019-2 















●支笏湖の釣り方

水位が低い春は湖岸を歩きやすく

一年を通じて最も釣果が望める時季。

支笏湖で苦杯を舐めている方、

春こそチャンスですよ!

P057-059-1 

























●シャッドは万能選手!

ここ数年、バリエーションが充実してきて、

じわじわと注目を集めているシャッドは

フィールドやターゲットを問わない

オールラウンダーなルアー。

その特徴に加え、使い方をアドバイス。

P067-071-2 

























●北海道・東北頂上決戦

昨年11月下旬、横綱の町で開催された、

P.O.C.SUPER ROCKFISH 2017』。

19年の歴史がある『パワーオーシャンカップ』を

勝ち上がってきた強者たちの釣りを徹底解説。

P076-079-1 


















そのほか、「MyFavorite Fly Tying」では、

洞爺湖で実績のあるKeel Zonkerをピックアップ。

 

「今月の釣り」に出てくるターゲットは

クロガシラガレイ、マガレイ、海サクラ、

ホッケ、クリガニの5種。

 

「愛車で安眠」は、エン・カーズ札幌が手掛ける

ジムニーフィッシング仕様が登場。

P090-091 

















人気コラム「熱投ジギング」と

「船長ときどき店員」は今号が最終回。

お見逃しなく!

 



northanglers at 20:43|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月09日

最新号の特集は「サクラマス満開」

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

特集は「サクラマス満開」。

 

ショアもオフショアも

釣果情報が続々届く今シーズンは

間違いなくサクラマスの当たり年。

タイトルどおり、まさに満開です。
下記の記事を参考に

記憶に残る一尾をゲットしてください!

P022-023 

















●大輪、各地で咲く!!

巻頭ではモンスタートラウトを紹介していますが、

3月に入るとサクラマスの釣況も一気に上向き、

海や湖で素晴らしい魚があがっています。

そのなかでも特筆すべき大ものリポートをお届け。

p024-027-1 

















●海峡サクラジギングの夜明け

北海道でいち早く桜が開花する函館は

サクラマスの早場でもあります。

今年は恵山沖で1月中旬から釣果が上がり、

例年より型がよいと評判。

昨年辺りからサクラマスジギングが

各地で盛り上がるなか、

当地でもさまざまなメソッドが試されています。

良型が混じってきた3月中旬に実釣。

p028-030-1 

























●胆振のショアタクティクス

昨年は驚くほどの群れが回遊し、

大フィーバーを巻き起こした胆振エリアは

道央圏を代表する海サクラフィールド。

そこで釣果を上げる方法とは?

地元アングラーが港湾とサーフの戦略を紹介。

p031 

























●離島のショアサクラ

日本海で見逃せない海サクラフィールドに

離島の奥尻島が挙げられます。

地元アングラーらの情報をもとに、

同島の海サクラ事情を紹介。

 

Aiveセミロング

ダイワから今春、海サクラねらいで注目したい

待望のニューアイテムが新登場。

その全容を監修者の佐藤博之さんにインタビュー。

めざしたのはミノーの動き。

P034-038-1 

















●積丹沖・バケ釣りでねらうサクラマス

好評連載「いーとーまきの沖釣り入門」も

今号ではサクラマスがターゲット。

表紙&巻頭のあみっぴには負けますが、

3月から『さくらます船釣りライセンス制』が

スタートした、積丹沖で咲かせてきました!

P051-055-1 

























●道北日本海は釣れる!

札幌から島牧に行くのと距離は変わらないのに、

釣り人は本当に少ない道北日本海方面。

しかし、流れ込む河川はじつに多く、

コンスタントに釣果が上がるのが魅力。

「ラン&ガンして魚を探すのが楽しみだけど

ポイントが多すぎて回るのがたいへん」とは岡さん。

昨年の道北遠征を振り返ります。

 

●サバイバー

船釣りシーズン後半の大ものねらいで

多くの人がマスシャクリを使っています。

そのなかでも、余市町の釣具店

『プロショップかわぐち』がリリースする

シャクリとジグのハイブリッドルアーは

昔も今も人気が高いアイテム。

このルアーの特徴と使い方を解説。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 18:44|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月12日

サクラマス絶好調!

twitterでつぶやく

最近は海が凪ぎさえすれば

ショアもオフショアもサクラマスが絶好調!

3團▲奪廚領彪燭睚垢れるようになり

いよいよ待ちに待った

本格的な春シーズンの到来という感じ。

 

昨日は31日から

「さくらます船釣りライセンス制」がスタートした

積丹沖に行ってきました。

 

しばらく日曜は荒天続きでしたが

昨日は久々の穏やかな天気で

「もっと波があれば」という声があったくらい。

お世話になったのは、ベテラン船長

長内春樹さんが舵を取る「第三十八浜丸」。

 

「頑張って釣ってね、俺も頑張るから!」

と激励を受けたアングラーは

隔月連載「いーとーまきの沖釣り入門」

を担当している、伊藤まき。

今回は定番のバケ釣りで挑戦しました。

_DSC5290 

















「どっしりと構えているよね」。

釣れない時間も焦らない伊藤まきを見て、

そう感心する長内船長。

熱い視線を浴びるなか、

まずまずのサイズをキャッチしました!

_DSC5431 

















積丹沖で良型があがるのはこれから。

ジグでもよく釣れていたので

皆さんも釣行してはいかが?

取材班は数日後、再びサクラマスをねらいます。

今度はジグで。
 



northanglers at 16:05|PermalinkComments(0)clip!