2018年05月11日

最新号の特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

今回は特集以外の記事を紹介いたします。

 

Newイグジストの使用感

60周年を迎えたダイワの技術を結集し

今年、満を持してリリースされたのが

同社フラッグシップのスピニングリール

New『イグジスト』。

その使用感をフィールドテスターが解説。

 

●朱鞠内湖のイトウ釣りの今

釣りは希少種の資源管理の一翼を担える。

近年、そんな視点の調査研究が行なわれるようになった。

然別湖のミヤベイワナでそれに取り組んだ芳山拓さんが、

イトウが棲む朱鞠内湖でもアンケート調査を実施。

その内容を紹介する。

P067-071-2 

















●隔月連載 船ルアー愛実らせます!

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが

道内各地のオフショアのステージを

ルアーフィッシングで挑戦する連載。

今回は苫小牧沖を舞台に

話題の最新鯛ラバタックルで実釣!

P078-082-1 


















●カレイ×人工エサ

近年は海サクラを連想するかもしれないが、

春といえば昔からカレイ釣りだ。

カレイといえばイソメが定番だが、

「生エサは苦手……」という人も少なくない。

そんな人におすすめしたいのが今回のメソッド。

料理コーナーも必見!

P072-075-1 


















●室蘭沖堤パーフェクトガイド

これまで何度も大会の舞台になり

北海道でも数少ない渡船システムがある

室蘭港の沖防波堤。

ハイシーズンを間近にひかえた今号では

各堤防のポイントと釣り方を

2人のエキスパートが解説。

P090-091 


















●新連載 青物最前線 on Rock Shore

ブリをターゲットにしたショアの釣りは、

ここ数年で一気に加熱。

ハイシーズンの磯はアングラーでにぎわうが、

ミスマッチなタックルの使用や

準備不足によるトラブルがよく見られる。

この連載では、大ものが望める磯で

釣果を上げる方法を考える。

 

●新連載 今月の釣り予報

1ヵ月の全道の釣りものと状況を

過去の豊富なデータをもとに予想する連載。

予報士は『北海道の海釣り入門』著者で

釣り歴50年以上のベテラン・山道正克さん。

 

そのほか、フライタイイングの連載

「夢見る一尾への一本」は

これから出番が増えるCicadaを紹介。

 

「今月の釣り」は

留萌管内の海サクラとソイ、

後志管内のホッケ、渡島管内のアイナメ、

オホーツク管内の海アメ・海サクラをピックアップ。

 

「愛車で安眠」では、アトレーワゴンが登場します。

今号もよろしくお願い申し上げます! 



northanglers at 09:36|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月07日

最新号の特集は色

twitterでつぶやく

春らしいカラフルな表紙が好評な
今号の特集は「COLORS」。

p014−015 

















釣具店にずらっと並んでいるカラーを見て、

どれを選ぶか悩む人は少なくないでしょう。

そこで今号は、人気ジャンルのエキスパートが

カラーに対する疑問に答えるだけでなく、

これまでの経験から実績色を公開。

もう、迷わない!

以下、特集に関係する記事です。

P016-019-1 

















●道産子の傾向

道内で好まれるカラーは

本州や外国から見るとちょっと偏りが大きい。

その独特なカラーセレクトは

じつは環境によるところが大きい?

数々の人気ルアーを世に送り出す

D-3カスタムルアーズ代表・福士さんの提言。

 

●レンズカラーの選び方

色が重要なのは偏光グラスも同様。

SMITHPOLAR X LENS』を例に

レンズカラーの特徴に加え、

適した天候やロケーションを紹介。

 

●シェルの誘惑

トラウトシーンで昔も今も

多くのアングラーに支持されている

シェル貼りのルアー。

その輝きに魅せられた佐々木大さんが

効果を発揮する条件などを考察。

要注目なコーティング剤を使った

チューンアップ法も紹介する。

 

●オオナゴ系+α

積丹町の余別来岸漁港から出船する

遊漁船『REDMOON-レッドムーン-

船長の岡田さんは自らもブリジギング愛好者。

出船しない日は札幌市東区の釣具店に出社し、

アングラーの動向をよく知っている。

そんな岡田さんのカラー選びとは?

P030-033-1 


















●夜は白黒ハッキリつける!?

気軽に楽しめるナイトゲームのソイ釣りは

昔も今も人気だが、以前に比べると

「釣れなくなった……」という声がちらほら。

そんな人は、菊地正彦さんが実践する

カラーとリグの使い分けを参考に!

 

●ピンクに黒のワンポイント

トラウトやサーモンの本能を刺激する色。

レッドやピンクはそう考えられているが、

ピンクに黒の縞模様やワンポイントが入る

スプーンやジグがじわじわと増えている。

その背景にあるものは?

 

●銀鱗を振り向かせる色

本誌前号『道北日本海は釣れる!』で

各エリアの概要を解説してくれた岡貞光さん。

ここでは、当地で有効なカラーに加え、

『岡ジグ』シリーズにおける

カラーのコンセプトを紹介。

海サクラに効く色とは?

 

以上、よろしくお願い申し上げます!



northanglers at 17:57|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月24日

鱒・桜・熊

twitterでつぶやく

現在発売中のノースアングラーズ特集は

「サクラマス満開」。
矢野愛実さんがせたなの海岸で釣った
70僂粒ぅ汽ラが表紙です。

CS_210 



















海ではこれまで記憶にないほど

大型サクラマスのラッシュにわいていて、

4垉蕕バンバン咲いています。
今春は超大型に出会えるチャンスですね。

 

桜の開花も平年より36日早く

函館で26日、札幌で28日という予想。

花見関連のイベント主催者は

その前に散ってしまうと心配しているようですが、

今春はクマの出没も早く、

函館市の山林で山菜採りの男性が襲われたほか、
せたなの町道でも目撃されています。
川釣りだけでなく、

海釣り愛好者も注意が必要です。

 

ヒグマではありませんが、

道民も読んでおきたい書籍がコチラ。

CS_217 



















『人狩り熊 十和利山熊襲撃事件』

https://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=4708&kind=1

 

 

201656月、秋田県鹿角市郊外でツキノワグマに襲われ4人が死亡・4人が負傷する本州未曾有の事件が起きた。

襲われて絶命した犠牲者は体を食害されたことも判明し、その衝撃は日本列島を駆け抜け市民を震え上がらせた。

青森・秋田県境に近い北東北の辺境の森でいったい何が起きたのか? 

かつては秋田県庁職員、現在はフリー研究者であるクマの第一人者・米田一彦は事件の真相を解明すべく、現場に足を運んだ。

危険な笹薮に入り、遺族や関係者の証言を集め、現地のタケノコ採りに話を聞き、現地の特異な農業形態を調べ…散らばったパズルのピースを1つずつ集めて見えてきたものは。

クマ追い歴47年の著者が、事件の真相を後世に残すべく己のすべてを懸けて実像に迫った渾身のドキュメント!

本体1,600+税 四六判上製272P

 



northanglers at 05:58|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月19日

NA153特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

今号の特集タイトルどおり

まさにサクラマスが満開ですが、

今回は特集以外の記事を一部ご紹介します。

 

●島牧アメマス765535g

『あめますダービーin島牧大会』開催期間中、

大会記録を更新する記録魚があがりました。

当日の模様を詳しく紹介。

 

●支笏湖ブラウン90

モンスターブラウンの湖として

全国に名を馳せる支笏湖で3月中旬、

最大級のビッグワンがあがりました。

幸運を射止めた釣り人が

その日を振り返ります。

P016-019-2 















●支笏湖の釣り方

水位が低い春は湖岸を歩きやすく

一年を通じて最も釣果が望める時季。

支笏湖で苦杯を舐めている方、

春こそチャンスですよ!

P057-059-1 

























●シャッドは万能選手!

ここ数年、バリエーションが充実してきて、

じわじわと注目を集めているシャッドは

フィールドやターゲットを問わない

オールラウンダーなルアー。

その特徴に加え、使い方をアドバイス。

P067-071-2 

























●北海道・東北頂上決戦

昨年11月下旬、横綱の町で開催された、

P.O.C.SUPER ROCKFISH 2017』。

19年の歴史がある『パワーオーシャンカップ』を

勝ち上がってきた強者たちの釣りを徹底解説。

P076-079-1 


















そのほか、「MyFavorite Fly Tying」では、

洞爺湖で実績のあるKeel Zonkerをピックアップ。

 

「今月の釣り」に出てくるターゲットは

クロガシラガレイ、マガレイ、海サクラ、

ホッケ、クリガニの5種。

 

「愛車で安眠」は、エン・カーズ札幌が手掛ける

ジムニーフィッシング仕様が登場。

P090-091 

















人気コラム「熱投ジギング」と

「船長ときどき店員」は今号が最終回。

お見逃しなく!

 



northanglers at 20:43|PermalinkComments(0)clip!

2018年04月09日

最新号の特集は「サクラマス満開」

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

特集は「サクラマス満開」。

 

ショアもオフショアも

釣果情報が続々届く今シーズンは

間違いなくサクラマスの当たり年。

タイトルどおり、まさに満開です。
下記の記事を参考に

記憶に残る一尾をゲットしてください!

P022-023 

















●大輪、各地で咲く!!

巻頭ではモンスタートラウトを紹介していますが、

3月に入るとサクラマスの釣況も一気に上向き、

海や湖で素晴らしい魚があがっています。

そのなかでも特筆すべき大ものリポートをお届け。

p024-027-1 

















●海峡サクラジギングの夜明け

北海道でいち早く桜が開花する函館は

サクラマスの早場でもあります。

今年は恵山沖で1月中旬から釣果が上がり、

例年より型がよいと評判。

昨年辺りからサクラマスジギングが

各地で盛り上がるなか、

当地でもさまざまなメソッドが試されています。

良型が混じってきた3月中旬に実釣。

p028-030-1 

























●胆振のショアタクティクス

昨年は驚くほどの群れが回遊し、

大フィーバーを巻き起こした胆振エリアは

道央圏を代表する海サクラフィールド。

そこで釣果を上げる方法とは?

地元アングラーが港湾とサーフの戦略を紹介。

p031 

























●離島のショアサクラ

日本海で見逃せない海サクラフィールドに

離島の奥尻島が挙げられます。

地元アングラーらの情報をもとに、

同島の海サクラ事情を紹介。

 

Aiveセミロング

ダイワから今春、海サクラねらいで注目したい

待望のニューアイテムが新登場。

その全容を監修者の佐藤博之さんにインタビュー。

めざしたのはミノーの動き。

P034-038-1 

















●積丹沖・バケ釣りでねらうサクラマス

好評連載「いーとーまきの沖釣り入門」も

今号ではサクラマスがターゲット。

表紙&巻頭のあみっぴには負けますが、

3月から『さくらます船釣りライセンス制』が

スタートした、積丹沖で咲かせてきました!

P051-055-1 

























●道北日本海は釣れる!

札幌から島牧に行くのと距離は変わらないのに、

釣り人は本当に少ない道北日本海方面。

しかし、流れ込む河川はじつに多く、

コンスタントに釣果が上がるのが魅力。

「ラン&ガンして魚を探すのが楽しみだけど

ポイントが多すぎて回るのがたいへん」とは岡さん。

昨年の道北遠征を振り返ります。

 

●サバイバー

船釣りシーズン後半の大ものねらいで

多くの人がマスシャクリを使っています。

そのなかでも、余市町の釣具店

『プロショップかわぐち』がリリースする

シャクリとジグのハイブリッドルアーは

昔も今も人気が高いアイテム。

このルアーの特徴と使い方を解説。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 18:44|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月12日

サクラマス絶好調!

twitterでつぶやく

最近は海が凪ぎさえすれば

ショアもオフショアもサクラマスが絶好調!

3團▲奪廚領彪燭睚垢れるようになり

いよいよ待ちに待った

本格的な春シーズンの到来という感じ。

 

昨日は31日から

「さくらます船釣りライセンス制」がスタートした

積丹沖に行ってきました。

 

しばらく日曜は荒天続きでしたが

昨日は久々の穏やかな天気で

「もっと波があれば」という声があったくらい。

お世話になったのは、ベテラン船長

長内春樹さんが舵を取る「第三十八浜丸」。

 

「頑張って釣ってね、俺も頑張るから!」

と激励を受けたアングラーは

隔月連載「いーとーまきの沖釣り入門」

を担当している、伊藤まき。

今回は定番のバケ釣りで挑戦しました。

_DSC5290 

















「どっしりと構えているよね」。

釣れない時間も焦らない伊藤まきを見て、

そう感心する長内船長。

熱い視線を浴びるなか、

まずまずのサイズをキャッチしました!

_DSC5431 

















積丹沖で良型があがるのはこれから。

ジグでもよく釣れていたので

皆さんも釣行してはいかが?

取材班は数日後、再びサクラマスをねらいます。

今度はジグで。
 



northanglers at 16:05|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月26日

北海道の海釣り入門!

twitterでつぶやく

今冬は雪が多く

春の本格的な釣りシーズンまで

あと少しという感じ。

そこで、読書はいかがでしょうか。

umizuri_001_hyoushi_tobira

























umizuri_002-003_sakana_zukan

















『北海道の海釣り入門』は、

港・砂浜・磯のエサ釣りから、

ルアーフィッシング、船釣りまで、

北海道の海釣りを完全網羅した一冊。

umizuri_014-015_kairyu 


















道内でポピュラーな対象魚の横顔や釣り方を

懇切丁寧にアドバイスしているのはもちろん、

サオとリールの仕組みなど、

釣りの基本知識も紹介。

最低限これだけは覚えたい結びは

図と写真を使って分かりやすく解説しています。

そのほか、潮汐や寄生虫の話など、

タメになる資料関係も充実。

umizuri_080-081_lure_sake_karafutomasu 


















道内の書店に並んでいる釣り入門書には、

北海道にはなじみの薄い釣り方などが

混じっているものが多く、

それに違和感を覚える人は少なくないでしょう。

 

そんななか、1999年創刊の釣り専門週刊紙の

初代編集長を務め、

釣り歴50年以上のキャリアを誇る著者が、

地元の視点でまとめた

北海道の海釣り入門書の決定版です!

 

定価:本体1,500+

著者:山道正克

A5判並製128P

 

※以下、目次

02 北海道釣り魚図鑑

【釣りの基礎知識】

14 北海道の自然条件と釣りの関係

16 北海道の主な釣りものとシーズン

18 海釣り5大ジャンル

20 釣り具の基礎知識

24 サオとリールの仕組み

26 港や磯の釣り周辺グッズ

28 釣りウエア

30 釣りエサの種類について

32 エサの付け方、加工法

34 釣りの単位について

【基本の結び】

38 8の字結び

39 ぶしょう付け

40 外掛け結び

42 クリンチノット

44 電車結び

46 連結部品のいろいろ

【港・砂浜・磯で釣る】

48 小もの釣りの対象魚

50 小もの釣り用具

54 小もの釣りのノウハウ .好圈璽瓢迭櫃韻把爐

56 小もの釣りのノウハス◆.汽咼仕掛けで釣る

58 岸壁の探り釣り .屮薀リのエサ釣り

60 岸壁の探り釣り◆.襯◆爾琉貅錺錙璽狡爐

64 港の投げ釣り「ちょい投げ」でハゼなどを釣る

66 遠投に挑戦しよう スリークォーターで投げる

68 砂浜の投げ釣り .レイ類やカジカなどをねらう

70 砂浜の投げ釣り◆.泪張ワやサケをねらう

72 磯の投げ釣り 根魚、ホッケなどをねらう

74 ルアー釣り用具について

76 ショアのルアー釣り .汽ラマス アメマス

78 ショアのルアー釣り◆.屮蝓.劵薀

80 ショアのルアー釣り サケ カラフトマス

82 ショアのルアー釣りぁ.泪瓮ぅ ヤリイカ スルメイカ

84 ウキ釣り用具について

86 ウキ釣り .曠奪院.愁

88 ウキ釣り◆.泪瓮ぅ ヤリイカ スルメイカ

90 ウキ釣り サケ カラフトマス

92 ウキ釣りぁ.汽ラマス アメマス

【北海道の船釣り入門】

94 船釣りの基礎知識

98 船釣り用具

100 カレイ釣り

102 ヒラメ釣り

104 ソイ釣り

106 サクラマス釣り

108 沖五目釣り

110 イカ釣り

112 サケ釣り

114 ブリ釣り

【資料関係】

116 潮汐の話

118 主な寄生虫

119 釣り魚の処理

120 ルール&マナー

122 安全第一! ライフジャケットを着よう

124 海釣り用語集

127 あとがき

 



northanglers at 18:31|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月19日

NA152特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

今回は特集以外の記事を紹介いたします。


P051-055-2_01 

















●ロングハリスという選択肢

今まさに盛期を迎えているワカサギ釣り。

本誌前号では電動タックルの効果をお伝えしましたが、

今号は仕掛けに注目。

近年、各社から続々とリリースされている

通常の仕掛けよりもハリスが長い

ロングハリスにはどんな効果があるのか。

阿寒湖を舞台に検証。

 

●オオチカ舞う冬の堤防

冬の小もの釣りといえば

氷上のワカサギがよく知られますが、

堤防のチカも忘れてならない存在です。

特にこの時季は大型がねらえ、

一年を通じて最も美味しい。

そんな“オオチカ”をいっぱい釣るには?

P058-060再下版-1 

















20世紀初頭“蝦夷地”の釣り〈後編〉

「フィッシング・ガゼット」は、

1870年創刊の英国を代表する釣り雑誌。

その1904514日号に、

グレイパーマーを名乗る人物が

「日本の釣り」と題する記事を投稿。

折しも勃発した日露戦争のため世界中の関心が日本に集まる中、

欧米の釣り人たちもまた、この極東の島国に関心を抱きました。

そこで彼らを一番魅了したのが、蝦夷地の釣り。

この知られざる史実の一端を紹介。

P067-071-2 

















●いーとーまきの沖釣り入門

沖釣りビギナーが遊漁船に乗って

さまざまなターゲットに挑戦する好評連載。

今回は沖釣りで人気の高いソイ類のなかでも、

特にファンが多いことで知られるマゾイを

余市〜小樽沖でねらいます。
釣果の8割はマゾイ!

P072-073 


















●やっぱり、ベイトフィネス!

厳寒期のシビアな状況下

港のロックフィッシュの釣りでは

スピニングタックルを使用する人が多い。

しかし、ベイトフィネスのスタイルは

酷寒時にメリットがたくさんあります。

その注目すべきスタイルを再考。

P076-078-1 


















●磯エギング最前線

磯のエギングがすっかり定着した近年、

エキスパートはどんなシステムで挑んでいるのか?

磯という舞台に早くから着目し、

今も試行錯誤を止めないのは二橋翔大さん。

そのシステムを余すことなく公開していただきました。

 

●早期のヤリイカは高活性!

例年、道央日本海の人気港に

ヤリイカの大群が押し寄せるのは4月。

だが、23月もチャンスがあります。

しかも、早くに来遊する群れは

秋イカように活性が高いことが多く、

何といっても釣りやすいのが魅力。

P092-093 


















そのほか、今季絶好調の函館大沼にスポットを当てた

「大沼フィールドガイド」。

 

フライタイイングの連載「My Favorite Fly Tying」では

Black &Orange Deeを解説。

 

「今月ここでゲッツ!」のフィールドとターゲットは

空知のワカサギ×氷上釣り

後志のクロソイ×ルアーフィッシング

胆振のエゾメバル×ルアーフィッシング

オホーツクのワカサギ×氷上釣り。

 

「熱投ジギング」はポイント選択について

「船長ときどき店員」は奄美大島遠征の模様を紹介。

「愛車で安眠♪」ではプリウスαが登場します。

 

今号もどうぞよろしくお願い申し上げます!



northanglers at 16:24|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月11日

「ルアーショー札幌」今年はもっと楽しい!

twitterでつぶやく

最新号(152号)の表紙を飾ったのは

見目麗しい大型のニジマス。

そして今号は裏表紙も虹色に輝き、

春に相応しいイベントが紹介されています。

裏表紙 
























昨年、2500人以上が訪れ、大いに盛り上がった

『ルアーショー札幌inつりぼりオーシャン』。

今年は規模を拡大し、トラウトルアーを中心に

ソルトウオーターやロックフィッシュ、

ウエア関連の人気メーカー約40社が集結。

各メーカーによる

アウトレットルアーの直売会が開催されるほか、

ロックフィッシュのセミナーも企画され、

さらに充実した内容になっています。

 

“見て!聞いて!動かして!”

というテーマは昨年と同様。

P83-01
















2018
シーズン注目の新製品やルアーについて

直接メーカーの担当者に話を聞けるだけでなく、

屋内の釣り堀施設を利用し、

アクションをチェックできるのが何よりの魅力。

North Angler’sも出展します。

皆様のお越しをお待ちしておりますね♪

 

【日程】

310日(土)10001800

311日(日)10001700

入場無料、駐車場400台(無料)。

そのほか、詳しくは最新号をご覧ください!

 



northanglers at 15:22|PermalinkComments(0)clip!

2018年02月08日

最新号の特集!

twitterでつぶやく

最新号の特集は……

厳寒期もチャンス!

春まで楽しいトラウトフィールド。

P018-019 

















今冬は南西部を中心に

大荒れの天気に見舞われていますが、

釣りになる日は見目麗しいトラウトが

アングラーの心を熱くさせてくれます。

天気しだいとはいえ、真冬もチャンスは充分、

楽しい時季は春まで続く。

そんな、おすすめのフィールドで

価値ある一尾に近づく方法を提案します。

P020-021 

















●洞爺湖

2018年シーズンのリポート。

冬季の解禁期間中、釣る人は釣っています。

それもかなりの良型を。

素晴らしいファイトを見せてくれた
67
僂離縫献泪垢誌面を飾っています!

 

●島牧

『あめますダービーin島牧大会』が開催中ですが、

近年のルアー部門において

登録の目立つミノーとポイントがあります。

その両者にかかわるアングラーの釣りを拝見。

キモはミノーの操作にあった!?

 

●熊石

海サクラの名を全道に広めた八雲町熊石。

今シーズンは年末から好調で、

例年になく数もあがっています。

海サクラエキスパートの実釣を交え、

当地の釣り方を紹介。

 

●せたな

道南の名流・後志利別川に加え、

保護水面の太櫓川と臼別川が流れるせたな町は

八雲町熊石と並ぶ海サクラのメッカ。

同町在住のアングラーが

海サクラの釣り方とポイントをレクチャー。

 

●余市川

余市といえばエギングをイメージしますが、

春は街の真ん中で遡上アメマスがねらえる

札幌から最も近い本格的なトラウトリバー。

この時期は川&港のイカ釣り。

そんなプランもアリでしょう。

P032-033 

















●釧路川

厳寒期のアメマスねらいでは

底を探る釣りがメインになり、

釧路川ではジグ、肉厚スプーン、

ヘビーシンキングミノーなどが活躍してきました。

そして今、注目したいのがメタルバイブ。

その効果を探ってみます。

 

●斜里川

オホーツク海に注ぐ斜里川は、

斜里岳の麓より数々の湧水を集め、

水量が豊富で水温も比較的安定し、

冬季でもパワフルなアメマスがロッドを絞ります。

世界遺産知床を横目に、悠然と流れる川の冬の陣。

P038-039 


















●尻別川

本流の人気が高まっている近年、

厳寒期も各地の本流に釣り人の姿が見られます。

そんなフィールドのひとつである尻別川では、

真冬も盛期さながらのスイングの釣りが試され、

実績が上がっています。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!



northanglers at 18:08|PermalinkComments(0)clip!