2016年12月08日

ブリは来年も絶好調!?

twitterでつぶやく

今年も大いに盛り上がった

ブリ釣りシーズンがほぼ終了。

年々、開幕時期は早く、閉幕時期は遅くなり、

全道で見ると、ほぼ半年に渡って

あの強烈な引きを楽しめるようになりました。

 

先日アップしたNA最新号(141号)では

美幌町の釣具店『ブルーマリン』さんが開催する

ダービーの結果を掲載していますが、

オフショアブリ部門の優勝魚は14.4

この一尾だけでなく今秋のオホーツク海は

15團ラスの大ものに沸いたのは

記憶に新しいところです。

img-Z08162148-0001

 

























そんなブリの生態と道内各地の漁獲量について

『ブリ釣り北海道』の巻頭ページで紹介しています。


img-Z08162219-0001




 














取材時に北海道立総合研究機構中央水産試験場の

星野昇さんが

「ブリの資源量は過去最高水準が続く見通し」と

話していたとおり、1952年以降で最高水準とか。

記事はコチラ

来年も北海道の海をにぎわせてくれそうです。

 

なお、今月23日、『MEGA FISH札幌本店』さんでは

『ジギング展示&即売会』が開催されるそうです。

本誌140号でリポートしたイベントの第2弾ですね。

冬になってもジギングは熱い!

(平澤)

 




northanglers at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月06日

NA最新号アップ!

twitterでつぶやく

North Anglers最新号を

ホームページにアップしました。

 

 p00������

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

特集1は「ラインシステム」。

これから盛期を迎える

海アメ&海サクラのシステムについては

島牧村で開催しているロングランダービーで

優勝2回の輝かしい実績を誇る

札幌市の北島正貴さんと

千歳市の二橋翔大さん、

岡ジグで知られる岡貞光さん、

そして余市町の堀鉄弥さんらが詳しく解説。

そのほか、淡水のトラウトとロックフィッシュ、

エギングに適したシステムも紹介しています。

 

特集2「快適ウエア考」では、

最新の防寒アイテムに加え、

最近話題のハイブリッド系フットウエア、

さらに、冬こそ実践したい

メンテナンスの方法を掲載しています。

発売までもう少々、お待ちください!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月05日

サケのトバ作り

twitterでつぶやく

1480912598669

 

 

 

 

 

 

 

 

誌面で掲載している結びやルアー作り

そして料理などは、自分も実践してみて

自信を持ってすすめられるものを紹介しています。

 

しかし、11月号(No.139P34

『北海道にはサケがいる!』の特集内で掲載し

好評だった佐々木大さんが提案する

「サケのトバ作り」に関しては、

その頃、釣っても釣っても

トバに適さない銀ピカばかりで(ちょっと自慢?)

残念ながら実践できずにいました。

 

最近、ようやくブナザケが手に入ったので

前出の記事を参考に下処理し、

現在、アパートのバルコニーに干しています。

もう少ししたら食べごろのはずで楽しみ♪

今時期のほうがハエが寄ってこなくていいですね。

 

作り方はバックナンバーをお読みください!

(平澤)

 

続きを読む

northanglers at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月30日

支笏湖も見逃せない!

twitterでつぶやく

最近、支笏湖のニジマスが絶好調です。

写真は、支笏湖情報に明るい

千歳市のフィッシングショップ『清竿堂』さんの

ホームページに掲載されている

見事なコンディションの63

 

 

o0500030513808874166

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで洞爺湖のニジマスみたいですね〜。

128日発売の本誌の巻頭を飾ってくれる

島牧海アメ大会の常連Kさんも

コンディション抜群のニジマスを釣っています。

 

清竿堂スタッフの二橋翔大さんによると

なぜか、昨年あたりから

ニジマスの釣果が増えているとか。

ヒット後に沖に向かって突っ走る

支笏湖のニジマスの強さは特筆ものです。

 

明日は洞爺湖の解禁日。

釣れなかった方は、支笏湖に寄ってみると

いい思いができるかもしれません!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月29日

洞爺湖と熊本

twitterでつぶやく

今号は私、失敗が多くて

編集作業が大いに難航……。

それも、何とか今晩で校了予定です。

 

積丹方面でマメイカとヤリイカが好調で

島牧の海アメも釣れ始め

冬の本格シーズン到来といった感じですね。

さて、冬の釣りといえば、

121日に解禁する洞爺湖に

注目しているトラウトアングラーは多いでしょう。

 

ANA釣り倶楽部』

https://www.ana.co.jp/vacation/fishing/

「冬のおすすめ釣り場」では

その洞爺湖を美しい鱒の写真とともに紹介しています。

釣行前にぜひ、ご覧ください!

 

また、「釣り旅の記録」では

北海道にもファンが多い人気の釣りガール

“みっぴ”こと秋丸美帆さんが

熊本県・天草のマダイやコウイカ、ロックフィッシュに

和製ルアーの餌木とタイラバで挑戦。

こちらも見逃せません!

(平澤)



northanglers at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月10日

私、バラしたくないので

twitterでつぶやく

ここ数日、私とフォトライターの中川貴宣さんは

マクロレンズとにらめっこし

極小の被写体ばかり相手にしているので

目が疲れて仕方ありません……。

ノットのことです。

写真は中川さん撮影。

 

 中川フィッシャーマンズノット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ来月から

海アメ&海サクラの本格シーズンに入りますが、

PEラインを使わない方はほとんどいないでしょう。

近年は河川や湖沼でもPEが主流になり、

皆さん、さまざまなシステムを試されているようです。

ロックフィッシュでもPE派が増えているみたい。

 

そこで、来月発売号では

各ジャンルの大ものゲッターの方々に

ラインシステムについて詳しく解説していただきます。

 

某ドクターのように「私、失敗しないので」

という方にとっては不要でしょうが

ノットを組む際のコツも紹介します。

 

「私のラインシステムを見てくれ!」という方は

現在発売中の140号で実施しているアンケート

‟海アメ&海サクラのラインシステム“にお答えください!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月08日

アメマスは元気!

twitterでつぶやく

_DSC8588

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC8429

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道東の取材ロードから戻りました。

 

現在発売中の140号で紹介している

http://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

阿寒湖と湿原河川に行ってきましたが、

どちらも元気なアメマスが迎えてくれました!

 

しかし、もう本格的な冬を思わせる

寒さと雪には驚きました。

 

朝晩の移動はアイスバーンに肝を冷やし……。

皆さんも安全運転で釣り場をめざしてください!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月04日

NA140の注目記事!

twitterでつぶやく

NA140号の中身をHPにアップしました。

 

http://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

 

いくつかピックアップしているなかで

異彩を放っている記事はこちらでしょう。

 

 img-Y04142250-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘヴィメタルに含まれる音楽ジャンルのひとつ

メロディックデスメタルの世界で

日本のみならず海外でも注目を集める

GYZE(ギゼ)”でボーカル&リードギターを担当する

リョウジ“こと篠本竜司さんにご登場いただきました。

GYZEのオフィシャルサイトはこちら↓。

http://gyze.jp/

 

篠本さんは札幌で生まれ育ち、

トラウトを愛するルアーアングラーであることは

ファンの間では有名。

North Anglersは僕のバイブル」という

篠本さんの素顔を

福士知之さんがリポートしていますが、

心底釣りが好きな気持ちが伝わってきます。

 

さぁ、自分は明日から取材ロード。

道中はリョウジさんのギターを聴きながら

ノリノリで行ってきます。

(平澤)

続きを読む

northanglers at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月02日

次号の表紙は朱鞠内湖!

twitterでつぶやく

先週で118日発売の140号が校了。

表紙はグッドサイズが微笑んでくれた

朱鞠内湖のイトウです。

 

 

p00表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかの記事については

あらためてご紹介します。

ちなみに、次号はもう12月号。

月刊誌を作っていると、

一年があっという間です……。

 

さて、その朱鞠内湖では115日(土)、

『イトウ保護フォーラムin朱鞠内湖』が開催されます。

参加者にはイトウの缶バッジがプレゼントされるとか。

朱鞠内湖フリークはもちろん、

イトウ釣り愛好者は参加してみては?

 

あ〜、こんなイトウ、自分も釣りたいな!

 

 

(平澤)

続きを読む

northanglers at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月01日

LF入門者おすすめ動画!

twitterでつぶやく

そろそろ渓流シーズンは終了ですが、

ここ数年の取材で思うのは

ベイトフィネスのスタイルを導入する方が増えたこと。

これまでスピニングオンリーだったベテランのなかにも

ベイトロッドを手にする方がちらほら。

 

本誌の昨年910月号において

「ベイトフィネスの実際」という短期連載を掲載しましたが、

編集部の想像以上に反響が大きかったです。

その連載でもタックルの基本事項や

キャスティングのコツを紹介していますが、

↓の動画もオススメです。

 

以前、Honda釣り倶楽部にアップしていたレクチャー動画が

YouTubeにもアップされ、

より高画質で見られるようになりました。

「ルアーフィッシング入門講座」と題し、

スピニングとベイトのキャスティングを詳しく解説しています。

 

CHAPTER 01 ルアーフィッシングで使用するタックル(道具)を学ぼう

 https://youtu.be/tW8OXVzHgKU

 

CHAPTER 02 スピニングタックルの基本的なキャスティングを学ぼう

 https://youtu.be/wDL-pXKHg14

 

CHAPTER 03 スピニングタックルのオーバーヘッドキャスト

 https://youtu.be/VdwIeuqiqQo

 

CHAPTER 04 スピニングタックルのサイドキャスト

 https://youtu.be/V114kAeooFI

 

CHAPTER 05 スピニングタックルのピッチング(アンダーキャスト)

 https://youtu.be/Dha_XfT_V2w

 

CHAPTER 06 ベイトタックルの基本的なキャスティングを学ぼう

 https://youtu.be/NLYoDgaXsfg

 

CHAPTER 07 ベイトタックルのトラブル「バックラッシュ」を克服しよう

 https://youtu.be/20mSXroY33A

 

CHAPTER 08 ベイトタックルのオーバーヘッドキャスト

 https://youtu.be/4VpyjbZIrRU

 

CHAPTER 09 ベイトタックルのサイドキャスト

 https://youtu.be/J5TmtCJwiDo

 

CHAPTER 10 ベイトタックルのピッチング



northanglers at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!