2018年10月11日

最新号の特集!

twitterでつぶやく

好評発売中の最新号

特集1

「トラウト・サーモン・ブリ

秋の大モノねらい」

特集2

「安全&快適に釣る!

夜長のナイトゲーム」です。

P012-013_edited-2
















以下では、内容の一部を紹介します。


●秋の本流はスローダウン

高活性の魚を求めて

一日に何キロも釣り上がる

渓流域のシーズンがひと段落すると

福士知之さんは水量豊富な本流を釣る。

そこで意識したい釣りスタイル、

ルアーローテーションを紹介。

P014-017-1_edited-1 

















●シンキングディープの底力

水温が低い秋の渓流では

底層を意識した釣りを展開することが多い。

そんな場面で有効なルアーとは?

定番のヘビーシンキングミノーもよいが、

もっと適したルアーがある。

美麗なニジマスがそれを証明してくれた。


●広がるライトスカジット

道内にも愛好者が多いスカジットスタイルで、

近年、ライトタックルを意識したラインが充実。

中規模河川が多い道内において、

有力タクティクスのひとつとして定着しつつある。

P024-028-1_edited-1 


















●食い渋るサケはドリフトで

前年比約180%という来遊数予報どおり、

89月はサケが好調に釣れていた。

今年はファン待望の当たり年のようだ。

ここでは来る後半戦に向けて、

毎シーズン好釣果を上げている

渡邉雅俊さんのタックルと釣り方を紹介。

 

●積丹ブリジギング

ここ数年の流れとは全く異なった

今シーズンのブリジギング。

しかし、7月からは連日好調が伝えられ

この秋は超大ものが出そうな雰囲気だ。

札幌市東区『MEGAFISH』スタッフで

遊漁船『REDMOON』船長が、

シーズン初期を振り返り、

価値ある一尾を手にするための

戦略をアドバイス。

 

●湖のトラウトルアー入門

10月に入ると各地の湖が秋のハイシーズンを迎える。

ここでは、湖好きのアングラーの意見をもとに

ルアーで釣果を上げる方法を考えたい。


●ラインが輝いて見える!

ナイトゲームで欠かせないアイテムは

何といってもヘッドライトだが、

サンラインから画期的な商品が登場した。

その名は『ナイトサラウンドビジョン(NSV)』。

何と、光を当てるとラインが輝いて見えるという。

老眼が進んで夜釣りでラインの結束が覚束ない

ライトマニアを自称する筆者にとって、

救世主のようなライトだ!

P068-070-1 


















●食べやすくて美味しい?チェリーリグ

NorthAngler’s COLLECTION

『根魚北海道』や本誌バックナンバーで、

ボトムまで届くハチガラへの深い愛と

濃い釣り方を綴っている北條さんは近年、

チェリーリグを多用するようになり

劇的に釣果が上がったという。

グルメな大ものを虜にする理由と作り方まで。

 

●ライト、これ使ってます!

本誌でご活躍いただいているアングラーに

愛用ライト、それを使う理由、ライト選びの基準や工夫
秋にライトを使用する釣りで特に楽しんでいるジャンル、
この4点について答えていただいた。ライト選びの参考に。

●釣り好き研究者に訊くソイの生態
夜釣りの主役といえば、昔も今もソイ類。
クロソイの放流数は年々減っているとはいえ、
室蘭市の栽培水産試験場では
マゾイの種苗生産、放流技術開発に力を入れている。
同試験場栽培技術部の研究主幹・高畠信一さんは
普段から魚と接しているだけでなく、大の釣り好き。
興味深いソイの生態や見分け方などをうかがった。
P080-083-1

















今号もよろしくお願いします!
 


northanglers at 16:54|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月09日

サバジギング!

twitterでつぶやく

本誌前々号の『船ルアー愛実らせます!』では

道内で流行の兆しを見せている

スーパーライトジギングにスポットを当てました。

そのときはロックフィッシュを釣りましたが、

昨日は“缶詰”が大ブレイク中の

サバをねらいました。

01 

















トリヤマを探してキャストするのですが、

開始早々から矢野愛実さんのロッドが絞り込まれます。

サバといえば堤防釣りでおなじみの

25僂らいの魚体をイメージする方が多いでしょうが、

沖のアベレージサイズは3040

このサイズになると本当によく引き、

スーパーライトジギングの好敵手です。

_DSC2514 

















今回お世話になったのは

室蘭港から出船する『エルム后戞

ちなみに同船での最大は48僂箸。

今シーズンは状況がいいようなので

皆さんもチャレンジしてはいかがでしょうか。

 



northanglers at 17:20|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月01日

ダイワSFAに千葉百々絵さん!

twitterでつぶやく

今日はうれしいニュースが舞い込んできました。

 

グローブライド蠅2月から募集を行なっていた

「ダイワスーパーフレッシュアングラー(SFA)

新メンバーが発表になり、

我らが北海道の小清水町在住

千葉百々絵(ももか)さんが選ばれました!

 

https://www.sfa-daiwa.jp/

 

現在14歳の百々絵さんと本誌が初めて出会ったのは

20136月に苫小牧沖で行なわれた

DAIWAヤングフィッシングクラブ(D.Y.F.C)」取材時。

このとき百々絵さんは確か初参加でしたが、

以後、スクールが開催されるたびに参加し、

すっかり顔なじみに。

道内会員の中で最多参加になった年には

連載「釣り好き少年少女、応援します!」に

ご登場いただきました。

img-X01140035-0001 


















“美少女”で注目を集めましたが、

釣り好きのお母様・奈保美さんと一緒に

道内だけでなく全国のフィールドを飛び回り

これまでかなりの魚種を釣っている本格派。

今後の活躍を期待しています。

 

近いうちに本誌では
百々絵さんの実釣記事を掲載する予定です。



northanglers at 16:27|PermalinkComments(0)clip!

2018年09月07日

関係各位へご報告

twitterでつぶやく

北海道胆振東部地震で被害に遭われた皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

 

北海道支社の事務所は本棚が倒れたりして

けっこう散らかっていましたが、

大きな被害はありませんでした。

スタッフも全員無事です。

ただ、事務所はまだ通電しておらず、

本格的な業務が再開できない状況が続いています。

 

ちょうど地震が起きた96日は

NA158号の誌面作りにご協力いただいた皆様に

掲載誌を発送する予定でいましたが、

それもかないませんでした。

今しばらくお待ちください。

 

また、北海道全域で集配、

および幹線輸送に大きな影響が出ています。

最新号を含め新刊等は

発売日を過ぎての発送になりますことを

ご了承のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

関係各位からたくさんのお心遣いをいただきまして、

誠にありがとうございました。

これ以上、被害が大きくならないことを祈ります。


つり人社北海道支社一同 



northanglers at 15:21|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月30日

次号の表紙です

twitterでつぶやく

来月発売号の編集作業が

無事終わりました。

これが表紙になります。

p01表紙 

























特集,

「大もの、小もの、珍魚、怪魚まで

釣るぞ!豊饒の秋ソルト」

 

特集△

「本流&渓流で釣るための新提案

川釣り後半戦に向けて」

 

詳しくはあらためてご紹介します。

 

明日で8月も終わり。

早いですねー。

今季最後のヤマメ釣りに行こうと思ったら

ウエーダーに穴があいていることに気づき

先ほど急いで買ってきました(笑)。

来週は台風が上陸するみたいで

取材の進行がとても心配ですが、

サケもブリも好調で

この秋は楽しめそうな感じ。

いい釣りができましたら

釣果報告のご投稿もお待ちしています!



northanglers at 18:11|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月20日

続・札幌の川を釣る

twitterでつぶやく

毎号毎号ありがたいことに

読者アンケートが続々届きますが、

お陰様で最新号に掲載している

「札幌の川を釣る」が好評です。

 

雨で濁る前は数回行きましたが、

変わらずヤマメが顔を見せてくれました。

私に微笑んでくれるのは

かわいいサイズが大半とはいえ(笑)、

スピナーのリトリーブ中に来る

鋭いアタリが最高に面白いです。

_DSC9278 

















最近はアグリアTWやセルタターボなど、

ボディーを回転させると

フック交換が容易にできる

昔なつかしいスピナーがマイブーム。

以前、日高のヴェテランアングラーさんから

上記のスピナーを含めた

オールド品をごっそりいただいたのですが、

それをだいじに使っています。

 

札幌の川に限らず、全道各地

ヤマメのシーズンも終盤。

濁りが収まったタイミングは

尺クラスが期待できる

ビッグチャンスでしょうね。

皆様の好釣をお祈りしております!



northanglers at 18:56|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月16日

渓流の極小プラグ

twitterでつぶやく

いや〜、また雨続き

嫌になっちゃいますね。

先日訪れた道東の中規模河川は

増水&濁りで全く反応なし。焦る……。

 

本命河川にふられて

仕方なく支流をのぞいてみると

ちょうどいい感じの水量。

少し釣り上がると

好ポイントの多くでニジマスがヒット。

それに気をよくし、支流の支流を詰めると

今度はイワナがたくさん釣れました。

04 

















極端な増水と渇水を繰り返す今季は

釣りのタイミングが難しいとはいえ、

小さな流れならそれほど影響はありません。

今回、そんな細流で試したのが

40侈にの小型シンキングミノー。

渋い状況でもフッキングがよいうえ、

スレた狡猾な魚も誘ってくれるのが魅力です。

 

ところで、小型シンキングミノーは

フックを2本装着すると前後で絡みやすいので、

思い切って1本で挑むのがおすすめ。

1本なら不意の大ものが来たときでも安心な

太軸のやや大きいフックを付けられるのも利点です。

 

フック1本だと釣りは快適で、

魚にもやさしい。

トゥイッチ時にボディーフックを拾うことなく、

ランディング時にネットと絡むこともありません。

さらに余剰フックが自分に刺さる心配がなく

魚にダメージを与えにくいのもマル。

それをふまえてか、ワンフック仕様で開発された

小型ミノーもリリースされています。

01 

















私は50丱ラスのミノーも

しばらくワンフックで使っていますが、

フッキングの悪さはほとんど気になりません。

掛からない魚は釣れない魚、

そう割り切っています(笑)。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

_DSC9815 

















↑は別部隊の取材で出たニジマス。

小型トップウオータープラグも

夏に威力を発揮するルアー。

さぁ、雨後に期待ですね。



northanglers at 16:54|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月14日

楽々ジギング!

twitterでつぶやく

道東取材ロードから昨晩戻りました。

まずは能取沖のジギング。

_DSC0875 

















現在発売中の157

「ライト・ブリジギングのすすめ」では

積丹沖で矢野愛実さんがキャッチした

9.5圓離屮蠅誌面を飾り、

女性や非力な方にやさしい

ジギングを提案しています。

で、今回はもっとライトなジギング。

道内で流行の兆しを見せている

スーパーライトジギングです。

 

サケ釣りなどで使う

中型スピニングリールを流用できるのが

この釣りの魅力のひとつ。

ジグは専用が好ましいとはいえ

手持ちのショア用のジグも使えます。

 

道東は特にスーパーライトジギングが盛ん。

その背景にあるのは

メインターゲットになる

根魚の種類が豊富だからでしょう。

この日は矢野さんが担当する隔月連載

「船ルアー愛実らせます!」の取材でしたが、

シマホッケを含むホッケを主体に
何と9魚種に出会うことができました!

詳しくは来月発売号をご覧ください。

_DSC0654 

























_DSC0878
















私は食あたり?で体調不良でしたが、
ホテルでもらった薬がきいたのか

乗船前に落ち着いて何とか任務を遂行。

翌日はゆっくり寝られると思ったら

早朝に「10階で火災が発生しました」という

アナウンスで起こされました
(結局は火災報知器の誤作動)。

まあ、寝坊しないですんだので

いいアラームになりました(笑)。

渓流取材に続く……。



northanglers at 16:26|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月09日

157特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

以下では、特集以外の内容を紹介いたします。

CS_255 



















●ヒラメ×サクラ最前線

7月、釣りにならない日が続いたのは

川だけでなく海も同じ。

特にショアは厳しかったが、

あきらめずにロッドを振っていると

魚は微笑んでくれるものだ。

45日、総走行距離1500劼傍擇

ショアのエキスパートの釣りから

ヒラメ&海サクラの有効メソッドを探る。

 

●カラフトマスLFのベーシック

昨年は低調のまま終わったが、

今年は7月下旬、えりもなどから

カラフトマスの釣果が聞こえてきた。

さて、今シーズンはどうなるか?

 

●支笏湖のヒメトロ

広大な北海道にはさまざまな釣りがあるが、

ヒメマスのトロウリングほど

コアでマニアックな釣りはないかもしれない。

そんな世界に昨年から足を踏み入れたのが、

手練ればかりのなかでは若手といえる関弘二さん。

この釣りを古くから楽しんでいる

年配の愛好者に可愛がられながら腕を磨いている。

 

●いーとーまきの沖釣り入門

今回は「むかわ沖・ババガレイ」の巻。

地方によって正月料理に欠かせないという、

ゴージャスなカレイをねらう。

P067-071-2 

















●ライト・ブリジギングのすすめ

「北海道のタックルはヘビーすぎる」。

少し前までブリジギングシーンにおいて

そう道外の釣り人から指摘されていたが、

最近は徐々にタックルのライト化が進んでいる。

そんななか、釣りガールの矢野愛実さんが

大ものをライトタックルでキャッチ!

P072-073 


















●レンタルボートで大ものを!

ショアで釣りをしているとき

「あそこに行けたらな〜」と思う

磯場やテトラ帯があるだろう。

そんな未開の地で船長気分を味わえ、

釣りを満喫できるのがレンタルボート。

沖に出れば夏枯れの心配も少ない。

P078-082-1 


















●小漁港で座布団マツカワ!

夏、投げ釣りフリークに人気のマツカワ。

60僂鯆兇┐訛腓發里ねらえ、

食味はヒラメより旨いという人が多い。

青木尚也さんは大型マツカワを求め、

さまざまな釣り場を精力的に開拓しているが、

その熱意が実を結び、6月末に60僖▲奪廚鬟殴奪函

当日の状況をリポートしていただいた。

 

そのほか、人気連載『青物最前線』は

リアウエイトタイプとキャストについて。

P090-091

















MyFavorite Fly Tying』では

道産マテリアルを使用した「Lake Caddis Pupa」を紹介。

『今月ココでゲッツ!』のターゲット&フィールドは

ハゼ×小樽港

アイナメ×神威岬

ブリ・ヒラメ×松前小島

アオリイカ×津軽海峡

サケ×南十勝。

『愛車で安眠♪』には話題の新車

ホンダのN-VANが登場。

また、釣り具メーカー52社が帯広に集結した

「道東フィッシングフェスティバル2018」の模様もお届け。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 08:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月07日

157号の特集は「川はこれから!」

twitterでつぶやく

徐々に暑さが和らぎ、

川も海も最高のシーズン。

以下では、特集の内容を紹介いたします。

CS_255 



















●釣り上がりのアップ&ダウン

釣り上がりでまずはアップ。

ポイントの状況を観察したら、

同じ場所をクロス&ダウンで。

そんなパターンを基本とする石川さんは、

好バランスの小型シンキングミノーを多用する。

水温11℃の低水温下、

良型はダウンに好反応を示した。


●最新グラスロッドを使ってみよう!

フライフィッシングの世界では

愛用者が多いグラスロッドだが、

ルアーフィッシングではイマイチ不人気。

しかし近年、昔のイメージを払拭した

最先端のグラスロッドが注目を集めている。

その使用感をリポート。

P023-027-2 


















●南十勝の美渓を巡る

6月下旬から続く雨により

川釣りを楽しめていない人は多いはず。

編集部も同様で「雨に強い川はないか」と探し、

たどり着いたのが、人工構造物が少なく

息を呑むほど美しい渓流が迎えてくれる

南十勝だった。


●超ヘビー級ミノーとロングロッドで勝負!

道内各地の川が泥濁りでも

阿寒川のCR区間は好調をキープ。

7月中旬、三浦新嗣さんと訪れたときも

ミノーイングで50僖ーバーが連発した。

増水時に威力を発揮する注目ルアーと

独特なタクティクスに迫る。

P033-035-1
























●札幌の川を釣る

自転車が相棒という少年はもちろん、

何かの理由で遠征できないという人は、

札幌市内の川に目を向けてみてはいかが?

きっと想像以上に生命感にあふれているはず。

P051-055-2 

















今号もよろしくお願い申し上げます!



northanglers at 11:11|PermalinkComments(0)clip!