2018年12月13日

最新号の特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

以下では、特集以外の記事を一部紹介します。

 

20182019海サクラ&海アメNEWタックルガイド

昨季はショア&オフショアともサクラマスが絶好調。

冬の一大イベント『あめますダービーin島牧大会』では、

史上最大のアメマスが登録されるなど大いに沸いた。

今季もいよいよ開幕、さらなる盛り上がりが期待されるが、

ここでは続々とリリースされている各社の新製品に注目。

道内アングラーが監修したロッドや

北海道向けのカラーを施したルアーなど

フリーク必見のニューモデルを紹介したい。

 

●氷上ワカサギ開幕!

2018年は冬の到来が遅く

氷上釣りへの影響が気になるが、

豪雪地帯として知られる

朱鞠内湖なら心配ないはず。

昨季の釣行を交えながら

釣果を上げる方法を考えたい。

P051-053-1_010 

























●夜釣りと投光器

冬の港はイカやニシンなど

夜釣りで美味しいターゲットがねらえる。

そこで近年、釣果を上げるアイテムに

「投光器」が注目を集めている。

そんなアイテムを持っている夜釣り好きは

地震で停電したときも慌てずにすんだ。

P054-057-1_006 


















●苫小牧沖で根魚五目

年々盛り上がるオフショアの釣りで

気軽にエントリーできる場所の1つが

勇払マリーナを拠点とする苫小牧沖。

落として巻くだけのタイラバなら

一尾へのハードルはさらに低い。

 

●いーとーまきの沖釣り入門

沖釣りビギナーが遊漁船に乗って

さまざまなターゲットに挑戦する隔月連載。

今回は青森県で日本一の漁獲を誇り、

ブランド魚として名高いウスメバルを

函館沖でねらいます。

P067-071-3_edited-1_007 

















●オフショア・サクラマス釣り考察

岸からも船からも大人気のサクラマス釣り。

近年はジギングも注目を集めるが、

ジグだけでなくマスシャクリと三角バケを

状況などに応じて使い分けながら、

毎年、好釣果を出しているベテランが

沖釣りビギナーでも分かりやすい

釣るためのコツをアドバイス。

P072-074-1_edited-1_004_008 

















●ジグヘッドリグとハードルアーの戦略

近年のロックフィッシュ・シーンは

さまざまなリグが注目を集めるが、

最も一般的なジグヘッドリグや

ハードルアーは少し存在感が薄い……。

それらを積極的にローテーションし、

数々の大会で上位入賞を果たしている

玉川正人さんのスタイルを拝見。

P075-079-2_009 


















MyFavorite Fly Tying

山林時夫さんが実績ミッジ2本の巻き方を紹介。

 

●今月ココでゲッツ!

・留萌エリア×ニシン×サビキ釣り

・石狩エリア×コマイ×投げ釣り

・胆振エリア×チカ×サビキ釣り

・檜山エリア×海サクラ×ルアーフィッシング

・渡島エリア×カジカ×ルアーフィッシング

 

●愛車で安眠♪

ヴェゼル ハイブリッド(ホンダ)

 

●青物最前線onRock Shore

ダイビングペンシルの使い方

 

●「人食い羆」事故現場を歩く

苫前三毛別ヒグマ事件

 

今号もよろしくお願い申し上げます。

 



northanglers at 08:49|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月10日

最新号の特集は「大鱒を釣りたい!」

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

特集は

「記憶に残る一尾を求めて

大鱒を釣りたい!」

以下では、内容の一部を紹介します。

p012-013_edited-3_005 

















●音のない世界で釣る猿払イトウ

イトウの聖地として道内はもちろん

道外からも多くのアングラーが訪れる猿払川。

素晴らしいネイティブは確かにいるが、

一尾に出会うのは容易ではないのも事実。

そんななか、よく釣っていると評判の

ベテラン・フライフィッシャーに密着した。

P014-017-1_edited-2_001 

















●モンスターブラウンを誘う戦術

支笏湖では晩秋から初冬、

水温が10℃前後に下がると

大型のブラウントラウトが岸寄りするようだ。

119日、その厳つい顔を見たい一心で

ポロピナイ野営場の東側に広がるサーフへ。

読みは当たり、ロッドが絞り込まれた。

 

●冬の洞爺湖フライで釣るキーワード

121日に解禁を迎えた洞爺湖は、

フライでねらうなら今がチャンス。

昨シーズンの解禁日、

3尾の良型ニジマスをキャッチした、

登別市の伊藤伸浩さんに、

一尾に出会うためのコツをうかがった。

P020-021_edited-1_002 

















●朱鞠内湖のイトウ専用ライン

遊漁規則に基づくルールのもと、

誰もが希少なイトウ釣りを楽しめる、

道北・幌加内町の朱鞠内湖。

この湖のイトウのために、

杉坂隆久さんがテストを繰り返した専用ラインが、

このほどSA社から発売される。

 

●淡水はナイロン!

ビッグワンと繋がるライン選びは

四季を問わずに重要だが、

すべてが凍る北海道の真冬は

特に気を遣いたいタックル。

凍結が避けられない淡水では

ナイロンラインが心強い。

 

●“ロングループ・シングルフック”のすすめ

スプーンやジグなどのメタルルアーに

シングルフックを装着する方は多いが、

ループの長さはどれくらいだろうか?

魚の活性が低い河川や湖だけでなく

これから盛期の海アメ&海サクラにも

有効なフックシステムを紹介。

P026-030-1_edited-1_003 

















今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 16:04|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月04日

磯ロックで良型ソイ連発!

twitterでつぶやく

12月に入り昨日まで天気がよかったので、

ずっと釣り場に出ていました。

昨日は本誌ライターの小林くんと

大型ソイを求めて磯にGO!

 

風も波もバッチリという好条件に恵まれ、

40分ほど汗だくになりながら歩き、

途中、難所もクリアして

目的の場所にたどり着くと……

カタクチイワシが打ち上げられ

ルアーの届く範囲にトリヤマが。

 

「めちゃめちゃ釣れそうじゃないですか」。

そう言い、小林くんは鼻息を荒くしてキャスト。

そして一投目、最初のフォール中に「きました!」。

ヘビーなロックフィッシュ専用ロッドが

ぐいぐいと引き込まれ、

姿を現わしたのは40儺蕕離ロソイでした。

_DSC4791 

























しかし、この一尾は序章に過ぎず、

その後マゾイやシマゾイも混じりながら

40儺蕕離愁の爐連発。

ワームだけでなくジグでもよく釣れました。

_DSC4844 

















_DSC5145
















私もロッドを借りてちょっと釣りをすると

シマゾイとマゾイ、それに自己記録更新となる

54僂離▲ぅ淵瓩釣れちゃいました〜。

_DSC5233 

















帰りは足取り軽く、と言いたいところですが、

転倒して肘を強打し、歳を感じました(笑)。

明日からしばらく雪予報で

もう磯に立つのは厳しそうですが、

磯ロックの爆発力を久しぶりに実感した一日でした。

当日の釣りや磯ロックの装備などは

いずれ誌面で紹介いたします。



northanglers at 17:17|PermalinkComments(0)clip!

2018年11月27日

ロックフィッシュ&ワカサギ!!

twitterでつぶやく

1124日、岩手県で開催されたウエルエフ主催

「パワーオーシャンカップ」の頂上決戦

SUPERROCK FISH 2018」において

北海道から参戦した本誌でおなじみのアングラー、

苫小牧市の三上顕太さんが見事優勝!

さすが〜、おめでとうございます!

CS_272 



















その三上さんが大型アイナメの攻略法を

詳しく紹介しているのが

『ロックフィッシュ地獄2018-2019』。

北海道でも人気のムックですが、

今回の特集は「メバルプラッギング」。

道央や道南はアイナメのほか、

これからエゾメバルも熱い時季に入ります。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

先日、札幌市内の釣具店にお邪魔すると

店員さんが氷上釣りコーナーを作っていました。

今冬は本当に雪が少ないとはいえ、

そろそろワカサギの準備を始めましょう。

人気アイテムは本格シーズンに入ると

品薄になる心配もありますし。

店員さんの熱い説明を聞いているうち、

私はつい、最新の電動リールと穂先、

それに仕掛けまで買ってしまいました(笑)。

CS_270 



















ワカサギフリーク必読書

『なるほど!THEワカサギ大全』の最新刊も発売中。

今季要注目のタックルやメソッドなど

釣れる内容盛りだくさんです。

今回、北海道関連の記事は、道央の人気釣り場、

茨戸川と砂川遊水地の釣行リポート。

そのほか、後半の仕掛けの解説も

とても勉強になります。

 

あ〜、冬ですね。



northanglers at 16:41|PermalinkComments(0)clip!

2018年11月21日

函館沖とお土産

twitterでつぶやく

今朝、外を見ると雪景色。

いよいよ冬が来ましたね〜。

 

沖釣りでねらうソイ・メバル類は

寒さが増すほどに旨さが際立ちます。

というわけで隔月連載

「いーとーまきの沖釣り入門」の取材で

函館沖に浮かんできました。

今回お世話になったのは

湯川漁港から出港する「彩貴丸」。

_DSC3899 

















本命は津軽海峡ならではの魚種で

鮮やかな体色が目をひくウスメバル。

道内でねらう根魚は地味な体色が多いなか、

異色の存在ですね。

 

スタート直後からアタリが続出し、

好釣果に恵まれました!

とにかくメバル類は目が可愛い。

_DSC3769 



























刺身も焼きも激ウマでした。
_DSC4193
















先日の社員研修から

旅先でお土産を買う喜びを知り、

取材前後にあちこち立ち寄り。

写真は道央自動車道の八雲PAに隣接している

噴火湾パノラマパーク内の

八雲町情報交流物産館で購入した物。

P67-71-19 

















春、道南日本海の海サクラ取材時

楽しみにしているのが、

乙部町の「嶋」というラーメン店で、

塩とんこつを食べること。

近年、お邪魔する機会がないのですが、

何と! それが売っていました。

これは私的に大発見。

ほかにも、初めて目にする

熊石の海洋深層水を用いたビールもあり、

かなりワクワクしました。

また、私の好物のひとつである

釧路産サバを使った水煮缶もゲット。

これ以外のお土産については

次号の誌面をご覧ください(笑)。



northanglers at 18:59|PermalinkComments(0)clip!

2018年11月09日

NA最新号の特集!

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

特集1

「トラウト&ロックフィッシュ

初冬の注目メソッド」。

特集2

「美味な魚が待っている

オフショア最終盤」。

以下では、内容の一部を紹介します。

 

●初冬もトップトラウト!

水温が低くなる11月以降の川では、

底を探る釣りをメインにする人が多いだろう。

そんななか、齊藤さんは水面にこだわり

ボリューム満点のユニークなルアーを使って

素晴らしい釣果を叩き出している。

その興味深いメソッドを聞いた。

P012-016-1_edited-1 

















●ダム湖をMDで攻略!

台風が来ても影響が少ない湖は

休日が決まっている人にとって

とても頼りになるフィールド。

10~11月は道内各地の湖が盛り上がるが、

春シーズンに過去20年ほどの間で

最大とみられる115僂離ぅ肇Δあがった

朱鞠内湖に行きたいと編集スタッフK

秋シーズンが開幕した頃、男2人で北上。

 

●湿原河川の釣り方

例年11月から道東の湿原河川が

アメマス釣りの盛期を迎える。

ここでは愛好者の意見をもとに

アプローチからタクティクス、

そしてタックルまでおさらい。

 

●フユシャクガと小春日和

そろそろドライフライは終わりかな。

11月になると、そう考える人が少なくないはず。

しかし、京極町の吉田一哉さんは、

12月中旬までライズを追う。

キーワードはフユシャクガ。

P022-025-1_edited-1 

















●プランクトン系という新機軸

港のライトゲームが楽しい時季になったが、

「ちょっとマンネリ気味で……」という方は

新しいパターンを試してみてはいかが?

注目の新製品にスポットを当て、

その有効性や使い方を紹介したい。

P026-029-1_edited-1 

















●モモ、知床沖を釣る

101日、ダイワが2月から募集していた

「スーパーフレッシュアングラー(SFA)」の

新メンバーを発表。

北海道から選ばれたのは

以前本誌にご登場いただいたことのある

小清水町の千葉百々絵(ももか)さん。

秋晴れに恵まれた10月中旬、

百々絵さんと知床沖に浮かんだ。

 

●磯と港のアイナメ戦略

アイナメは通年ねらえる魚だが、

良型が浅場に入る晩秋から初冬は、

陸っぱりが特に熱い時季だ。

札幌市の若井章弘さんの実釣から、

有効なタクティクスを探りたい。

 

●津軽海峡ディープジギング

釧路から片道600劼鯀っても

11~12月、行きたいと心底思うのが

戸井を中心とした津軽海峡。

10年以上の釣行実績から

釣果を上げるポイントや、

当エリアの可能性を紹介。

P072-075-1_edited-1 

















●大鰤と真剣勝負!

螢咼奪哀ーシャンの主催により

今年も能取沖でブリジギングの大会が開催。

食いが渋い状況は前評判どおりだったが、

船上も陸上も大いに盛り上がった。

当日の模様をリポート。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!



northanglers at 19:30|PermalinkComments(0)clip!

2018年11月08日

社員研修in気仙沼(2日目)

twitterでつぶやく

社員研修2日目は

気仙沼大島周辺を舞台に

アイナメ・ソイを対象にした

ロックフィッシュ釣り大会。

1艇に56名が乗船し、

4艇によるチーム戦で

3尾の全長で勝敗を決定します。

ボートからのキャスティングで

主に磯周りをねらうスタイルです。

PB030115

 

















実釣前に地元エキスパート

佐々木俊さんから釣り方のレクチャー。

リグはビフテキとテキサスを使います。

PB030102

























ポイントの水深は515m。

船長さんによるとロックフィッシュのほか、

大型のヒラメも期待できるとか。

しばらく釣りをしていると

深場は小型のアイナメが多く、

良型は浅場に付いていることが分かり、

皆でシャローエリアを丹念に探ります。

PB030123


















すると、40僖▲奪廚離▲ぅ淵瓩連発!

PB030119 

























PB030121
























ワームは北海道でも実績が高い

カーリーテール系やグラブがメイン。

カラーもレッドやオレンジなど

北海道で有効なカラーが当たりました。

場所が違ってもヒットパターンはほぼ同じ。

フィールドの雰囲気などは

室蘭のボートロックに近い印象を受けました。

 

私も何とか終了間際に40僖▲奪廚鬟ャッチ。

我がチームが計測した魚はすべてアイナメで

3尾の全長は424141124

優勝はアイナメの最大魚43僂鵬辰

ベッコウゾイ44僂鬟殴奪箸靴

姉妹誌『ルアーパラダイス九州』編集長が率いる

チームに譲りましたが、

天気にも恵まれとても楽しい釣りになりました。

PB030132 

























気仙沼、サイコー!

また来たいです。

 



northanglers at 19:07|PermalinkComments(0)clip!

2018年11月05日

社員研修in気仙沼(1日目)

twitterでつぶやく

1123日は弊社の社員研修でした。

今年は復興支援とアイナメ釣り講習のため、

宮城県は気仙沼市に行ってきました。

1541404809986 












札幌チームは本社組と合流後、

腹が減っては戦は出来ぬと

まずは、かき小屋「唐桑番屋」へ。

1541404811151 












くぅ〜!

厚岸も最高ですが、

気仙沼のかきもめちゃ旨。

久々に大好物を腹いっぱい堪能しました。

1541404104521 












中サイズ15個で1,500円という

良心的な値段も◎。超オススメです。

 

次にお邪魔したのは、

1850年創業の漁具屋「アサヤ蝓廖

1541404102295 












釣りと密接に関わる漁業や漁具については、

釣り人もぜひ知っておきたいもの。

気になる釣りバリも展示されていました。

1541404103248 












特に弊社社員が熱い視線を送っていたのは

とても使い勝手がよさそうな「特製 貞義」。

1541404101258 













その後は、語り部さんが同行し、

市内の各震災地を訪れました。

 

宿泊は港からほど近い、

「サンマリン気仙沼ホテル観洋」。

塩分濃度の高い天然温泉で疲れを癒した後は

恒例の宴会に突入。

当地の名産・ふかひれなどに舌鼓を打ち

食べて、飲んで、写真を撮るのを忘れました……。

釣りの模様はあらためて。



northanglers at 17:38|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月11日

最新号の特集!

twitterでつぶやく

好評発売中の最新号

特集1

「トラウト・サーモン・ブリ

秋の大モノねらい」

特集2

「安全&快適に釣る!

夜長のナイトゲーム」です。

P012-013_edited-2
















以下では、内容の一部を紹介します。


●秋の本流はスローダウン

高活性の魚を求めて

一日に何キロも釣り上がる

渓流域のシーズンがひと段落すると

福士知之さんは水量豊富な本流を釣る。

そこで意識したい釣りスタイル、

ルアーローテーションを紹介。

P014-017-1_edited-1 

















●シンキングディープの底力

水温が低い秋の渓流では

底層を意識した釣りを展開することが多い。

そんな場面で有効なルアーとは?

定番のヘビーシンキングミノーもよいが、

もっと適したルアーがある。

美麗なニジマスがそれを証明してくれた。


●広がるライトスカジット

道内にも愛好者が多いスカジットスタイルで、

近年、ライトタックルを意識したラインが充実。

中規模河川が多い道内において、

有力タクティクスのひとつとして定着しつつある。

P024-028-1_edited-1 


















●食い渋るサケはドリフトで

前年比約180%という来遊数予報どおり、

89月はサケが好調に釣れていた。

今年はファン待望の当たり年のようだ。

ここでは来る後半戦に向けて、

毎シーズン好釣果を上げている

渡邉雅俊さんのタックルと釣り方を紹介。

 

●積丹ブリジギング

ここ数年の流れとは全く異なった

今シーズンのブリジギング。

しかし、7月からは連日好調が伝えられ

この秋は超大ものが出そうな雰囲気だ。

札幌市東区『MEGAFISH』スタッフで

遊漁船『REDMOON』船長が、

シーズン初期を振り返り、

価値ある一尾を手にするための

戦略をアドバイス。

 

●湖のトラウトルアー入門

10月に入ると各地の湖が秋のハイシーズンを迎える。

ここでは、湖好きのアングラーの意見をもとに

ルアーで釣果を上げる方法を考えたい。


●ラインが輝いて見える!

ナイトゲームで欠かせないアイテムは

何といってもヘッドライトだが、

サンラインから画期的な商品が登場した。

その名は『ナイトサラウンドビジョン(NSV)』。

何と、光を当てるとラインが輝いて見えるという。

老眼が進んで夜釣りでラインの結束が覚束ない

ライトマニアを自称する筆者にとって、

救世主のようなライトだ!

P068-070-1 


















●食べやすくて美味しい?チェリーリグ

NorthAngler’s COLLECTION

『根魚北海道』や本誌バックナンバーで、

ボトムまで届くハチガラへの深い愛と

濃い釣り方を綴っている北條さんは近年、

チェリーリグを多用するようになり

劇的に釣果が上がったという。

グルメな大ものを虜にする理由と作り方まで。

 

●ライト、これ使ってます!

本誌でご活躍いただいているアングラーに

愛用ライト、それを使う理由、ライト選びの基準や工夫
秋にライトを使用する釣りで特に楽しんでいるジャンル、
この4点について答えていただいた。ライト選びの参考に。

●釣り好き研究者に訊くソイの生態
夜釣りの主役といえば、昔も今もソイ類。
クロソイの放流数は年々減っているとはいえ、
室蘭市の栽培水産試験場では
マゾイの種苗生産、放流技術開発に力を入れている。
同試験場栽培技術部の研究主幹・高畠信一さんは
普段から魚と接しているだけでなく、大の釣り好き。
興味深いソイの生態や見分け方などをうかがった。
P080-083-1

















今号もよろしくお願いします!
 


northanglers at 16:54|PermalinkComments(0)clip!

2018年10月09日

サバジギング!

twitterでつぶやく

本誌前々号の『船ルアー愛実らせます!』では

道内で流行の兆しを見せている

スーパーライトジギングにスポットを当てました。

そのときはロックフィッシュを釣りましたが、

昨日は“缶詰”が大ブレイク中の

サバをねらいました。

01 

















トリヤマを探してキャストするのですが、

開始早々から矢野愛実さんのロッドが絞り込まれます。

サバといえば堤防釣りでおなじみの

25僂らいの魚体をイメージする方が多いでしょうが、

沖のアベレージサイズは3040

このサイズになると本当によく引き、

スーパーライトジギングの好敵手です。

_DSC2514 

















今回お世話になったのは

室蘭港から出船する『エルム后戞

ちなみに同船での最大は48僂箸。

今シーズンは状況がいいようなので

皆さんもチャレンジしてはいかがでしょうか。

 



northanglers at 17:20|PermalinkComments(0)clip!