2019年06月10日

165号の特集は「美鱒のご馳走」

お陰様でご好評いただいている最新号、

以下では、特集記事を紹介いたします。

p01表紙_131 

























●クリアはいかが?

バスやソルトの世界において

クリア系は普通に見られるカラーだが、

なぜか、トラウト用ルアーには少ない。

しかし、道内の渓流や湖、海を見ると

透明感のある捕食対象は意外に多い。

クリア系ルアーが効くシーンを考えてみる。

 

●地元アングラーの手の内

近年、ワカサギの出現により、

釣り方が変化したと語られている屈斜路湖。

現在はどんなパターンが効くのか? 

最新事情を地元アングラーが紹介。

 

●オホーツク河川のルアーローテ

中規模クラスの河川が多く流れるオホーツクエリア。

そこをメインフィールドにする三浦新嗣さんに、

おすすめルアーローテーションを紹介していただいた。

今季はバイブレーションの出番が増えている。

P028-031-1_edited-2_130 

















●ペンシルベイトの引力

“ペンシル=鉛筆”からも分かるように

リップやペラなどが付属しないペンシルベイト。

形状はとてもシンプルだが、

それだけにアングラーの技量が試される。

ペンシルベイトの奥深さに魅せられた、

福士知之さんにインタビュー。

P036-039-1_edited-2_128 

















●渓で効くノイジーの使い方

ナマズ釣りの定番ルアーとして知られる

騒がしいノイジー系プラグを、

渓流のトラウトに使ったら、どうだろう。

当初、懸念していた要素はプラスにはたらき、

その効果は想像以上だった。具体的なメソッドとは?

P032-035-1_edited-2_129 

















●新作トップ
COLLECTION

32ページからトップウオーターの実釣記事を掲載しているが、

ここでは今季発売されたトラウト向けのトップ系プラグを紹介。

セミルアーを中心にそれぞれの特徴、効果的な使い方、

開発コンセプトなどについてまとめた。

 

今号もよろしくお願い申し上げます。

 



northanglers at 11:50|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月21日

最新号の注目記事

お陰様でご好評いただいている

モンスターブラウンが表紙を飾る最新号。

以下では、特集以外の注目記事を紹介します。

 
●船ルアー愛実らせます!

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが

道内各地のオフショアのステージを

ルアーフィッシングで挑戦する連載。

今回の舞台は積丹沖。

今季好調なサクラマスを本命にしつつ、

多彩なターゲットをライトジギングで攻略!

P067-071-1_112 

























●新作トラウトルアー・コレクション

今年のトラウトフィッシングは春の訪れが早かったせいか、

シーズン序盤から好調の便りが聞かれる。

各地で大ものがキャッチされるなど、

すでに活況を呈しているが、

間もなく迎える最盛期に向け、

各社の新製品をチェック。ミノー、スプーン、スピナーを中心に、

川、湖に適した最新アイテムを紹介。


●函館港は遠投で釣る!

道南の人気フィールドのひとつ、

函館港でシーズン初期から

パワフルなアイナメが釣れている。

広大な函館港は攻略するのが難しいが、

大会上位常連の地元アングラーは

どうねらっているのか?

その興味深いスタイルを拝見。

P072-076-1_113 

















●苫西のボートロック

苫小牧のボートロックは爆釣のイメージがあるが、

シーズン初期はさすがに魚の活性が低い。

しかし、大会に参加するロックフリークにとって、

「難しい状況ほどスキルアップに最適」という。

4月中旬、2.7℃という低水温のなか、

西港の沖堤周りを、腕利きたちはどう釣ったか。

P077-079-1_114 

























●大型鮭鱒×両軸

近年、渓流のトラウトシーンで

ベイトフィネスが注目されるが、

大きな魚を相手にするときこそ、

ベイト本来の持ち味が活きる。

ショアの海サクラや海アメ、

本流トラウトにも使ってみては?


そのほか、フライタイイング連載『夢見る一尾への一本』は、

イトウねらいのParahucho Streamerを解説。

『気になるギア』は、全アングラー必見の防水バッグ。

『青物最前線』は、ジグのフックセレクトについて。

最終回を迎えた『人食い羆事故現場を歩く』では、

風不死岳ヒグマ事件を取り上げています。

P092-093_115 


















今号もよろしくお願いいたします。



northanglers at 07:53|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月17日

ビッグカレイをねらえ!

今春はサクラマスに混じり、

早くからヒラメも釣れていますが、

ヒラメと同じフラットフィッシュ

カレイ類も好調です。

先日は船カレイ釣りのメッカ、

浜厚真沖に行ってきました。

02_096 

















詳しくは来月発売号で紹介しますが、

今春のマガレイは型がよく、数も出ています。

そして時折、良型のソウハチが回遊してくるようで

今回、お世話になった『たか丸』の船長さんは

仕掛けに「サビキバリを23本付けるといいですよ」と。

そのアドバイスに従いました。

 

実釣終盤、いーとーまきが

船酔いでダウンしたタイミングで私と選手交代。

すると、サビキバリに食い付いてきたのは

自己記録となる46僂離愁Ε魯舛任靴拭

20_097 

















帰港後、いーとーまきに持ってもらいました。

刺身がとても旨かったです。

_DSC9091_098 

















カレイ釣りはライトタックルで

手軽に楽しめるのがいいですね。

この日、「釣りをするのは始めて」という

女性アングラーさんが乗船していましたが、

見事に釣って喜んでいました。

皆さんもいかがですか?



northanglers at 19:47|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月09日

最新号の特集は「トラウトリバー&レイクに行こう」

p014-015_edited-1_091
















90アップの巨大ブラウンが表紙を飾る
今号の特集
1

「トラウトリバー&レイクに行こう」。

以下では、記事の一部を紹介いたします。

P016-019-1_edited-2_092 

















◎ブラウン
91

洞爺湖の冬季解禁期間の終盤、

刺激的な情報が飛び込んできた。

素晴らしいコンディションの

90僖ーバーのブラウンは、

支笏湖でもめったにお目に掛かれないド迫力。

見事手にした大学生、臾捷太郎さんに、

当日の模様をうかがった。

 P020-024-1_edited-2_093

















◎川もダイイングルアーは効く!

瀕死のワカサギをイメージした

ルアー&フライの効果は

阿寒湖などの止水で実証されているが、

河川でも試す価値は充分だ。

しかし、使い方は止水と異なる。

エキサイティングなヒットシーンを

目の当たりにしたイトウ釣りをとおし、

有効なメソッドを考えてみる。

 

◎十勝川、今春は好調!

2016年秋の大型台風以後、

十勝川の本流アメマスは不調が続いていたが、

今年は釣果情報が多く、グッドサイズも目立つ。

良型を何尾も釣っているアングラーに

今春の状況を振り返っていただいた。

 

◎高校生のアメマス便り

今春は道東の各地から

アメマス好調の便りが届く。

地元で知られた釣り好き少年、

別海町の高校3年生、日吉陸翔君は

今年2尾の大ものアメマスをキャッチ。

その日を振り返ってもらう。

P030-033-1_edited-2_094 

















◎かなやま湖のイトウは今

南富良野町に位置するかなやま湖、

およびその上流の空知川は、

貴重なイトウ個体群の生息地として知られている。

国内では画期的な、イトウ保護のための町条例が施行され、

釣り人にとって見逃せないフィールドのひとつ。

同町は20168月の台風で甚大な被害を受けたが、

その後、川や湖、そしてイトウの現状は?

 

◎春、朱鞠内湖のキーワード

数、サイズとも上向きと語られる朱鞠内湖のイトウ。

56月はベイトが岸寄りし、最も期待できるシーズン。

しかし状況は刻々と変化し、釣り人も増えていることから、

近年、釣果の差が広がりつつある。

対処するキーワードとは?

 

15年目を迎えたグレートフィッシング然別湖

然別湖の固有種、ミヤベイワナ。

宝石にたとえられる美しい魚に出会える

特別解禁『グレートフィッシング然別湖』が

今年で15年の節目を迎え、

各種イベントが実施される。

 

今号もよろしくお願いいたします!



northanglers at 17:55|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月09日

今号は海サクラ特集!

p016-017_edited-1_085
















今号の特集は「海サクラ祭り 再び」。
いよいよ道南日本海は
最盛期に突入しましたね〜。

以下では、記事の一部を紹介いたします。

 

◎ロングミノーのハイアピール

ちょっと大きいかな。

最初はそんなふうに思うかもしれないが、

170亠蕕離蹈鵐哀潺痢爾快進撃を見せている。

取材時の釣果は20尾を超えた。

なぜ効くのか?

より効果的な使い方とは?

P018-021-1_edited-1_086 

















◎カブトラインは5月に満開

海サクラは道南ばかりじゃない。

昨年は道央日本海も爆発的に釣れ、

札幌近郊のフィールドも

連日アングラーが並んだ。

特に注目すべきは積丹半島。

3月上旬、大型の実績が高く、

景色も素晴らしい西積丹を釣った。

P022-023_edited-1_087 

















7人のショアサクラ戦略

・人の少ないゴロタ場で遠投 解説=二橋翔大

・ルアーのタイプでローテーション 解説=北島正貴

・強弱をつけたタダ巻きが有効 解説=佐藤博之

・ルアーがしっかり泳ぐスピードで 解説=蒔田和稔

・軽量メタルで手前をじっくり 解説=長谷部吉彦

・サケ稚魚と小ニシンに着目 解説=千葉栄治

・春磯を軽快にラン&ガン 解説=小林亮

 

◎積丹沖も絶好調!

例年ゴールデンウィーク頃まで、

積丹沖では船のサクラマス釣りも盛り上がる。

近年は従来のバケやマスシャクリだけでなく、

ジギングで挑戦する人も増えている。

いろいろな釣り方が混在した

3月中旬の模様を紹介。

 

今号もよろしくお願いいたします!

 



northanglers at 08:28|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月01日

良型サクラ連発!

最近、少し停滞気味だった

日本海のサクラマス釣りですが、

土日は沖で、岸で、

けっこう釣れましたね!

いよいよ本格シーズンのスタートです。

 

編集部は『船ルアー愛実らせます!』の取材で

積丹沖に浮かんできました。

早朝はかなり冷え込みましたが、

絶景を間近に見ながらのジギングは最高の気分。

03_078 

















サクラマス以外の魚影も多く、

ジグを底に落とすとすぐ

マダラやソイ類が反応するので

アタリダナを集中的に探ります。

と、矢野愛実さんに60アップがヒット!

02_079
















釣れれば60アップの良型ばかりで、
私も釣りがしたくてたまりませんでした……。
ベイトは大・中・小のイカナゴのよう。

15_080
















釣り方など詳しくは

5月発売号をご覧ください。

 

これからは5團▲奪廚

超大ものが期待できる季節。

冬眠していた方も、

そろそろ始動しませんか?

 



northanglers at 16:44|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月21日

ソウハチも好調!

前号『いーとーまきの沖釣り入門』では

室蘭から出港する遊漁船『エルム后戮望茲蝓

サクラマス釣りを楽しみました。

 

胆振海域の『さくらます船釣りライセンス制』は

315日で終了しましたが、

お世話になったベテラン船長いわく

「こんなに好調だった年はない」とのこと。

 

先日、フェイスブックページで

積丹沖のサクラマス釣りをアップしましたが、

後志海域もよく釣れています。

さて、サクラマス釣りがひと段落した室蘭沖は

今後はソウハチが面白い時季。

先週、いーとーまきと行ってきました。

P67-71-06_075 

















いきなり船中最大となる

37僂領彪燭鬟ャッチ!

 

ソウハチ釣りは多点掛けをねらい

基本的には待つ釣り。

のんびり派のいーとーまきにはピッタリらしく

終始、笑顔で楽しんでいました。

P67-71-03_077 

















7
本バリ仕掛けに鈴なり。

今季の室蘭はソウハチも好調です。

P67-71-09_076
























詳しくは来月発売号をご覧ください。



northanglers at 17:58|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月04日

まだ楽しめる道北の聖地へ

昨日は今季最後のワカサギ釣りで

道北の朱鞠内湖へ。

気温高めの日曜とあり、

大勢の釣り人でにぎわっていました。

_DSC1279_065 

















朱鞠内湖を擁する幌加内町は昨冬

積雪記録を更新して話題になりましたが、

今冬はかなり少ないようで

管理棟に続く道の路面も出ていました。

 

昨秋にトラウトフィッシングで訪れた際、

カメラ下と呼ばれる場所で

ワカサギの魚影を多く見たので、

今回は迷うことなくそのポイントへ。

水深は7mほど。

テントから少し離れた場所に

マスねらいのサオもだしました。

_DSC1381_067 

















シーズン最終盤というのに

電動ドリルを購入してヤル気まんまん。

しかし、想像以上に氷が厚く

最終的にはレンタルの突き棒を使い

穴を開けました(笑)。

各ポイントにレンタルのアイスドリルと
突き棒が置いてあるので、
トラブルがあっても安心です。
 

また、土日祝日は管理棟で

そばやラーメン、カレーをいただけるほか、

至近のホテル『レークハウスしゅまりない』では、

こんなセールも。

私は鱒好きにはたまらない

コースターをお土産に買いました。

ますます酒が美味しくなりそう♪

_DSC1295_066 

















_DSC1499_070
















同行者によるとアタリダナは35mで、

200尾超の釣果。

残念ながらマスは一度アタリがあったのですが、

外れてしまいました。

_DSC1491_069 

















朱鞠内湖のワカサギシーズンは全道で一番長く

410日まで(ただ、氷の状況しだい)。

今度の日曜は大会が開催されるそうなので、

ワカサギフリークはもちろん、

ビギナーさんも訪れてみてはいかが?

_DSC1423_068 



northanglers at 14:06|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月18日

最新号の注目記事

お陰様でご好評いただいている最新号。

以下では、特集以外の記事を紹介いたします。

 

●サクラマスそこが知りたい!

昨シーズンの海サクラシーンは、

これまでにない大ものラッシュに沸いたが、

その要因は何だったのか?

回遊経路や漁獲量、放流数など

誰もが気になる疑問に加え、

今さら聞けないサクラマスの生態や

資源量の推移などを専門家に伺った。

P034-037-1_edited-1_062 

















●“ホッキング”に行こう

昨年辺りから再び好調の便りが多くなり、

ホッケのルアーフィッシング

“ホッキング”を楽しむ人が増えている。

ワームやジグという定番ルアーだけでなく、

さまざまなタイプで釣れるのも魅力だ。

 

●クランクの底力を魅せる

昨年122日、北斗市のショップ

『インパクト』主催により

ハードルアーとワームの2ラウンド制で

カジカ釣りを楽しむ

『カジカップ』が行なわれた。

今回、本誌が注目したのはハードルアー、

なかでもクランクベイトによる戦略。

カジカ以外にも試したいチューンとは?

P040-041_058 


















●潮と魚の動き

釣果情報を頼りに釣行する人が多いが、

海釣りは潮が釣果を大きく左右する。

ここでは3人のアングラーが

得意ジャンルの釣りと潮、魚の関係を解説。

 

●鱒釣りとリール事情

規格外のビッグトラウト、

すべてが凍り付く厳寒期。

そんな北海道というフィールドは

タックルに求められる要素が

本州と異なることも少なくない。

スピニングリールの場合はどうか。

釣具店スタッフが解説。

P056-059-1_edited-1_063 

















●話題のビッグワームで実釣

小さいワームでネチネチと……。

それが低水温期の基本的な釣り方だが、

大型アイナメに的を絞るのであれば

ビッグワームはとても頼りになる存在。

本州で話題のアイテムを携え、

室蘭の遊漁船で試してみた。

P067-071-2_059 


















●先進電動タックルの活用法

道内でも定番になった電動リールが、

最もその持ち味を発揮するのは

何といっても水深の深いフィールド。

帯広近郊のサホロ湖を舞台に

電動リールの興味深い使い方と、

名手の釣り方を詳しく紹介。


●海跡湖・塘路湖はゲストも多彩

釧路湿原に広がる塘路湖は、

太平洋から遡上する天然ワカサギもねらえ、

昔から釧路周辺の人気フィールド。

ロケーションは抜群の一語で

海だった名残を感じられるのも魅力だ。

 

●ライトジギングを始めよう

ロックフィッシュやサクラマスなど

80150g前後のジグを使う

少しライトなジギングが注目を集めている。

手頃な価格帯のタックルが充実していて、

体力的な負担も少なく、

誰でも気軽にスタートできる。

P080-082-1_061

















今号もよろしくお願いいたします。
 



northanglers at 16:56|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月13日

最新号の特集記事

お陰様でご好評いただいている最新号。

今号の特集は「狙い方が9割」。

以下では、関連する記事を紹介いたします。

p012-013_edited-4_054 

















●モンスターブラウン×ロングミノー

支笏湖で昨年1125日、

80僖▲奪廚離屮薀Ε鵐肇薀Ε箸2尾あがった。

どちらにも共通しているのは、

ルアーが140舒幣紊鯆兇┐

フローティングミノーであること。

当日の模様を振り返りながら

古くて新しいヒットパターンを紹介したい。

P014-018-1_edited-1_055 


















●スーパーレインボー×シンペン

毎年、モンスター級の大ものがあがるため、

洞爺湖の注目度が年々上がっている。

今季は解禁日が土曜というのもあってか、

例年以上にアングラーの姿が見られた。

そこで誰もが憧れる一尾を手にしたアングラーに

当日の模様を振り返っていただいた。

P019-022-2_edited-1_056 


















●ロングミノーの新機軸

海だけでなく最近は湖でも

ロングミノーは大ものを誘いだしている。

そんななか、ジャクソンから待望の

『アスリート』17僖皀妊襪登場。

その特徴や開発秘話を

同社のテスターにインタビュー。

 

●小ジグの威力

ミノーのサイズが長くなる一方で

もうひとつのショア御用達ルアー

ジグのウエイトは軽量化の流れ?

道内におけるショアジギングの草分け

札幌市の岡貞光さんはここ数年、

20g前後を多用して釣果を上げている。

 

●胆振さくらます船釣りライセンス制

隔月連載「いーとーまきの沖釣り入門」は、

室蘭港から出船してサクラマスねらい。

バケ釣りで良型がヒットしました!

P029-033-3_edited-1_057 

















今号もよろしくお願い申し上げます。

 



northanglers at 16:02|PermalinkComments(0)clip!