2009年07月17日

鱒の森 No.3

twitterでつぶやく

本日、トラウトルアーがメインの季刊誌『鱒の森』(1、4、7、11月発売)の創刊第3号ができあがります。発売は21日(道内の書店は2日遅れ)ですが、一足早く、販促用のポスターが編集部に届きました。 特集は「ミノーイング狂時代」。中身は「伊藤秀輝が答えるビギナー6の質問」■「関武次郎・本流のプラッガーへ」■「利根川のプレッシャーを超える」■「進化した渓流ULロッド」■「最先端の渓流アップストリーム」■「長良川のサツキマスをねらう」などの記事で構成されています。また、北海道ネタとしては「洞爺湖、夏サクラ解禁日記」という記事が掲載されます。お陰様で、創刊第2号は完売し、現在は店頭在庫のみ。創刊号もほとんど在庫がありません。そんな状況ですので、今号はお早めの購入をオススメします!(山沢) 鱒の森

northanglers at 10:44│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔