2009年08月26日

エンターキーの悲劇

twitterでつぶやく

「そんなに強く叩いて壊れないか?」


これまで何人もの編集者やライターを見てきた

W支社長でさえ心配するほど

自他共に認める
ものすご〜くハードタッチな僕。


原稿が終わりに近づけば近づくほど、

締め切りが近づけば近づくほど、

打つ手につい力が入ってしまう。

仕事柄、1日に入力する文字数はハンパでないので、

自分の手首も大丈夫だろうかとたまに思うが、

不思議と腱鞘炎を患ったことはない。

 

「キーボードも手首も、けっこうもつもんだな〜」

と楽観視していたら、

残すところ編集後記のみとなったところで、

5年ほど愛用していたマシンが
「バキッ
!!

と断末魔の叫びをあげて逝った……。

よりによって、最も出番が多いエンターキー。

使えなくはないが、このとおり。

 

key















リズミカルにテンポよくとはいかず、

このブログを書くのもストレスが溜まるくらい。

「エンターキーって、だいじだなぁ」

いま、つくづくそう思う。

 

愛機よ、今まで酷使してゴメン。

(平沢)



northanglers at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔