2009年11月30日

豊平川でイトウ放流

twitterでつぶやく

すでにTVでも放送されたので、
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
11月8日、豊平川の豊水大橋下流で、
『石狩川イトウの会』によるイトウの放流が行なわれました。
放流されたのは空知川水系産で約100キロ。
サイズは放流後の生存率が高い30〜60cmです。
ちなみに豊平川でのイトウの放流は今回が初めてでした。
当日は会員のほか、第2大麻幼稚園の園児たちも参加。
放流会1











子どもたちは、初めて見るイトウに興味津々といったようす。



終始なごやかムードのなか、
イトウが流れに放たれました。

でも、イトウってなにかに身を寄せるのが、
本当に好きなんですね。
放流された護岸の段差下に潜りこみ、
なかなか遠くにいきませんでした。

放流会2











TVクルーからインタビューをされる、
同会会員の大林照夫さん。


「豊平川での放流は夢だった。やったね! って感じ」
とお話していだだきました。

放流後、大林さんを始め会の方々はフライロッドを手に、
キャスティング練習で流れに立たれてらっしゃいました。
イトウのいる川での練習は、みなさん楽しそうでした。
(小林)






northanglers at 19:12│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔