2010年02月19日

鮭鱒鮃本

twitterでつぶやく

以前、当ブログでH副編集長が紹介していた別冊・鮭鱒鮃本。

 

現在、そちらの作業を進めています。

 

近年、続々と専用タックルが出てきたこともあり、

 

誌面ではそれらをドーンと紹介するカタログページを設ける予定。

 

そんなことで、あらためてソルトルアーの歴史

(特に海アメ、海サクラ)を
再確認しようと

過去のノースを読み返して勉強中。

 


海アメのミノーイングが大ブレイクしたのは2002年。

 

その年にアニバーサリーモデルとして限定発売された、

 

デュオ社の『タイドミノースリム140』が多くの釣果を残し、

 

翌年、各社からビッグミノーがリリースされ始める。

 

『ショアラインシャイナーSL-14F-G』(DAIWA)が

登場したのもこの頃。

 

それから2005年、愛用者の間で「イナゴ」と呼ばれた、

 

『タイドミノースリム175』で次々と大型がキャッチされ、

 

ロングミノーブームが訪れる、

 

ってな感じです。

 

今日はこのへんで。

(山沢)

moアブ120f



northanglers at 20:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔