2010年04月19日

『熊のことは、熊に訊け』脱稿まぢか

twitterでつぶやく

ヒグマ塾の代表である岩井基樹さんに、

単行本の書き下ろしをお願いして半年。

書いてくれた原稿は、なんと50万字。

いくら一冊といえど多すぎるので、

推敲を重ねて21万字にしていただいた。

最後の打ち合わせは、北大雪の岩井さんのお宅。

自作のログは2棟。

母屋には暖房があるが、そこは今や凜の遊び場。


家
 

 










暖房のない離れに2泊させていただき、

上下羽毛服に身を包んで原稿とにらめっこ。

この季節になっても、北大雪の夜はマイナスになる。

さらに窓はガラスではなく、ビニール張りか夏の網戸のまま。

かなり寒い。

寒いのだが、原稿を読んでいるうちに忘れてしまった。

「ヒグマと遭ったらどうするか」

毎日ヒグマを追い掛けている人が、

ある意味命懸けの現場から報告している。

読ませていただくのは3回目だが、

何回読んでも身体が熱くなる。

 

中 











なんせ風通しのよいログなので、

常に近くの瀬音がBGM

夜はトラツグミの侘びしい鳴き声と、

朝はアカゲラのドラミングが加わる。

それとなんといっても、魁と凜。

 

犬 











魁は1歳、凜はまだ2ヵ月の岩井さんの愛犬。

愛犬といっても、ただの犬ではない。

岩井さんがベアドッグに育てるために教育している、

オオカミ犬。

魁は50%、凜にいたっては95%、

オオカミの血が流れている。

でも、たまらなくかわいい。

教育上、猫かわいがりしてはいけないらしいが、

つい2頭と戯れてしまう。

魁は会う度にたくましくなって、

その筋肉はやはり普通の犬とは違う。

雪原をしなやかに走るさまは、

美しさを超えて野生だけがもつ崇高さを感じてしまう。


シカ 

 










今は無邪気な凜も魁より大きくなるというから、

岩井さんを護ってくれるにちがいない。

『熊のことは、熊に訊け』は6月には書店に並ぶ予定。

僕は勝手にシートンを超えたと思っている。

(若杉)



northanglers at 20:40│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔