2010年08月23日

モンゴル準備編1

twitterでつぶやく

突然ですが9月上旬

タイメンねらいでモンゴルへ行くことになりまして、

ここ数日は夜な夜な準備を進めています。

じつは海外取材は初めてでして、

キャスター付きの旅行バッグや

ロッドを入れるバズーカなども持っておらず、

ほとんどイチからの用意になります。

 

前出の2アイテムは最も値が張るので

ちゃんと調べてから購入しようと思い、

まだ買うのを控えていたところ

「おまえ、バッグ買った?」と昨日の朝

朱鞠内湖で開催されている

『北海道スペイキャスティング競技会』の取材に行っていた

W支社長から電話。

何でも、フリーマーケットでいいブツがあるらしく、

しかも激安だとか。

何度も海外に遠征しているW支社長がいうのだから

間違いないでしょう。

で、即決しました。



キャリーバッグ









 







バッグは新品ならウン万円するらしいシムス製。

同社の商品は帽子しか持っていないのに

いいのかな〜と思いつつも、

シックなデザインとサカナマークにやられました。

サイズは85×50センチ。

ウエーダーやウエーディングシューズ、

大型ルアーケースや着替え

それにカメラバッグまで入りそうな大容量。

ファスナーだけでなく

マグネットでカチッと閉まる仕組みで

同社らしい頑丈なつくりです。

また、中を開けてびっくり。

これまた頑丈そうなロッドケース付き。

長さは85センチあるので

僕が愛用しているパックロッドが収まります。

こちらは普段の車取材でも活躍してくれそう。

 

バズーカはおなじみのプラノ製。

今号の入稿が終わったら

これとまったく同じものを買う予定だっただけに

待っててよかった〜。

どちらも適度な使用感があって、

はたから見ると

遠征慣れしてるふうに見えるのもいいスね(笑)。



ロッドケース









 







ん、ハウマッチ?

2つ合わせて、何と5500円!!

イベントではこんな掘り出しものがあるので

皆さんも参加してみるといいですよ。

ところで今回といい

先日のカメラマンS氏といい

最近、買い物運だけはバッチリです。

Dさん、大切に使わせていただきます♪

 

モンゴルネタは準備編と実釣編

数回に渡って当ブログに掲載いたします。

もちろん、誌面でも紹介する予定です。

『北海道スペイキャスティング競技会』の模様は次号で!

(平沢)




northanglers at 15:20│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔