2010年08月27日

ネズミちゃん

twitterでつぶやく

ブログでモンゴル遠征をお伝えしましたが、

タイメンねらいの特攻ルアー&フライといえば

何といってもネズミ。

開高健さんの本『夢駆ける草原』では

リスの皮をかぶせた

モンゴルの伝統的なネズミルアーが登場。

釣りキチ三平のイトウ釣り編では

野ネズミをおそうイトウの夢を見た三平くんが

特大ネズミ型スプーンを製作。

ちなみに、それに憧れたM嬢2は

朱鞠内湖でネズミ型シャロークランクを使い

見事、65センチをゲット。

その模様をお伝えした小誌60号

『ネズミルアーでイトウ』は大反響で

イトウが生息する道内ではやはり

ネズミの注目度が高いことをあらためて感じました。

かくいう僕もネズミルアーにとても興味があり、

モンゴルにはもちろん持って行きます。

できれば自作品も試してみたいですね。

 

昨日のブログで書いたとおり

今日で次号の編集作業がひと段落する予定。

今晩は多少、早く帰れるはずなので

まずは↓のDVDでイメトレ。



ねずみ












 









ONCE IN A BLUE MOON』というタイトルで

ティーズからリリースされています。

自然界のさまざまな要因が合致したとき

ニュージーランド南部では

ハツカネズミが大量発生するらしく、

そのときにニジマスやブラウントラウトが

狂ったように捕食するんだとか。

そんな刺激的なシーンに加え

地元アングラーによるネズミフライの釣りも収録。

トラウトフリークならずとも

そそるテーマですよね。

(平沢)





northanglers at 19:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔