2010年10月14日

ハンドメイドミノー

twitterでつぶやく

つり人Y編集長がブログで

ハンドメイドミノーについてふれているので

僕も便乗して……。

 

初めて作ったのは15年ほど前。

当時、渓流のミノーイングが流行し始め、

今も名高いチップミノー、ブラウニー、初代ラピッドなど

バルサ製の小型ミノーが続々登場。

それに伴ってハンドメイド本もいくつか出版され

暇さえあれば本を片手にバルサを削っていました。

その頃のホームグラウンドは琴似発寒川で

ターゲットはヤマメ。

形状は初代ラピッドの真似をして全長は6センチ。

オモリを入れる位置や量を変えてプロトを何本も作り

川で試していました。

お世辞にも奇麗とはいえないミノーでしたが、

泳ぎさえよければ問題なく釣れたので

湖用のスリムな8センチや

ウエイトをたっぷり入れた海アメ用の10センチ以上など、

いろいろ作ってはフィールドに持っていきました。

 

大学時代に作ったミノーの大半はロストしましたが、

この前、タックルボックスを整理していると

1本だけ出てきました。

10センチの海アメ用です。


 

ハンドメ_042














アイはステンレスワイヤでなく

普通の針金だから錆び錆び、

目玉は市販の完成品でなく

キラキラシートをポンチでくり抜いたのが懐かしい。

バックのベタ塗りのカラーリングがいただけないものの

偶然にも奇麗なローリングアクションで泳ぎ

数尾の海アメが微笑んでくれました。


就職後はほとんど作っていませんが

今は周りにアドバイスしてくれる方がいっぱいいるので

いつか再開しようと思っています。

昨年の冬はジグミノーを作ろうとして

アガチス材にラフまでは書きましたが

それで力尽きました(笑)。

 

ちなみに「ざっと日刊つり人」ブログには

道内でも人気の季刊誌『鱒の森』

最新号の表紙が掲載されています。

(平沢)

 




northanglers at 18:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔