2010年12月08日

マメイカ釣り

twitterでつぶやく

月曜日は好調が伝えられる

マメイカ釣りに行ってきました。

場所は古平漁港。

着いたのは午後2時くらいでしたが、

すでに堤防には釣り人がズラリ。

今冬は日本海側各地

マメイカフィーバーに沸いていますが、

それを象徴するような光景でした。

 

途中見て回ったほかの港もそうですが、

ウキ釣りもいるものの、

餌木もしくはスッテ派が大半。

ひと昔前は圧倒的にウキ釣りが多かったのに

ここ数年ですっかり

餌木、スッテが道内に浸透しました。

その背景にあるのは手返しのよさに加え

何よりも釣れるということ。

ポツポツと釣れるウキ釣りを横目に

餌木でバンバン釣れることは珍しくありません。

 

隣で餌木を操る釣り人によると

1週間前は表層に群れるマメイカを目視できたそうですが、

この日はまったく見えないうえに群れが少なく、

アタリダナは底層。

底近くでエギスッテスリムにチョンとアクションを付けた後

フォールでヒットするパターンが多かったです。

午後5時過ぎからはアタリが途絶え

6時には納竿しました。

20パイと晩酌用は確保できたものの

ハマれば100パイ超えは普通にあるマメイカ釣り。

例年、道央圏はそろそろ終盤に差し掛かる時期ですので、

釣行をお考えの方は早めがいいと思いますよ!


いかさし





















(平沢)

 



northanglers at 11:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔