2011年03月09日

下地

twitterでつぶやく

遠投性能の高さに加え

表層でのアピール度の高さ

見た目のリアルさから

海サクラのヒットルアーに定着したジグミノー。

フリークならずとも

ケースに数種類は入っているのでは?

 

ジグミノーを選ぶ際の基準は人それぞれでしょうが、

長さ・重さ・動き・形状・カラー

これらを重視する方が多いはず。

一方、目立つのにスポットが当たらないのは

ホログラムやアルミ、ラメなど下地の貼りもの。

「何色できた?」

という会話は釣り場でよく交わされるのに、

「何の下地できた?」

という話はあまり聞かれません。

 

しかし、下地の貼りものこそ

釣り人にとって「釣れそう」と感じる輝きの主であり、

ルアーの動きにも大きく影響を及ぼす

無視できない存在。

海サクラのハイシーズンを迎える次号では、

縁の下の力持ち的な下地について

ジグミノーを例に福士知之さんが解説します。


_DSC0002_071








 






発売までしばしお待ちください!

(平沢)

 




northanglers at 16:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔