2011年07月04日

鉄とアルミのフライロッド

twitterでつぶやく

友人のYさんは日本でも有数のフライロッドコレクター。

何百のロッドの中には高級車と同額のようなレアものもあるが、

珍品といえるのはなんと鉄製のロッド。

丈夫の鉄ではなくて、

元素記号Feの正真正銘の鉄でできているフライロッド。

昔、ソ連の時代、釣りに何度か行ったときに

現地ガイドは鉄製のルアーロッドを使っていた。

それはいかにも鉄鉄していて笑ってしまったが、

これは変則3ピースの6番で、

言われてみないと鉄とはわからない立派なもの。


_7028601







写真上のロッドはアルミ製で、

その軽さとアクションには驚いてしまった。

どちらもアメリカ製。

1950年代にはけっこう作られたらしい。

鉄製のほうでは、

北海道のワイルドニジマスの45cmまでランディングしたとか。

特に感心したのはガイドの取り付けが溶接だから、

緩むことが絶対にないということ。

でも手入れを怠ると錆ちゃうでしょう。

(若杉)



northanglers at 18:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔