2011年07月28日

烏出没注意

twitterでつぶやく

ka



















いた!

 

毎年38月の通勤時は周りに注意を払って歩きます。

イカを漢字で書くと現れるカラス(烏)の繁殖期間で、

背後から頭をついばもうとするかのように飛んで来たり、

糞を落としたりと時々威嚇されるからです。

当たり前ですが魚がルアーをついばむのとはわけが違い、

厳つく尖ったくちばしは稀ながらも、

ケガをする人もいるほどけっこう危いんです。

 

巣に接近してくる子どもや女性などの弱者と、

頭に光って目立つものがあるとターゲットになりやすいとか。

あまりに危険だと巣を撤去する場合もあるようですが、

自らできる対処法で身を守り共存しています。

巣を遠ざけて歩いたり、

キャップやフード付きの上着で頭を覆う、

目を逸らさず毅然とした強さを見せて隙をつくらないなど。

私は読書しながら歩いているときに多くやられるので、

特に気をつけています。

でも、妹は髪を数回引っ張られたことがあるし、

父も視線をよく感じるそうで普段キャップを被っています……。

 

伊藤家には代々、カラスを惹きつける何かがある?

(M嬢2)

 



northanglers at 10:56│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔