2012年02月21日

銘酒会

twitterでつぶやく

明治15年創業で増毛(ましけ)にある日本最北の酒蔵

「国稀(くにまれ)」が協賛する銘酒会に行ってきました。




_DSC1320_01














 

この会はもともと白石区に住む経営者らによる

情報交換の場で名士会と呼ばれていましたが、

いつしかお酒を楽しむ場になり今は銘酒会と名称変更。

僕は名士でも銘酒に詳しいわけでもありませんが、

会員である義父の誘いで今回初参加。

 

暑寒別岳の清らかな伏流水を使用した国稀の日本酒

今回試飲したのは左から、

「特別純米酒」、「蔵ばしり」、「北海鬼ころし」、「北酔」。



_DSC1326_01










 





どれも素晴らしい味でしたが、

なかでも僕は「特別純米酒」が好み。

自身のブログで寿司屋でいつも飲むのが国稀と書いている

元ファイターズのダルビッシュ投手もこの酒がお気に入りとか。

 

会場は札幌第一ホテル。

料理は増毛の特産である甘エビ唐揚げ、

豚ロースの国稀酒粕付けが特に旨かった!



_DSC1319_01













 









ちなみに甘エビのほかタコ、ウニ、アワビ、ヒラメなど

海の幸がよく知られる増毛ですが、

イチゴやサクランボといった果樹も美味。

 

左は国稀酒造株式会社の取締役統括部長・野呂さん、

右が義父。

お世話になりました!



_DSC1324_01



 











増毛は近年ロックフィッシュだけでなく、

海アメ&海サクラでも注目を集めています。

国稀では酒蔵見学もできるので

釣りの後に立ち寄ってみてはいかが?

なお、昨年出版した「釣り旅北海道11-12」では

増毛・留萌・羽幌の旨いもの屋をガイド、

もちろん国稀も載っています。

(平沢)




7007






























northanglers at 13:49│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エギ満   2012年02月21日 16:04
5 鬼ころしって…キツイお酒ですか?

酒に弱い私には危険な気がします(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔