2012年07月11日

トラウトルアー別冊の中身

twitterでつぶやく

昨日で無事、作業を進めていた別冊

『トラウトルアー Handmade & Tackle』の編集が終了。




20120711134107
















 

本書はタイトル通り、

「ハンドメイド」と「タックル」が2大テーマ。

前者はフィールドでガンガン使える

実戦的ルアーの製作を詳細に解説。

ルアーのタイプは

ミノー・クランクベイト・ペンシルベイト・ジグミノー・

スピナー・スプーン・メタルジグ

トラウトシーンで活躍するタイプをほぼ網羅。

後者は「最先端のタックルバランス」と題し、

ロッド・リール・ライン・ルアー・フック・

偏光グラス・ウエーダーとシューズに着目。

一昔前に比べるとちょっと複雑になった

現代のタックルの特性をひも解き、

理想的なバランスを追求します。




P47-55-10_01














 

ウッド素材のルアーだけでなく、

「プラスチックルアーができるまで」も紹介。

海アメ&海サクラの定番『タイドミノースリム』や

川で実績を上げている『スピアヘッド・リュウキ』などで知られる

デュオ社の工場にお邪魔し、製作過程をリポート。




P74-81-A-07_01















 

トラウトルアーファンにはたまらない内容、

発売は7月下旬です!

(平沢)

 





northanglers at 13:56│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔