2013年08月23日

甲子園が終わって

twitterでつぶやく

夏の甲子園が終わると

秋がやってくるな〜という気がします。

今年は群馬の前橋育英が

初出場で初優勝という快挙を成し遂げましたが、

自分のなかで思い出に残っているのは

2006年の早実VS駒大苫小牧。

決勝戦は延長15回までいって引き分け再試合。

2日間で5時間半……。

斎藤祐樹選手と田中将大選手の壮絶な投げ合いは

これ以上の試合が今後あるのかと思うほど衝撃的でした。

決勝戦は大ヤマメの渓流で取材後、

飲食店で見ましたが、

文字通りの手に汗握る攻防に

誰も席を立とうとはしませんでした。

 

その後『早実VS駒大苫小牧』(朝日新書刊)を読み、

田中選手は胃腸炎に悩まされ、

投げるのがやっとの状態だったとか、

釣りが好きなようで支笏湖での合宿時

ルアーフィッシングを楽しんでいたことが書かれていて、

かなり親近感が沸きました。

その田中選手、開幕から17連勝はすごすぎる……。

今日は登板日。

本当はビール片手に応援したいもんです。

(平澤)

 



northanglers at 18:45│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔