2013年08月28日

9月1日遊漁規則改正

twitterでつぶやく

5種共同漁業権の免許の切り替えに伴い、

91日から遊漁規則が一部改正されます。

98日発売のNA108号で記事を掲載しますが、

ルアー&フライ派は必ず知っておきたい変更点を

下記に記載しますので、

91日以降に釣行する方はご注意ください。

 

今回の改正で最も大きな変更があったのは

朱鞠内湖です。

イトウ・サクラマス・アメマスを釣る際、

使用できるのはシングル&バーブレスフックのみになり、

サオ1本にハリは2本以内になります。

また、トラウトフィッシングのシーズン中

イトウはキャッチ&リリースが義務づけられました。

遊漁期間は従来の1130日から1210日までに延長、

遊漁料は111100円になりました。

 

阿寒湖はヒョウタン沼の遊漁券が

阿寒湖・太郎湖・次郎湖・硫黄山川・阿寒川と共通になり、

11500円の遊漁券を購入すれば、

阿寒湖漁協が管理する

すべての遊漁エリアで釣りができるようになりました。

 

塘路湖・シラルトロ沼・エオルト沼・ポント沼・

マクントウ沼・サルルト沼および流入河川は、

アメマスの遊漁期間が従来の1030月から

1130日までに延長されました。

 

そのほかの変更点については

NA108号の誌面をご覧ください。

(平澤)

 

 

 



northanglers at 15:17│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔