2013年09月25日

ぱんだモン

twitterでつぶやく

来月発売になる

NA109号の取材地は江差町と乙部町だったのですが、

後者の温泉施設でニセコの深い山で育ち、

覆水を用いて造られた

ケン商『クマ笹茶』を買いました。




kuma_01


















 

クマザサはイネ科ササ属で

エゾクマザサ、クマイザサ、チシマザサ、ミヤコザサなど多種。

道内では10種以上も生息するのだとか。

名の由来は、濃緑の葉の縁が秋〜冬に白色に隈取りされる、

栄養が高くクマが冬眠前にたくさん食すなど、

いくつか説があるよう。

いずれにしても、和名は隈笹、

地方名や生薬名で熊笹と書かれるそうです。

北海道はヒグマがいるだけに、

道民は熊笹のほうが親しみがありますよね。

 

さて、『クマ笹茶』の匂いと味ですが、

香ばしくてほんのり甘く、スッキリとした飲み心地。

大自然を感じながら美味しくいただきました♪

 

クマから連想されるのは、

熊本県をPRするマスコットキャラクター、くまモン。

クマザサなら、缶にも描かれているパンダ。

大きな耳がとても可愛らしく、

これから注目を集めそうな、ゆるキャラでしょ!

(まき)


 



northanglers at 16:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔