2013年10月09日

根魚の横綱

twitterでつぶやく

月曜は松前町の白神岬沖に浮かんでいました。

当地は道内最南端とあって

釣れる魚種が多彩なのが魅力。

一緒に乗船した岡貞光さんによると

青ものはブリだけでなくヒラマサとカンパチ、

さらにヒラメとマダイの大型も期待できるそう。

そして、釣行日の前日

「白神岬の潜在力が伝わる温泉があるから行こう」

と言われ、隣町の福島町にある吉岡温泉を訪れると、

目に飛び込んできたのが↓の魚拓。




_DSC5687_01













 




1998
年にあがった、183センチ/111キロのイシナギ。

道内では滅多にお目にかかれない魚ですが、

白神岬沖は大型の実績がある数少ない場所。

福島町は昭和最後の大横綱

千代の富士の生誕地として知られますが、

イシナギは道内でねらえる

根魚の大横綱といえるでしょう。

 

さぁ、岡さんはイシナギをねらったのでしょうか……。

詳細は来月発売のNA110号をご覧ください!

(平澤)

 

 



northanglers at 16:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔