2013年11月06日

トップでも釣れる!

twitterでつぶやく

連休は函館の戸井沖に浮かんでいました。

今週発売になるNA110号では、

津軽海峡の入口にあたり

道内最南端の地である

松前・白神岬沖のブリジギングを掲載しています。

 

一方の戸井沖は津軽海峡の出口にあたり

汐首岬は本州最短の地として知られ、

その距離、約17.5

 

そんな松前と戸井、どちらにも共通するのは

ブリの魚影が多いのに加え、

潮が速いので魚の引きが強いことでしょう。

3團ラスでもけっこうな引きをみせます。

 

今回はスタート時からヒットのラッシュ。

小型が多かったものの、

写真のような太い7團▲奪廚眇尾釣れました。





_DSC6389_01
 


















で、注目したいのは、

キャスティングでもねらえること。

あの魚体がトップでガボッと出てくるのは

理屈抜きに興奮します。

この日、トップに反応したのは何回かでしたが、

前日はサンマが追われていて、

ジギングとトップの釣果は五分五分だったとか。

ブリのシーズンは終盤を迎えましたが、

まだまだ目が離せません!

(平澤)



 



northanglers at 19:35│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔