2016年08月13日

愛車で安眠♪

twitterでつぶやく

釣りのジャンルを問わず

とても好評なのが『愛車で安眠』のコーナー。

地方に行くほど公共交通機関が発達していない道内では

釣り具と同じくらい重要なタックルがクルマです。

上記の連載では、車中泊派のアングラーに

そのクルマを選んだ理由と

快適に寝るための工夫を伺っています。

 

 _DSC3080

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の取材では西山大貴さんにご協力いただきましたが、

連載初となる軽自動車が登場します。

道内ではハイエースやキャラバン、

デリカやステップワゴンなどが好まれますが、

軽でもワンボックスなら車内はけっこうな広さ。

単独行なら充分なスペースがあります。

林道を走るのが心配な方もいるでしょうが

西山さんはブロックタイヤ&インチアップで対応。

そうすると見た目もかなり格好よく、

“釣り車”的な雰囲気が出てきます。

写真はこれから出発という移動時の状態。

時にはボートを積んでいくという愛車と

就眠スペースや具体的な工夫点は

来月発売の号でご覧ください!

(平澤)



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



northanglers at 02:22│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔