2017年06月15日

トラウトルアーがよく分かる!

twitterでつぶやく

何だか最近は雨の多い

微妙な天気が続いていますが、

この週末からは20℃超の日々が続く予報で

ようやく釣りのハイシーズンがやって来そう。

 

先日の取材で訪れた湖は

水温も気温も低いせいか、

トップでの反応はイマイチでした。

そんなときはスプーンを沈めたり

重めのジグで遠投したり

シンキングペンシルをゆっくり引いたり

ミノーのトゥイッチでリアクションバイトを誘うなど

さまざまな戦略が求められます。

現在、発売中の7月号では

湖で有効な釣り方について

・小板谷正樹さん(洞爺湖も蝉で釣れる!)
・福士知之さん(Crank on the surface)
・北島正貴さん(支笏湖のミノーイング)
・齋藤義郎さん(モンスターレインボー)
・野田健太郎さん(屈斜路湖のルアー戦略)
・佐々木大さん(“ダイイングルアー”を考える)

以上、6人のルアーアングラーが徹底解説。

CS_117 



















また、トラウトシーンにおける

さまざまなルアーの使い方や、

各ルアーの構造などについては

下記の2冊で詳しく紹介しています。

CS_9 



















『トラウトルアー北海道』(佐々木大さん監修)

https://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=4504&kind=1


726 



















『トラウトルアー Handmade & Tackle』(福士知之さん監修)

https://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=3584&kind=1

 

今シーズンもいい釣りしたいですね〜!

(平澤)



northanglers at 17:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔