2017年07月19日

船ルアー入門にもってこい!

twitterでつぶやく

今号の表紙を飾ってくれたのは

連載「船ルアー愛実らせます!」がスタートした

元ミスさっぽろの矢野愛実さん。

このブリは、インチクで釣れました。

CS_128 



















インチクは砲弾型のオモリに

タコベイトを被せたフックが付く

北陸地方で古くから使われている漁具の一種です。

同じように伝統漁具がルーツにあるルアーとして

最近人気の鯛ラバがあります。

 

インチクはそのシルエットや使用パーツなどから

「タラに効きそう!」と考え

釧路のアングラーにご協力いただき

20089月号(57号)において

「浅場のマダラはインチクで!」

という記事を掲載しました。

また、同年発行の『ロックフィッシュ地獄検戮任

北海道におけるインチクの可能性を紹介しています。

 

しかし、当時はまだ船ルアーが

それほど盛り上がっていないのもあってか

インチクも鯛ラバも、あまり人気は出ませんでした。

そうして時代が流れ、ブリジギングが大流行。

その波を受けて、北海道でも

鯛ラバやインチクを使う人が増えています。

_DSC5564 

















どちらも遊動式が主流になりましたが、

その大きな利点はバラシが減ること。

タダ巻きで釣れることから難易度が低いのに

バラシも少ないとなれば

船ルアーの入門者にはもってこい。

実際、取材時は小学生もバンバン釣っていました。

 

詳しいインチクの使い方は

最新号をご覧ください!

https://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

(平澤)

 



northanglers at 08:54│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔