2017年12月13日

最新号の特集1は「ロングキャスト」

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

特集の関連記事を紹介いたします。

 

【特集1

やっぱり、飛ばしたい!

ロングキャスト

p012−013

















海アメや海サクラ、港、湖、川の下流域と

冬から春までは、ロングキャストが求められる

フィールドがメインの舞台になります。

では、飛距離を伸ばすにはどうするか?

そもそも、本当に遠投して釣れるのか?

そんな疑問にお答えします。

 

Shore/岡さんの遠投スタイル

p014-019-1
























1980
年代後半からショアを舞台に

飛距離を追求してきたのが

岡クラフト代表の岡貞光さん。

真冬と春、海アメと海サクラ、

両者で異なる投げ方と適したジグの形状、

そして遠くへ飛ばすことで定評がある

スリークォーター・スローのキャスティング、

さらにタックル選びについて聞きました。

 

BayArea/函館港は沖をねらえ!

マルキユー主催のロックフィッシュ大会

『パワーオーシャンカップ』で好成績を収めている

函館市の佐藤伸さんは、「難しい」といわれる

函館港で確かな釣果を上げているひとり。

そのキモである遠投タクティクスに迫ります。

 

RockShore/磯ロック×遠投=釣れる!

p024-027-1
















昨今、ロックフィッシュのシーンにおいて

ロングキャストがカギを握る場面が増えています。

特に遠投が重視されるのは磯。

この記事では、菊地正彦さんと野田侑史さん、

名手2人の実釣をとおして、

遠投メソッドの要点を紹介します。

 

Pickup Item/超ライトリグがカッ飛ぶ!

厳寒のナイトゲームなどで実績が高い

1g前後のライトリグ。

それを遥か遠くへ飛ばせるとしたら

釣りの幅が大きく広がるのは間違いありません。

人気港で画期的なフロートを試してみました。

 

FlyFishing/トーナメントキャスティングから学ぶ実践

p030-032-1
















バックスペースや風など、

さまざまな影響を受けやすいフライキャスティングで

安定したキャストをめざすキーワードとは?

トーナメントキャスティングに熱心に取り組む

塩谷さん夫妻が、その要を解説。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!



northanglers at 17:59│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔