2018年04月09日

最新号の特集は「サクラマス満開」

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

特集は「サクラマス満開」。

 

ショアもオフショアも

釣果情報が続々届く今シーズンは

間違いなくサクラマスの当たり年。

タイトルどおり、まさに満開です。
下記の記事を参考に

記憶に残る一尾をゲットしてください!

P022-023 

















●大輪、各地で咲く!!

巻頭ではモンスタートラウトを紹介していますが、

3月に入るとサクラマスの釣況も一気に上向き、

海や湖で素晴らしい魚があがっています。

そのなかでも特筆すべき大ものリポートをお届け。

p024-027-1 

















●海峡サクラジギングの夜明け

北海道でいち早く桜が開花する函館は

サクラマスの早場でもあります。

今年は恵山沖で1月中旬から釣果が上がり、

例年より型がよいと評判。

昨年辺りからサクラマスジギングが

各地で盛り上がるなか、

当地でもさまざまなメソッドが試されています。

良型が混じってきた3月中旬に実釣。

p028-030-1 

























●胆振のショアタクティクス

昨年は驚くほどの群れが回遊し、

大フィーバーを巻き起こした胆振エリアは

道央圏を代表する海サクラフィールド。

そこで釣果を上げる方法とは?

地元アングラーが港湾とサーフの戦略を紹介。

p031 

























●離島のショアサクラ

日本海で見逃せない海サクラフィールドに

離島の奥尻島が挙げられます。

地元アングラーらの情報をもとに、

同島の海サクラ事情を紹介。

 

Aiveセミロング

ダイワから今春、海サクラねらいで注目したい

待望のニューアイテムが新登場。

その全容を監修者の佐藤博之さんにインタビュー。

めざしたのはミノーの動き。

P034-038-1 

















●積丹沖・バケ釣りでねらうサクラマス

好評連載「いーとーまきの沖釣り入門」も

今号ではサクラマスがターゲット。

表紙&巻頭のあみっぴには負けますが、

3月から『さくらます船釣りライセンス制』が

スタートした、積丹沖で咲かせてきました!

P051-055-1 

























●道北日本海は釣れる!

札幌から島牧に行くのと距離は変わらないのに、

釣り人は本当に少ない道北日本海方面。

しかし、流れ込む河川はじつに多く、

コンスタントに釣果が上がるのが魅力。

「ラン&ガンして魚を探すのが楽しみだけど

ポイントが多すぎて回るのがたいへん」とは岡さん。

昨年の道北遠征を振り返ります。

 

●サバイバー

船釣りシーズン後半の大ものねらいで

多くの人がマスシャクリを使っています。

そのなかでも、余市町の釣具店

『プロショップかわぐち』がリリースする

シャクリとジグのハイブリッドルアーは

昔も今も人気が高いアイテム。

このルアーの特徴と使い方を解説。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 18:44│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔