2018年05月11日

最新号の特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

今回は特集以外の記事を紹介いたします。

 

Newイグジストの使用感

60周年を迎えたダイワの技術を結集し

今年、満を持してリリースされたのが

同社フラッグシップのスピニングリール

New『イグジスト』。

その使用感をフィールドテスターが解説。

 

●朱鞠内湖のイトウ釣りの今

釣りは希少種の資源管理の一翼を担える。

近年、そんな視点の調査研究が行なわれるようになった。

然別湖のミヤベイワナでそれに取り組んだ芳山拓さんが、

イトウが棲む朱鞠内湖でもアンケート調査を実施。

その内容を紹介する。

P067-071-2 

















●隔月連載 船ルアー愛実らせます!

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが

道内各地のオフショアのステージを

ルアーフィッシングで挑戦する連載。

今回は苫小牧沖を舞台に

話題の最新鯛ラバタックルで実釣!

P078-082-1 


















●カレイ×人工エサ

近年は海サクラを連想するかもしれないが、

春といえば昔からカレイ釣りだ。

カレイといえばイソメが定番だが、

「生エサは苦手……」という人も少なくない。

そんな人におすすめしたいのが今回のメソッド。

料理コーナーも必見!

P072-075-1 


















●室蘭沖堤パーフェクトガイド

これまで何度も大会の舞台になり

北海道でも数少ない渡船システムがある

室蘭港の沖防波堤。

ハイシーズンを間近にひかえた今号では

各堤防のポイントと釣り方を

2人のエキスパートが解説。

P090-091 


















●新連載 青物最前線 on Rock Shore

ブリをターゲットにしたショアの釣りは、

ここ数年で一気に加熱。

ハイシーズンの磯はアングラーでにぎわうが、

ミスマッチなタックルの使用や

準備不足によるトラブルがよく見られる。

この連載では、大ものが望める磯で

釣果を上げる方法を考える。

 

●新連載 今月の釣り予報

1ヵ月の全道の釣りものと状況を

過去の豊富なデータをもとに予想する連載。

予報士は『北海道の海釣り入門』著者で

釣り歴50年以上のベテラン・山道正克さん。

 

そのほか、フライタイイングの連載

「夢見る一尾への一本」は

これから出番が増えるCicadaを紹介。

 

「今月の釣り」は

留萌管内の海サクラとソイ、

後志管内のホッケ、渡島管内のアイナメ、

オホーツク管内の海アメ・海サクラをピックアップ。

 

「愛車で安眠」では、アトレーワゴンが登場します。

今号もよろしくお願い申し上げます! 



northanglers at 09:36│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔