2018年08月16日

渓流の極小プラグ

twitterでつぶやく

いや〜、また雨続き

嫌になっちゃいますね。

先日訪れた道東の中規模河川は

増水&濁りで全く反応なし。焦る……。

 

本命河川にふられて

仕方なく支流をのぞいてみると

ちょうどいい感じの水量。

少し釣り上がると

好ポイントの多くでニジマスがヒット。

それに気をよくし、支流の支流を詰めると

今度はイワナがたくさん釣れました。

04 

















極端な増水と渇水を繰り返す今季は

釣りのタイミングが難しいとはいえ、

小さな流れならそれほど影響はありません。

今回、そんな細流で試したのが

40侈にの小型シンキングミノー。

渋い状況でもフッキングがよいうえ、

スレた狡猾な魚も誘ってくれるのが魅力です。

 

ところで、小型シンキングミノーは

フックを2本装着すると前後で絡みやすいので、

思い切って1本で挑むのがおすすめ。

1本なら不意の大ものが来たときでも安心な

太軸のやや大きいフックを付けられるのも利点です。

 

フック1本だと釣りは快適で、

魚にもやさしい。

トゥイッチ時にボディーフックを拾うことなく、

ランディング時にネットと絡むこともありません。

さらに余剰フックが自分に刺さる心配がなく

魚にダメージを与えにくいのもマル。

それをふまえてか、ワンフック仕様で開発された

小型ミノーもリリースされています。

01 

















私は50丱ラスのミノーも

しばらくワンフックで使っていますが、

フッキングの悪さはほとんど気になりません。

掛からない魚は釣れない魚、

そう割り切っています(笑)。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

_DSC9815 

















↑は別部隊の取材で出たニジマス。

小型トップウオータープラグも

夏に威力を発揮するルアー。

さぁ、雨後に期待ですね。



northanglers at 16:54│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔