2018年11月09日

NA最新号の特集!

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

特集1

「トラウト&ロックフィッシュ

初冬の注目メソッド」。

特集2

「美味な魚が待っている

オフショア最終盤」。

以下では、内容の一部を紹介します。

 

●初冬もトップトラウト!

水温が低くなる11月以降の川では、

底を探る釣りをメインにする人が多いだろう。

そんななか、齊藤さんは水面にこだわり

ボリューム満点のユニークなルアーを使って

素晴らしい釣果を叩き出している。

その興味深いメソッドを聞いた。

P012-016-1_edited-1 

















●ダム湖をMDで攻略!

台風が来ても影響が少ない湖は

休日が決まっている人にとって

とても頼りになるフィールド。

10~11月は道内各地の湖が盛り上がるが、

春シーズンに過去20年ほどの間で

最大とみられる115僂離ぅ肇Δあがった

朱鞠内湖に行きたいと編集スタッフK

秋シーズンが開幕した頃、男2人で北上。

 

●湿原河川の釣り方

例年11月から道東の湿原河川が

アメマス釣りの盛期を迎える。

ここでは愛好者の意見をもとに

アプローチからタクティクス、

そしてタックルまでおさらい。

 

●フユシャクガと小春日和

そろそろドライフライは終わりかな。

11月になると、そう考える人が少なくないはず。

しかし、京極町の吉田一哉さんは、

12月中旬までライズを追う。

キーワードはフユシャクガ。

P022-025-1_edited-1 

















●プランクトン系という新機軸

港のライトゲームが楽しい時季になったが、

「ちょっとマンネリ気味で……」という方は

新しいパターンを試してみてはいかが?

注目の新製品にスポットを当て、

その有効性や使い方を紹介したい。

P026-029-1_edited-1 

















●モモ、知床沖を釣る

101日、ダイワが2月から募集していた

「スーパーフレッシュアングラー(SFA)」の

新メンバーを発表。

北海道から選ばれたのは

以前本誌にご登場いただいたことのある

小清水町の千葉百々絵(ももか)さん。

秋晴れに恵まれた10月中旬、

百々絵さんと知床沖に浮かんだ。

 

●磯と港のアイナメ戦略

アイナメは通年ねらえる魚だが、

良型が浅場に入る晩秋から初冬は、

陸っぱりが特に熱い時季だ。

札幌市の若井章弘さんの実釣から、

有効なタクティクスを探りたい。

 

●津軽海峡ディープジギング

釧路から片道600劼鯀っても

11~12月、行きたいと心底思うのが

戸井を中心とした津軽海峡。

10年以上の釣行実績から

釣果を上げるポイントや、

当エリアの可能性を紹介。

P072-075-1_edited-1 

















●大鰤と真剣勝負!

螢咼奪哀ーシャンの主催により

今年も能取沖でブリジギングの大会が開催。

食いが渋い状況は前評判どおりだったが、

船上も陸上も大いに盛り上がった。

当日の模様をリポート。

 

今号もよろしくお願い申し上げます!



northanglers at 19:30│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔