2018年11月21日

函館沖とお土産

twitterでつぶやく

今朝、外を見ると雪景色。

いよいよ冬が来ましたね〜。

 

沖釣りでねらうソイ・メバル類は

寒さが増すほどに旨さが際立ちます。

というわけで隔月連載

「いーとーまきの沖釣り入門」の取材で

函館沖に浮かんできました。

今回お世話になったのは

湯川漁港から出港する「彩貴丸」。

_DSC3899 

















本命は津軽海峡ならではの魚種で

鮮やかな体色が目をひくウスメバル。

道内でねらう根魚は地味な体色が多いなか、

異色の存在ですね。

 

スタート直後からアタリが続出し、

好釣果に恵まれました!

とにかくメバル類は目が可愛い。

_DSC3769 



























刺身も焼きも激ウマでした。
_DSC4193
















先日の社員研修から

旅先でお土産を買う喜びを知り、

取材前後にあちこち立ち寄り。

写真は道央自動車道の八雲PAに隣接している

噴火湾パノラマパーク内の

八雲町情報交流物産館で購入した物。

P67-71-19 

















春、道南日本海の海サクラ取材時

楽しみにしているのが、

乙部町の「嶋」というラーメン店で、

塩とんこつを食べること。

近年、お邪魔する機会がないのですが、

何と! それが売っていました。

これは私的に大発見。

ほかにも、初めて目にする

熊石の海洋深層水を用いたビールもあり、

かなりワクワクしました。

また、私の好物のひとつである

釧路産サバを使った水煮缶もゲット。

これ以外のお土産については

次号の誌面をご覧ください(笑)。



northanglers at 18:59│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔