2018年12月13日

最新号の特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

以下では、特集以外の記事を一部紹介します。

 

20182019海サクラ&海アメNEWタックルガイド

昨季はショア&オフショアともサクラマスが絶好調。

冬の一大イベント『あめますダービーin島牧大会』では、

史上最大のアメマスが登録されるなど大いに沸いた。

今季もいよいよ開幕、さらなる盛り上がりが期待されるが、

ここでは続々とリリースされている各社の新製品に注目。

道内アングラーが監修したロッドや

北海道向けのカラーを施したルアーなど

フリーク必見のニューモデルを紹介したい。

 

●氷上ワカサギ開幕!

2018年は冬の到来が遅く

氷上釣りへの影響が気になるが、

豪雪地帯として知られる

朱鞠内湖なら心配ないはず。

昨季の釣行を交えながら

釣果を上げる方法を考えたい。

P051-053-1_010 

























●夜釣りと投光器

冬の港はイカやニシンなど

夜釣りで美味しいターゲットがねらえる。

そこで近年、釣果を上げるアイテムに

「投光器」が注目を集めている。

そんなアイテムを持っている夜釣り好きは

地震で停電したときも慌てずにすんだ。

P054-057-1_006 


















●苫小牧沖で根魚五目

年々盛り上がるオフショアの釣りで

気軽にエントリーできる場所の1つが

勇払マリーナを拠点とする苫小牧沖。

落として巻くだけのタイラバなら

一尾へのハードルはさらに低い。

 

●いーとーまきの沖釣り入門

沖釣りビギナーが遊漁船に乗って

さまざまなターゲットに挑戦する隔月連載。

今回は青森県で日本一の漁獲を誇り、

ブランド魚として名高いウスメバルを

函館沖でねらいます。

P067-071-3_edited-1_007 

















●オフショア・サクラマス釣り考察

岸からも船からも大人気のサクラマス釣り。

近年はジギングも注目を集めるが、

ジグだけでなくマスシャクリと三角バケを

状況などに応じて使い分けながら、

毎年、好釣果を出しているベテランが

沖釣りビギナーでも分かりやすい

釣るためのコツをアドバイス。

P072-074-1_edited-1_004_008 

















●ジグヘッドリグとハードルアーの戦略

近年のロックフィッシュ・シーンは

さまざまなリグが注目を集めるが、

最も一般的なジグヘッドリグや

ハードルアーは少し存在感が薄い……。

それらを積極的にローテーションし、

数々の大会で上位入賞を果たしている

玉川正人さんのスタイルを拝見。

P075-079-2_009 


















MyFavorite Fly Tying

山林時夫さんが実績ミッジ2本の巻き方を紹介。

 

●今月ココでゲッツ!

・留萌エリア×ニシン×サビキ釣り

・石狩エリア×コマイ×投げ釣り

・胆振エリア×チカ×サビキ釣り

・檜山エリア×海サクラ×ルアーフィッシング

・渡島エリア×カジカ×ルアーフィッシング

 

●愛車で安眠♪

ヴェゼル ハイブリッド(ホンダ)

 

●青物最前線onRock Shore

ダイビングペンシルの使い方

 

●「人食い羆」事故現場を歩く

苫前三毛別ヒグマ事件

 

今号もよろしくお願い申し上げます。

 



northanglers at 08:49│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔