2019年01月25日

海釣り入門書の決定版!

twitterでつぶやく

先ほど週間天気をチェックすると

全道各地、雪マークがいっぱい。

内陸は最低気温マイナス10℃以下の

厳しい寒さが続くようです。

そこで、読書はいかがでしょうか。

 

近年は美味しい魚を釣るのが流行っていて、

海釣りのファンが増えています。

全国的に手軽なルアー釣りが人気ですが、

先日、札幌のある釣具店の店長さんが

「年末年始、投げ釣りのタックルが

けっこう売れました」と話していました。

 

また、SNS等を見ていると

普段ルアーをやっている人なのに

ニシンをサビキ仕掛けで釣ったり、

子どもと一緒に

シンプルな仕掛けでハゼを釣ったり、

定番の釣り方で

旬の魚をねらうスタイルも健在。

CS_191 



















『北海道の海釣り入門』は、

港・砂浜・磯のエサ釣りから

ルアーフィッシング、そして船釣りまで、

北海道の海釣りを完全網羅した一冊です。

CS1_172_036 

















CS3_172_037
















CS4_170_038
















CS5_169_039
















道内でポピュラーな対象魚の横顔や釣り方を

懇切丁寧にアドバイスしているのはもちろん、

サオとリールの仕組みなど、

釣りの基本知識も詳しく紹介。


最低限これだけは覚えたい結びは

図と写真を使って分かりやすく解説し、

潮汐や寄生虫の話など、

タメになる資料関係も充実しています。

 

道内の書店に並んでいる釣り入門書には、

北海道にはなじみの薄い釣り方が

混じっているものが多いなか、

この一冊は道産子の視点でまとめた

まさに北海道の海釣り入門書の決定版です。

 

定価:本体1,500+

著者:山道正克

A5判並製128P

 



northanglers at 17:43│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔