2019年05月21日

最新号の注目記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている

モンスターブラウンが表紙を飾る最新号。

以下では、特集以外の注目記事を紹介します。

 
●船ルアー愛実らせます!

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが

道内各地のオフショアのステージを

ルアーフィッシングで挑戦する連載。

今回の舞台は積丹沖。

今季好調なサクラマスを本命にしつつ、

多彩なターゲットをライトジギングで攻略!

P067-071-1_112 

























●新作トラウトルアー・コレクション

今年のトラウトフィッシングは春の訪れが早かったせいか、

シーズン序盤から好調の便りが聞かれる。

各地で大ものがキャッチされるなど、

すでに活況を呈しているが、

間もなく迎える最盛期に向け、

各社の新製品をチェック。ミノー、スプーン、スピナーを中心に、

川、湖に適した最新アイテムを紹介。


●函館港は遠投で釣る!

道南の人気フィールドのひとつ、

函館港でシーズン初期から

パワフルなアイナメが釣れている。

広大な函館港は攻略するのが難しいが、

大会上位常連の地元アングラーは

どうねらっているのか?

その興味深いスタイルを拝見。

P072-076-1_113 

















●苫西のボートロック

苫小牧のボートロックは爆釣のイメージがあるが、

シーズン初期はさすがに魚の活性が低い。

しかし、大会に参加するロックフリークにとって、

「難しい状況ほどスキルアップに最適」という。

4月中旬、2.7℃という低水温のなか、

西港の沖堤周りを、腕利きたちはどう釣ったか。

P077-079-1_114 

























●大型鮭鱒×両軸

近年、渓流のトラウトシーンで

ベイトフィネスが注目されるが、

大きな魚を相手にするときこそ、

ベイト本来の持ち味が活きる。

ショアの海サクラや海アメ、

本流トラウトにも使ってみては?


そのほか、フライタイイング連載『夢見る一尾への一本』は、

イトウねらいのParahucho Streamerを解説。

『気になるギア』は、全アングラー必見の防水バッグ。

『青物最前線』は、ジグのフックセレクトについて。

最終回を迎えた『人食い羆事故現場を歩く』では、

風不死岳ヒグマ事件を取り上げています。

P092-093_115 


















今号もよろしくお願いいたします。



northanglers at 07:53│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔