2008年05月

2008年05月15日

はじめまして♪

twitterでつぶやく

5月から、つり人社・北海道支社に出向することになりました、
デザイナーのM嬢こと松山です。
男性ばかりの事務所に潤いを与えるべく、
いつも明るい笑顔を絶やさぬよう、
精進して参るしだいでござい……、
あ、そんなことは期待されてなかった……。

松山

















ここが私の仕事スペースです。
本棚で仕切った隣の机には、支社長の若杉さん。
気持ちが引き締まります。
後ろを振り返ると、
いつも原稿を書く手がフリーズしていると噂の小林さんが、
チラリと見えます。

先ほどは、なにやら皆さんで盛り上がっていたので、
首を突っ込んでみると、
缶コーヒーのおまけに付いていたミニ四駆(?)を、
懐かしんでいるようす。
「女には分からない」と、
いきなり仲間外れにされてしまいました。
いつの日か、この事務所になじむまで、
私はめげません。がんばります!
(M嬢)


northanglers at 19:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年05月14日

フライフィッシングフェスタ2008

twitterでつぶやく

今週末の17、18日、阿寒湖で『フライフィッシングフェスタ2008』が開かれます。
今までは、東京を拠点に開催されていましたが、
今回はトラウトフィッシングの本場・北海道が舞台。


フェスタでは、エキスパートによるキャスティングのデモンストレーションや、
タイイングスクールなど、いろんなイベントが目白押し。
さらに、フライフィッシングに関連するメーカー等が
商品などを展示するブースを出展します。
まさに、フライフィッシングのお祭りです。


当然、我が社も出展します!
ただいま、その準備の真っ最中デス。
(こんなPOPを作ってみました)。
festa














小社ブースでは、『フライフィッシャーズBAR』と題し、
スコットランド直送の希少シングルモルトを、
何と1ショット500円で提供いたします。
ススキノで飲んだら、一体いくらとられるか…。


その他、『フライフィッシャー』のオリジナルグッズや、
フライ関連の書籍、DVDの展示即売会も実施します。
さらに、超お買得なフライフィッシングビデオの
アウトレットセールもやっちゃいます。

皆さん、今週末は阿寒湖へGO!
(山沢)





northanglers at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月13日

ツブガイをいただきました

twitterでつぶやく

ツブガイいただきました

11日、H副編集長宛に海の幸が会社に届きました。
大きなトロ箱にオキツブとトウダイツブがぎっしり。
ツブガイ祭り






送ってくださったのは、
本誌でたびたびご登場いただいている厚岸町の西谷内さん。
ツブガイは鮮度抜群、まだ元気に動いています。
僕もいただきました。
休日出勤も捨てたものではないですね。

大きいのは刺身用に殻をハンマーで割ります。
仕事そっちのけで「カンカンカン!」。
後はすべて煮ていただきました。
刺身はコリコリで味が濃くて最高。
煮たのは濃厚なワタも楽しめてまた違った味。
西谷内さん本当にご馳走様でした。
僕も自分の殻が割れるようにがんばります……。
(小林)



northanglers at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月10日

ゴミ屋敷!?

twitterでつぶやく

IMG_0095






引っ越してから、まだ1度も電源をいれていない冷蔵庫

IMG_0091











洗濯回数5〜6回分はありそうな衣類の山




見苦しい写真で申し訳ございません。
男の一人暮らしによく見られる光景……。
今現在の私のアパートです。

洗濯物はたまり、山積み状態。
いい加減、着るものが底をつきました。
洗濯しようといつも思うのですが、
忙しいから……、と自分に言い訳してしまう。

こんなだらしない生活をしているようでは、
いい仕事もできませんね。
と、ようやくながら気づき、
毎朝コツコツと部屋を片付け始めました。
仕事と一緒ですね、コツコツとやっていけば……。
なんて、悠長なこといっている場合じゃありませんが。

さて、連休明けから
『ノースアングラーズ』55号の編集作業が本格化。
次号では、先週取材した記事を掲載しますが、
まだ作業に時間が掛かってしまう私……。
毎晩遅くまで会社にこもることになりそうです。
(青山)


northanglers at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

フィールドガイドの三上さん

twitterでつぶやく

昨日、札幌駅のビル内でご飯を食べてきました。
本誌『ウイークエンド・フィールドガイド』でお世話になっている
函館市在住の三上敦史さんからお誘いを受けたからです。
三上さん







三上さんは淡水の小もの釣りや投げ釣り、
オフショアのジギングまで幅広く楽しまれる方で、
創刊から現在までの約10年間、
道南の釣り場を紹介していただいています。

今年で66歳になるそうですが、とても若々しくてパワフル。
「還暦を過ぎたらジギングは卒業しようと思っていたんだけどね」
と笑っていましたが、なぜかジギングが一番興奮するらしく、
今でもやめられないとか。
釣りだけでなく、いろいろなお話を聞かせていただきました。
しかも、奢っていただいちゃいました……。
三上さん、ご馳走様でした!
次はぜひ釣り場で、超ベテランの技を教えてください。
(小林)


northanglers at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月08日

トラウトルアー最新マニュアル

twitterでつぶやく

只今、『ノースアングラーズ』と並行して、
7月に発売する別冊の編集作業も進めています。
そのタイトルは『トラウトルアー最新マニュアル』。

この10年くらいで、
トラウトルアーフィッシングは目覚ましい進化を遂げたと思います。
ひと昔前、トラウトで使うルアーといえば、
スピナー・スプーン・ミノーの三本柱が主流でしたが、
今はトップウオータープラグ、リップレスシンキングミノー、
クランクベイト、ジグミノー、ジグなど種類が豊富。
定番のミノーはさまざまなタイプに分かれ、
スピナーとスプーンも時代とともに変わってきました。

また、進化したのはルアーだけでなく、
ロッド・リール・ラインなどタックル類も同様。
ルアーとタックルが多様化したことで、戦術の幅も広がりました。
さらに、河川と湖の内水面にとどまらず、
海アメ&海サクラとターゲット&フィールドも広がり、
以前のトラウトルアーシーンとは隔世の感があります。

トラウトルアーを体系的にまとめた本は意外に少なく、
あっても昔のもので、現在の釣り事情にマッチしていないのが実状。
そんな今、最新事情を取り入れたトラウトルアー本が必要ではないか……。
そう思い、『トラウトルアー最新マニュアル』を企画しました。

同書は、ノースアングラーズの好評連載
『福士流トラウトルアー徹底解説』でおなじみの福士知之さん監修。
このGWも福士さんから原稿が続々届いていますが、
かなり興味深い1冊になりそうです。
ご期待ください!
(平沢)


northanglers at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月02日

ショップにおじゃましてきました

twitterでつぶやく

今日は千歳市のルアー&フライショップ『ブルーバック』さんに
おじゃましてきました。
看板








店主の大中さんは支笏湖や千歳川の釣りに明るく、
5/17、18に阿寒湖で開催される『フライフィッシングフェスタ2008』では、
支笏湖について講演をしていただきます。

また、同店はハンドメイド品が充実しているのも特徴です。
『誠ミノー』や海サクラ向けのジグミノーでお馴染みの
『司ミノー』などを扱っています。↓
ハンドメイドルアー










こちらは『TANAKA CRAFT』のランディングネット。
ネット












美しい仕上げながら価格は1万円台からととてもリーズナブル。
オーダーメイドも承っているそうです。


こちらは何と柄の部分に『誠ミノー』が入ったモデル。
こんな加工もできます。
他にはないオリジナルのネットが作れちゃいます。
グリップ










そしてこちらは、グリップに鹿の角を使用したタイプ。
かっこいいですね〜。
<スタック














ちなみに、本は『ノースアングラーズ』や『フライフィッシャー』など、
雑誌をメインに扱っていただいております。
好評で売り切れてしまった『釣り旅北海道』も若干在庫があります。
お探しの方はぜひお店へ。
http://www.maumau.jp/blueback/
(山沢)
本棚






northanglers at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月01日

川アメ終盤

twitterでつぶやく

4月28・29日の2日間、道東へ行ってきました。
昨秋開通した道東自動車道トマムICを利用。
今春は暖かく、もう雪が降るなんて考えてもいなかったのですが、
トマム周辺はご覧のとおりの吹雪、路面は圧雪状態。

吹雪







実はそろそろ夏タイヤに替えようと思っていましたが、
替えなくて大正解。
4〜5月の峠はこんなこともままあるので、
釣り人がタイヤを替えるのはやはりGW過ぎですね。

今回は、アメマスをねらって釧路川と別寒辺牛川へ。
数はそれなりに出ましたが、サイズがいまひとつ。
地元のアングラーに聞くと、
どちらの川も春のアメマスシーズンは終盤戦のよう。
まだよい思いをしていない方は、このGWが勝負。
頑張ってください!

釧路川







夜は居酒屋で海の幸を満喫。
道東での楽しみはアメマス釣りとコレです(笑)。

カキとタコ







(平沢)



northanglers at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!