2009年02月

2009年02月27日

お土産

twitterでつぶやく

先日、本誌やフライフィッシャー誌でおなじみの
屈斜路湖の魚を育てる会会長の保里秀一さんが、
仕事の合間をぬって事務所に来てくれました。
その時、お土産にいただいたのがこのスイーツです。 箱













清月(せいげつ)のチーズケーキ「赤いサイロ」。
甘いものに目がないボクにとっては超ラッキー!
中身はこんな感じ。
中身 












牛乳とチーズがふんだんに使われた濃厚な味わいです。
今日は月末ということで、
やらなければならない業務がたんまりとありますが、
ここで、お土産のチーズケーキでコーヒーブレイク。
糖分補給で脳の活性を上げ、
仕事をさっと片付けたいと思います。
保里さん、ありがとうございました。(山沢)

northanglers at 20:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年02月26日

ポジ

twitterでつぶやく


先日、資料用に保存してあるポジのフィルムから、
写真を探す機会がありました。

ポジ







僕はフィルムの時代の頃をよく知らなかったのですが、
PCのモニターに、
キレイに整頓された画像から
必要なものを探すのに比べ手間が掛かります。
光にかざさないとよく見えないので、この姿勢になるのですが
何枚も見ていると手が疲れます。

ルーペ






ピントがきているかチェックするのに
ルーペ(?)を使うなんて初めて知りました。
でも、偉大な先輩たちの写真は、
僕から見たらほとんどが上手く撮れています。
ピンボケ、手ブレなんて見当たりません。
カメラは、手ブレ防止などないのにすごいです。
見習って修行あるのみですね……。(コバヤシ)
 



northanglers at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年02月25日

映画『釣りキチ三平』

twitterでつぶやく

各編集部のブログでも紹介されている映画『釣りキチ三平』ですが、 先日、外回りで地下鉄に乗ったところ、 公開を知らせる中吊り広告を発見。 結構な大きさで、車内でかなり目立っていました。 ブログ用にとケータイで写真を撮ろうと思ったのですが、 周りの目が気になり断念しました(笑)。 それにしても、同映画の監督は あの『おくりびと』で米アカデミー賞・外国語映画賞を受賞した 滝田洋二郎さん。 これで、ますます注目度が高くなったのではないでしょうか。 3月20日春分の日から全国ロードショーです! (山沢)

northanglers at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月24日

ヒグマといえば……

twitterでつぶやく

3年前、渓流で臭いと気配を感じて以来、

興味を持っているヒグマ。
まだ糞しか見たことはありませんが、

山奥に行くとやっぱり気になります。
でも最近、不思議と愛着が湧いてきまして……。

去る222日に江別市で開催された『羆塾』の講演会。
残念ながら私は拝聴できず、
若杉支社長のブログを唸りながら拝見しました。
次号を楽しみにしています!

同日、用事があって新千歳空港へ。
時間があったので、おみやげ屋をブラブラ。
特に人気を集めていたのはカルビー『じゃがポックル』と、
1
時間待ちの長蛇の列が目をひく『生キャラメル』。

ですが、それより何より私が惹かれたのは、
古きよき北海道の銘菓。
ヒグマの愛称で親しまれている、
千秋庵の『山親爺』です!

軽い歯ごたえとバターの優しい甘みが香る、

道産子おなじみの洋風せんべい。
スキーを履いてサケを背負う焼き型ですが、
札幌と函館ではその動作に違いがあるとか。

でも、一番のお目当ては、
おまけのミニヒグマ人形だったりします(笑)。


山オヤジ














昔はよくCMもやっていて、
お尻をフリフリしながら歌っていました。

出てきた出てきた山親爺
笹の葉かついで鮭背負って
スキーに乗った山親爺
千秋庵の山親爺

確か、こんな感じのはず。
訂正等ありましたら、

ご指摘いただけると幸いです(感激します)。

万が一、出遭ってしまった時に歌ったら、
何だかイケそうな気がする!?

「出てきた、出てきた、山親爺♪」
M嬢)



northanglers at 20:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年02月23日

羆を追うシティーボーイ

twitterでつぶやく

昨日、札幌の隣、江別市大麻公民館で「釣り人のためのヒグマ対策」という、
野生動物天国北海道でも、珍しい講座が開かれた。
道内のベテランアングラーたちは、
昔はヒグマの数が今より多かったはずなのに会ったことはない。
最近のほうが会っちゃうよね。と口を揃える。
そこで、石狩川イトウの会が主催して開催された。
 
シティーボーイ



 



会場は100人近い釣り人たちで満杯。
千歳空港や高速道路が最悪状態という 3日続きの悪天候、
公民館の駐車場も大雪で縮小されているなか、
よく集まってくれましたと、主催者側は驚いていた。
講師は、昨年のフライフィッシングフェスタでも大好評だった岩井基樹さん。
 2時間休憩なしぶっ続けのお話でも、トイレ以外に立つ人皆無。
皆さん、かなりヒグマが怖いようです。
いや、岩井さんの話がそれほど面白かった。
岩井さんは、東京世田谷生まれ。
なんと、小中学校は違えど私と同じ学区なのです。
小学校低学年で、多摩川で釣りを覚えたのも同じなら、
釣りで遅刻して廊下に立たされたのも同じで、
職員室で先生たちに釣り講釈をたれていたのも同じ。
大きく違うのは、岩井さんは北大に進んだ。
そして、川が好きで好きで、
大きな川、大きなマスに憧れてアラスカで暮らす。
そこで、クマの魅力に参ってしまった。
                                                                                                               ヒグマ













日本に戻ってからは、北大雪に定住。
日々、ヒグマを追っている。年間に使うクマスプレーは7,8本。
若グマだと、スプレー半分ですむこともあるが、
老練グマだと1本まるまる噴射、ってことが多いらしい。
噴射距離は4メートル。
スプレーの経費がいちばん大変と笑うが、なんという生活。
日本でいちばん危険な仕事。
いや、報酬に繋がらないのでボランティアといっていい。
山里に下りてきたヒグマを山へ戻すためにスプレーを使うのであって、
人との接触事故を減らすための方策。
檻に捕まえて噴射しているのではなく、
通り道で遭うようにして噴射しているのである。
同郷人として、頭、下がります。
ヒグマと会うためには、人工的匂いは大敵。
1週間は風呂に入らず、入っても、シャンプーや石けんは使わない。
それで、世田谷育ちだからシティーボーイです、と笑う。
私も、東京生まれに見られたことはないが、
岩井さんはさらにゼッタイないだろう。
ヒグマのお話、詳しくは次号ノースアングラースをご覧ください。(若杉)

northanglers at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月20日

ワカサギの記事が新聞に

twitterでつぶやく

今日の北海道新聞朝刊に、ワカサギの記事が大きく掲載されていました。


それがコチラ。
新聞













記事の内容は、網走湖産のワカサギの卵が全国で引っ張りだことのこと。


記事によると、国内のふ化放流用卵の約1/4を占めているそうで、


なんと湖沼別では全国1位!


道内はもちろん、九州の佐賀県まで出荷しているんだとか。


これにはビックリ!!


何だか、北海道人としてうれしくなっちゃいました。


全国的にワカサギ釣りがブームになっていて、


卵を購入しているほとんどの団体が遊魚目的なんだそうです。


ちなみに、ワカサギ専門誌を出版しているということで、


弊社のコメントも掲載されています。


その専門誌は『ワカサギ爆釣マニュアル』と『完本なるほどTHEワカサギ大全』。

爆釣完本













シーズンも終盤を迎えていますが、まだまだ絶賛発売中ですので、


よろしくお願いします!
(山沢)


northanglers at 20:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年02月19日

フライフィッシングフェスタ2009

twitterでつぶやく

昨年、阿寒湖畔で開催されたフライフィッシングの祭典


『フライフィッシングフェスタ』が今年も行なわれます。


先日、そのポスターが弊社にも届きました。

ポスター









ポスターの写真には、フィッシングランド阿寒前の桟橋で、

デモンストレーションを見物する多くの来場者の姿が。

この写真からもおわかりのように、大変盛り上がりました。




日程は5月16日(土)、17日(日)の2日間で、両日とも9時〜16時まで。


前日にはプレフェスタも行なわれるそう。


また、メーカーなどがブースを出展する第1会場は、


新設される『阿寒湖まりむ館』になるそうです。
(ちなみに「まりむ」とは「まりもの夢」という意味)。


昨年の会場は屋外だったので、これで天気を気にせず


ゆっくりと見学できるのではないでしょうか。


第2会場の阿寒湖畔と阿寒川では、


キャスティングデモや実釣スクールが楽しめます。


詳細はホームページでも紹介されていますので、


興味のある方はぜひ!
(山沢)



●フライフィッシングフェスタホームページ
http://www.flyfishing-festa.com










northanglers at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月18日

鱒好きにオススメの3冊

twitterでつぶやく

現在『ノースアングラーズ』のほか、別冊の編集も進行中。
天気が悪いうちに仕事をやっつけようとデスクワークの日々です。

こうして釣りがしたくてもできない時はやはり、
行った気分にさせてくれる釣り雑誌に手が伸びます。
特にトラウトルアー好きの僕としては、
最近、小社から出た『鱒の森』と『Perfect Trout』が面白かったです。

マスの森













パーフェクト














どちらも北海道ネタは少なくても、
“ヒント”になりそうな何かが散りばめられています。
サクラマスを考察する内容の記事は、
道内の海サクラ釣りにも活かせると思います。

個人的にイチオシは『渓流2009』。

渓流














美しい渓流を見事にとらえた綺麗な写真を見ると、
誌面からマイナスイオンが出ているのかと思うほど癒されます。
強烈なインパクトを与えてくれたのは、
野ネズミを喉に詰まらせて絶命したイワナの写真。
『ノースアングラーズ』60号でネズミルアーの記事を掲載しましたが、
そんな釣りに興味がある方は一見の価値ありです。
(平沢)



northanglers at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月17日

グッドサイズですが……

twitterでつぶやく

先日、昼すぎに取材が終わったので、

夕マヅメにソイでも釣ろうと、

帰りに漁港へ寄りました。

風が強く雪も降っていて、

車から下りると、すぐに心を折られそうに……。

なんとか1尾釣りたいな〜と、

ライトリグ用に購入したばかりのメバルロッドで、

キャストを繰り返すが反応なし。

「もう少しやったら帰ろう」と、

なんとなく船道を探っているとアタリ。

小さく合わせるとフッキングしましたが、

あまり引きません。

でも、何か分からないけど確かに引きます。

あげてみると銀色の魚。

「なんだウグイか」

と近付くとキュウリ臭。

「こ、これがキュウリウオか!」

初めて釣ったのですが、すぐに分かりました。

キュウリウオ









青二才にジャストマッチの強烈に青臭い魚です。

測ると34僂△蠅泙后

キュウリウオのなかではグッドサイズっぽい!

でもなんだかな……(笑)。




釣ってから、思い出しました。

以前、今井芳春さんがノースアングラーズのコラム(54号P104)で、

新しいルアーのターゲットになるかも? 

と書いてられます。

歯が鋭いし、大きい個体は魚食性が強そうです。

ちなみに、ヒットワームは、

『グラスミノーM』のナチュラルゴールド。

今井さんの写真のキュウリウオも、

シャッド系のワームをくわえていますので、

釣ってみたい方はお忘れなく!


一夜干し






食い応えがありそうだったのでキープしてみました。

臭みを抜くために一夜干しでいただきました。

美味しかったです。

(小林)









northanglers at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月16日

新製品

twitterでつぶやく

先週末、横浜で行なわれた国際フィッシングショーは、


かなり盛況だったようです。


初日の金曜日は、平日にもかかわらず


多くの人が開場前から並んでいたとか。


そんななか、本日、アムズデザイン社から2009年のカタログが届きました。


パラパラと誌面を眺めていると、


よさげなルアーを発見しました。
カタログ












『ナバロン』というスリムミノーのロングタイプです。


サイズは150ミリ23gで、5月発売予定とのこと。


細身でこのスペックは、まさに海アメや海サクラにばっちりではないでしょうか。


このほかにも、同社を代表するルアー『コモモ』に『2』が加わるそうです
(3月上旬発売予定)。


みなさん、1軍ルアーに追加してみてはいかがでしょうか。
(山沢)


northanglers at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!