2009年02月

2009年02月13日

荒天

twitterでつぶやく

今夜から明日にかけて荒れ模様の天候になるそうです。


しかも、気温が高いようで、雨マークが出ています。


先ほど、外回りから帰ってきたのですが、


札幌市内はすでに風が強く、場所によっては雪もちらほら。


しかも、暖かいせいか、歩道はぐちゃぐちゃでとても歩きづらいんです。


まるで春先のような感じです。


これに雨が加わるなんて…。


徒歩と公共機関で移動することが多いボクにとっては最悪…。


現在、事務所のある白石は横なぐりの雪模様です。
(山沢)






northanglers at 18:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年02月12日

阿寒湖に行ってきました

twitterでつぶやく

別冊の取材などで阿寒湖へ行ってきました。

天気に恵まれ、暖冬で雪が少ないこともあり、

日勝峠を越えるのも割りと楽でした。

前面結氷した湖に着き風景などを撮影していると、

阿寒湖漁協の桶屋潤一さんが、

“湯壺”が見られるスポットに連れていってくれるとのこと。

桶屋さんがハンドルを握るスノーモービルに乗り、

3分くらい湖の真ん中に向かって走ったところには、

不思議な光景が広がっていました。

雄阿寒岳




湖底から噴出するガスの影響なのか、

氷に穴が開いています。

この穴は凍らないため、一番右の穴のように、

ヒメマスねらいの置きザオを仕掛けておくそうです。

貴重なものを見ることができました。

桶屋さん、本当にありがとうございました。



もちろん、ヒメマスだけでなく、

名物のワカサギもよく釣れています。

実績があるポイントにはテントがずらり。

テント群






ワカサギ







絶品ワカサギです。
僕もテンプラをいただきましたが、
身は甘く、口の中でふわっと溶けるようです。












冬、阿寒では毎夜、

氷上フェスティバルというイベントを開催しています。

旅の安全のために、

アイヌの護り火をおすそ分けしてもらう儀式や、

イグルーの見学、氷切り体験、花火など内容は盛りだくさん。

冬の観光地としてもおすすめです。

雪だるま共和国















ちなみに阿寒は雪だるまの国だそうです。

フェスティバルで流れていた

「阿寒の里で〜♪……ゆっきっだ・る・ま〜、共和国♪」

という歌のサビが妙に頭に残っています。
(小林)


northanglers at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月10日

岡ジグ

twitterでつぶやく

過去のブログで『ランカーズクシロ』さんのオリカラルアーを紹介しましたが、
今回は北斗市のショップ『インパクト』さん。

ルアーは『岡ジグAT-30』。
海アメや海サクラ、ヒラメで実績が高いジグで、
やり込んでいるルアーアングラーなら1本は持っているはず。

岡ジグ







個人的には道東の海アメでイイ思いをしていて、
昨シーズンは60僖ーバーを数尾、釣ることができました。
スイミングとフォールアクションが◎です。

レギュラーモデルとの違いはカラーだけでなく、重心位置にも及びます。
後方寄りの重心で遠投性能が高く、沈下スピードも速め。
ちょっと波が高い時、大型港で深場を探る時によさそうです。

ちなみに製作者の岡貞光さんによれば、
レッドヘッドカラーの炎の模様は、
『ノースアングラーズ』58号のヒラメの記事でご登場いただいた
佐々木元史さんがデザインしたそうです。
(平沢)


northanglers at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月09日

〆の一杯

twitterでつぶやく

先週末、久々に私、ヤマザワ氏、コバヤシの3人で夜のすすきのへ。
ついつい朝方まで飲んでしまうのはいつものことで、
最後はラーメンがお約束。

が、ギリギリ20代のコバヤシはまだ大丈夫みたいだが、
30代半ばを目前に控えた私とヤマザワ氏の場合、
最近、〆の一杯は胃に堪える……。
北海道で定番のこってり味噌などを食べた日には、
翌朝、後悔することしきり。

で、ヤマザワ氏の提案でこの日行ったのは、
第4グリーンビル1階奥にある『信月』。
なんでも生姜が乗った塩が美味しいようで、
「しおしょうが」と頼むのがツウらしい。
それにならい注文してみた。

信月







生姜の香りがアルコールで朦朧とした頭をスカッとさせ、
澄んですっきりしたスープは胃にやさしい。
実際、翌朝になっても胃もたれに悩むことはなく、
〆の一杯にピッタリです。
(平沢)


northanglers at 17:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年02月07日

最新号発売!

twitterでつぶやく

今日は最新号の3・4月合併号の発売日。


昼過ぎ、わが事務所にも本が届きました。

表紙














巨大なブラウンといい、ユニークなアングラーの顔といい、


かなりインパクトのある表紙です。



特集は『トラウトは春を待ちきれない!?』。


80センチオーバー(!)の支笏湖のブラントラウト(フライ)や、


専用ロッドでねらう海サクラ(ルアー)、


春の大型海アメを繊細にねらうシングルハンドの釣り(フライ)、


厳寒期の釧路川のアメマス攻略法(ルアー)などを紹介しています。


また、今が旬のワカサギ釣りを9ページにわたって掲載。


快適な電動リールを使った釣法や、


ビギナーからベテランまで楽しめるフィールドを12箇所も紹介しています。


そのほかにも、高校生アングラーの海サクラ釣りや、


“パラソル”と呼ばれる大型ヤリイカのエギング、


ホッケのルアーフィッシングなど、盛り沢山の内容です。


さらに、3月に公開される映画『釣りキチ三平』の


出演者、監督、スタッフのインタビュー&プロフィールを紹介した記事もありますよ。


週末は最新号を手に、ゆっくり読書をしてみてはいかがでしょうか。
(山沢)







northanglers at 16:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年02月05日

ブルーレイディスク

twitterでつぶやく

 先日、コンビニへ昼食を買いに行った時のこと。

会計をしていると「クジを1枚引いてください」と店員さんに

言われ、引いてみると、何か当たっている!!

何だろうと思いながら待っていると店員さんが持って

きたのは、書き込み用のブルーレイディスク。

ブルーレイのデッキを持っていない僕としては

CD−Rなら嬉しかったのですが……。

今の時代、もうブルーレイが標準ってことですかね?

このディスクを活用するためにデッキを買うことに

します。

いつか……。

(久松)

ブルーレイ

northanglers at 16:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月04日

欲しいモノは何ですか?

twitterでつぶやく

北海道支社にメーカー各社から、
今年度のカタログが届いています。
今週はダイワ精工さんからいただきました。
ありがとうございます。
表紙のリリースシーンがいいですよね。

カタログ













ハイエンドモデル『イグジスト』のハイパーカスタムとブランジーノカスタム、
エギング専用のエントリーモデル『エーギー』、
釣ることだけを目的に開発された実戦派モデル『ブラディア』、
オフショア用スピニング『シーゲート』シリーズなど、
スピニングリールは要注目アイテムが目白押しです。

個人的に気になったのは、
マルチユースの『プライムゲート』と『クロスビート』にある
振り出しタイプのパックロッド。
どちらも5フィート台ながら10gのルアー、8ポンドのラインまで使えます。
ヤマメとイワナだけでなく、
良型のニジやアメもねらえる北海道にピッタリです。
1万円前後と価格も手頃なので、
パック好きの僕は購入すると思います。

春は続々と新製品がリリースされる季節。
毎年、お金はないのに欲しいモノはいっぱいあって困ります(汗)。
(平沢)


northanglers at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月03日

牡蠣漁師と釣り談義

twitterでつぶやく

津田さん













写真の方は『ノースアングラーズ』61号
『冬の湿原河川 攻略のキーワードを探る』でご登場いただいた
厚岸町在住の津田明宏さん。

津田さんは牡蠣漁師で厚岸漁組の青年部部長。
僕は年が近く仲良くさせてもらっていますが、
いつからか仕事で津田さんが来札する際は
すすきのの居酒屋で会うのが定番になっています。

先週末、ピリリと利いたコショウでビールがすすむ
世界の山ちゃんの手羽先を食べながら、
いつものように釣りや仕事の話で盛り上がりました。

古くから湿原河川でPEラインを愛用していた津田さんは、
タックル遍歴がマニアック!?
PEラインの難点であるイト絡みを最小限に抑えるべく、
近年はローライダーガイドの付くトラウトロッドが出てきましたが、
それがない頃は、インターラインのエギング専用ロッドを使用していたとか。
ちなみに、その前はトラウト用インターラインロッドの先がけ
ダイワ精工『シルバークリークX-I692LRS』が相棒だったそうです。
リールは、ライントラブルが軽減する“ドデカコンパクト”時代からのダイワ派。
インターラインと大口径スプールの組み合わせで
「トラブルは激減した」と言います。

ところで厚岸といえば、牡蠣のほかにコマイも有名ですが、
今年は氷の張り具合が悪く、
冬の風物詩である氷下待ち漁ができずに困っているとか。
この後、どうなるかは天候しだいでしょうが、
氷の下で捕れるコマイは内臓まで食べられ大変美味。
津田さんも大好物だそうです。
(平沢)


northanglers at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月02日

やるなら今しかねぇ♪

twitterでつぶやく

入稿がひと段落つき、

社内を見わたす余裕が少しできました。

すると、あちこち汚れが目立ちます。

特に、窓が気になりました。

お客様が来社の際に少し恥ずかしいので、

やるなら今しかねぇ♪

「キュキュッ」

手早く拭いておきました。

窓拭き












ついでに、加湿器もチェック。

お手入れランプが点灯するも毎回放置……。

トリセツには「エアフィルターは一週間に1度は掃除しましょう」

とあるが、記憶では去年の春以来やっていない……。

やるなら今しかねぇ♪

「グォーグォー(掃除機の音)」

これでホコリっぽい部屋ともおさらばです。

と、今日は忙しい時にはできないことをやりました。

でも、ご協力いただいた皆様に、

雑誌をお送りするための準備や、

次の号の取材で、またすぐに忙しくなりそうです。
(小林)


northanglers at 17:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!