2009年06月

2009年06月15日

ぐるぐるサーモン

twitterでつぶやく

相変わらずパッとしない天気が続いている札幌。ただ、市内では昨日から始まった札幌まつりに向かう人の姿をたくさん見掛けました。さて、またまた新製品のサンプルが編集部に届きました。『KJ』でお馴染みのリセント社から発売されるサケ専用スプーン『ぐるぐるサーモン』のダウンサイズバージョンです。ラインナップは18gと24g(写真下)の2種類で、全長は75ミリ。メーカーさんの話では、サケはもちろん、海アメ・海サクラや本流のトラウトねらいでもイケるそうです。レギュラーサイズの35g、45g(写真上)と比べ、ひと回り以上スリムになった感じで、まさにサケ以外でも威力を発揮しそうです。価格は18gが735円、24gは840円。カラーはドット柄とハーフタイプの全7色。あと1ヵ月もすればカラフト、サケシーズンがやって来ます。皆さん、今シーズンのルアーボックスに加えてみては。(山沢) ぐるぐるSALMON

northanglers at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月12日

ワールド・シャウラ

twitterでつぶやく

シマノ社から新しく発売されるロッド『ワールド・シャウラ』のサンプルが編集部に届きました。『シャウラ』といえば同社を代表するバスロッドですが、『ワールド・シャウラ』はバスだけでなく、トラウトやロックフィッシュ、サケ、海アメ・海サクラといった、あらゆるターゲットに対応するロッドです。長さは1.78メートルからショアの釣りにマッチする2.51メートルの全10機種をラインナップ。ロックフィッシュにオススメなベイトと、スピニングの2タイプがあります。ボーナスの使い道にいかがでしょうか。詳しくは下記シマノ社のホームページにて。(山沢)http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=100574 Wシャウラ

northanglers at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月11日

あめ、アメ、雨

twitterでつぶやく

今日は全道的に雨みたいです。

事務所の外もご覧のとおり。


事務所






 

 

天気予報を見ると、

この土日も降り続けるようなので、

予定していた取材に影響が出るのは必至。

困りました(涙)。

 

翌週にスライドせざるを得ませんが、

そうすると締め切りギリギリになってしまい、

スケジュール的にキツく……。

 

今日明日、

取材にご協力いただきたい方に

ご連絡しようと思っていますが、

どうか皆さん、断らないでください。

(平沢)




northanglers at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月10日

ヒラメねらいで……

twitterでつぶやく

免許のない学生時代、

海アメにスゴく憧れていた僕にとって、

島牧は特別なフィールドの1つです。

相性もよく、

これまで思い出深い魚を釣らせてもらっています。

 

島牧といえば、

海アメだけでなく海サクラ、

そして近年、

ヒラメをねらうアングラーもじわじわ増えています。

昨日は地元のルアーマン4人にご協力いただき、

夕方からショアのヒラメに挑戦しました。


島牧






 

最盛期にはまだ早いものの、

当日は皆さんが「ほぼベスト」と言う条件。

期待が高まるなか、

佐藤さんが釣ったのは……、

鈴木!!

生きているのは初めて見ましたが、

驚きです。

 

この模様は次号でご紹介する予定。

お楽しみに!

(平沢)




northanglers at 16:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年06月08日

川も湖も!

twitterでつぶやく

昨日は千歳に用事があり、

それが終わった後はもちろん、

千歳川をのぞいてきました(笑)。

 

めぼしいポイントはひと、ヒト、人……。

まさに川釣り最盛期という感じで大にぎわい。

「これだけ釣り人がいたら、さすがにキツイか〜」

そう思って川を見ていると、

目の前の瀬で大型魚が「ドッボ〜ン!!」。

自転車で通りかかったお兄さんが
振り向くくらいの激しいライズ。

大あわてで準備をすませキャスト。

しかし。

スピナー、スプーン、ミノー、トップウオータープラグ、

何を投げても音沙汰なし。

まぁ、ウデが悪いだけでしょう。

 

支笏湖ではハルゼミが鳴き出し、

セミシーズン突入といった雰囲気。

千歳周辺は川も湖も、忙しい季節になってきました。

 

明日はヒラメ取材第2弾。

ちなみに第1弾の釣果は……でした(涙)。

(平沢)



northanglers at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月05日

SUPER MEGAFISH屯田4条店オープン!

twitterでつぶやく

本日、いつもお世話になっている中古釣具専門店・メガフィッシュさんの新店が札幌市北区屯田にオープンしました。その名もSUPER MEGAFISH屯田4条店。先ほど、挨拶に行ってきたのですが、オープン初日ということもあり賑わっていました。このブログでお店の写真を掲載しようと思っていたのですが、その熱気におされてか、写真を撮ってくるのを忘れてしまいました…。すいません。お近くの方、この週末にお店をのぞいてみてはいかがでしょうか。ちなみに、新店情報として次号で紹介する予定です。(山沢) ●SUPER MEGAFISH屯田4条店  札幌市北区屯田4条7丁目7-30  TEL011-776-7704

northanglers at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月04日

ヒラメの盛期間近

twitterでつぶやく

日本海側のショアから、

ヒラメの釣果がポツポツ聞こえ始めました。

各地でまだ海サクラがあがっている昨今、

サクラねらいのロッドに掛かるケースもあるよう。

うれしい外道ですよね。

 

海アメ&海サクラと同様、

ここ数年でショアのターゲットとして定着したヒラメ。

「ヒラメの記事をやってほしい!」

と読者の方からの要望は多々。

7月8日発売の66号で紹介すべく、

盛期の今月はあちこち行く予定です。

 

その第1弾取材が明日。

簡単に釣れるターゲットではないので、

どうなることやら……。

 

すでに今いいヒラメを釣っている方、

写真を同封して小誌読者アンケート係までお寄せください!

(平沢)



northanglers at 14:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年06月03日

洞爺湖解禁

twitterでつぶやく

6月1日、洞爺湖が解禁。

「いいのが釣れたよ〜!」と知り合いから連絡を受け、

昨日行ってきました。

 

湖面にはハルゼミ、モンカゲロウ、そしてワカサギ。

テーブルの上にはゴチソウがいっぱい並んでいて、

僕が魚なら何を食べようか悩んでしまう状況。

それくらいベイトは豊富で、

派手なライズシーンも何度か見られました。

ちなみに、写真のハルゼミの左側に浮かぶ

白っぽいものはワカサギ。


セミとワカサギ







 

午前4時から夕方まで、

びっしりロッドを振りました。

早朝、仲洞爺で1尾ヒットさせたものの、

痛恨のバラシ。

その後、旭浦や月浦などに入るも、

残念ながら反応はナシ。

う〜ん、くやしい!

 

昨日は解禁日ほど釣れていなかったようですが、

それでも知り合いのグループが2尾、

良型のサクラマスをキャッチしたそう。

今月中はチャンスがありそうなので、

何とかあと一度、足を運びたいです。

(平沢)




northanglers at 16:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年06月02日

釣り旅北海道パート2

twitterでつぶやく

7月号の制作が無事に終わり、コバヤシが紹介しているとおり、 新刊書籍『北海道海釣り110』も出来上がってきました。 そして、6月下旬には、2年前に発行しすぐに完売してしまった別冊『釣り旅北海道』の最新版を出版する予定です。初回版は未だに注文が来るほどで、ネットオークションでは5000円まで値を上げたそう。最新版には石狩川、湧別川、網走川、常呂川水系などが新たに加わる予定。ジモティー推薦の美味いもの屋さん情報もさらに増え、あなたの釣り旅に参考になること間違いなし!現在、W支社長は編集作業の真っただ中。(山沢) 釣り旅

northanglers at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月01日

北海道海釣り110

twitterでつぶやく


道内の磯、砂浜、港の釣り場を110ヵ所紹介した、
『北海道海釣り110』が印刷されて、会社にきました。
今週中には店頭に並ぶ予定です。

ロングセラー書籍『北海道海釣り101』のリニューアル版で、
新しいポイントの追加や、
以前と形が変わった港のマップに手を加えたりと、
最新の釣り場情報が満載です。
海釣り110












大変だったのは、やはり港のマップ。
港自体の増築、
釣り禁止になった防波堤の有無を一つずつチェック。
航空写真とにらめっこしたり、
最近訪れたアングラーの話を聞いたりで、
時間が結構掛かってしまいました。


でも、実は一番思いどおりにならなかったのが実釣でした。
魚の料理方法の紹介に使うために、
良型のソイを釣る必要があったので、
積丹の漁港まで出掛けるも、釣っても釣っても小型ばかりで……。
取材時に釣らなきゃいけないと、
プレッシャーが掛かった方の気持ちが少し分かりました。
(小林)








northanglers at 19:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!