2009年10月

2009年10月31日

本流&湖の好期!

twitterでつぶやく

日一日と寒さが増し

トラウトフィッシングは今年最後の好期。

本流と湖からはいい情報がちらほら聞こえてきます。

来週&再来週は取材で

あちこち駆け回ることになりそうです。

 

札幌近郊の人気フィールド千歳川と支笏湖も

釣果が上がってきているようですが、

千歳川では明日の午前10時から

釣り人有志により清掃活動が行なわれます。

集合場所は根志越橋下右岸。

当日の飛び入りも歓迎とのことですので、

千歳川に釣行する機会が多い方は、

参加してみてはいかがでしょうか。

(平沢)



northanglers at 13:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年10月30日

ヤリイカ釣ってきました

twitterでつぶやく

「上手い人で30パイくらい」

とヤリイカが好調なので、

昨日、日本海の港へエギングをしに行ってきました。

が、風が強く大苦戦。

最初に訪れた港では2時間ほどシャクるも、

まったくアタリがありません。

なので、どうにか1パイ釣るべく、

エキスパートたちから情報収集し移動。

移動先でも風は変わらず強く、

しかも向かい風のポイントで、

餌木をフライ気味に投げると

戻ってくるような状況でしたが、

なんとかキャッチできました。

_DSC0061












今年もヤリイカにハマりそうです……。

次号ではエギングの記事も掲載しますので、お楽しみに。

(コバヤシ)



























northanglers at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月29日

阿寒トラウトフェスタ2009に行ってきました

twitterでつぶやく

24日、25日、阿寒湖で行なわれたルアーフィッシングのイベント
『阿寒トラウトフェスタ2009』に行ってきました。
2日間とも天候に恵まれ、絶好のイベント日和でした。

両日は阿寒湖畔にある阿寒湖まりむ館を会場に、
15社のルアーメーカー・ショップがブースを出展し、
製品の展示、販売を実施。
そのほか、セミナーや講習会などが行なわれました。
今日はその模様をお伝えします。


こちらは弊社のブース。
『ノースアングラーズ』のバックナンバーやルアー関連の書籍、
DVDを並べました。
「バックナンバーはみんなもっているよ」という愛読者の方が多く、
とても感動しました。
いつもご愛読、ありがとうございます!つり人社









弊社隣の千里堂メガネさん。
偏光レンズ『TALEX』を扱うプロショップで、
マネージャーの古川さんは大の釣り好き。
メガネ屋








ハンドメイドミノー『ジェシカ』でおなじみのハードストリームス社のブース。
1回500円のガチャガチャ(ハズレなし)を設置し、人気を呼んでいました。
1等賞はなんとロッドです。アイビー









釧路市のショップ・ランカーズクシロさんでは、
同店でしか買えないオリジナル品や
ユーズドタックルなどを販売していました
(同行したH副編集長は珍しいパックロッドを購入)。
ランカーズ














海アメの岡さんこと、岡貞光さんがプロデュースする岡クラフトのブース。
海アメ・海サクラ用ジグ『AT-30』の2009ニューカラーが発売されるそうです。
岡クラフト









初日、2日目と行なわ救命れた救命救急処置のセミナー。













釧路市西消防署阿寒湖温泉支所の皆さんが、
心肺蘇生法のデモやAEDの使い方、止血法などを
分かりやすくレクチャーしてくれました。



ランカーズクシロのスタッフ・村山さんによる、
ルアーメイキング講座のようす。
意外と簡単に作れるようで、参加者は熱心に耳を傾けていました。
村山氏













イベントの模様は12月8日発売の1・2月合併号で
詳しく紹介します。
(山沢)

northanglers at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月28日

もう少しで校了

twitterでつぶやく

骨折後、久々のブログです(苦笑)。

 

毎号のことですが、

今号も難産の末、ようやく先が見えてきました。

明日ですべての編集作業が終了する予定です。

 

特集は「River & Lake」。

晩秋〜初冬の本流&湖のトラウトフィッシングを

独自の視線で紹介しています。

そのほか、サケのウキルアーや磯ロック、

エギングや巨大ヒラメなど、ソルト系の記事も充実。

発売は117日です。

 

あと1週間でギプスが外れる予定ですので、

その後は以前と同じように

5でブログを更新していきます!

(平沢)



northanglers at 15:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年10月26日

おやじ

twitterでつぶやく

 

FlyFisher 誌の副編集長ヤギが東京から来た。

34日、なんでも別冊を校了したので、

道内で思いっきり釣りをしたいという。

普段、ほっといている家族をさらにほっといての釣り旅。

釣り雑誌編集者のカガミともいえる強気の行動に応えるべく、

まずは湧別川へ。

 

とはいっても、こちらは仕事をしなければならないので、

単行本の打ち合わせ、仮原稿授受で上武利の岩井基樹さんのところへ。

ひぐま塾の岩井さんは、

一昨年のフライフィッシングフェスタで

「ヒグマ講座」をお願いしてから親交が深まり、

その生活ぶりには驚きとともに尊敬の念しかない。

仮原稿は25万字。

読ませていただくのが、この秋の大きな楽しみ。

 

で、内容の打ち合わせがてら、

くり出したのが丸瀬布駅前の居酒屋「おやじ」。

ここの肴がまた素敵なのだ。

ヤギに北海道のネイティブトラウトと食を堪能してもらわなければならない。

これ以上の店を僕は知らない。

 

店主の渡辺賢一親父は、

フライフィッシャーで湧別川を愛し、

狩猟で北大雪の山々を跋渉している。

一見、強面。

挨拶もそこそこにカウンターに出てきたのは、

ヒグマの掌の煮込みとヒグマ鍋。

クマあし





臭みなどはいっさいなく、

軟らかく煮込まれた肉と軟骨、ゼラチン質がうまかった。

続くは親父が撃ったエゾジカのタタキ、

釣ったオホーツクサーモンのルイベ、

採った山菜とキノコ多品。

中華ではない北大雪満願全席に、

ヤギはただただしゃぶりついていた。

 

ちどり足で外へ出れば、店内での熱気からいっきに解放される。

静謐な冷気と満天の星。

「北海道はいいな〜」とヤギ。

翌日は、十勝川本流でネイティブトラウト相手に北海道の秋を感じ、

存分にリフレッシュしたようすだった。


にこぱち





(若杉)




northanglers at 19:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年10月23日

ご無沙汰してしまって…

twitterでつぶやく

ブログの更新が滞ってしまい、スイマセン…。

現在、次号の入稿作業がピークを迎えているのと、

今週末、阿寒湖で開催される『阿寒トラウトフェスタ2009』の

出展準備などが重なってしまいまして…。

ちなみに、トラウトフェスタの模様は

12月8日売りの1・2月合併号で紹介する予定です。
(山沢)



northanglers at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月16日

阿寒トラウトフェスタ2009

twitterでつぶやく

今号でも紹介していますが、
24日(土)、25日(日)の2日間、阿寒湖にて
『阿寒トラウトフェスタ2009』というルアーフィッシングの
イベントが開催されます。


トラウトフェスタ2009














第1会場の阿寒湖まりむ館では、
ルアー関連のメーカーさんやショップさんがブースを出展し、
商品の展示、販売を行ないます。
もちろん、小社も参加します!

で、当日はいろんなものを売ろうとたくらんでいます。
『ノースアングラーズ』のバックナンバーも扱いますので、
買い忘れのある方はぜひこの機会をご利用ください。

さすがに創刊当初のものはありませんが、
2006年以降に出版した号はある程度そろいそうです。
そのほか、DVDや書籍、別冊などを販売する予定です。

両日とも午前9時から午後4時までとなっています(入場無料)。
釣りがてら、遊びに来てください。
(山沢)




northanglers at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月15日

カキの美味しい季節

twitterでつぶやく

この頃、釣り=ラーメンで、
以前は大好きだったパスタが
すっかりご無沙汰になっていましたが、
この間、10年前に1度訪れたイタリアンレストラン
Ristorante『CapriCapri(カプリカプリ)』へ。
(札幌市白石区栄通19丁目3-1)
 
一歩中に入って、ギクリ。
店内は改装されており、
結構お高い雰囲気……。
恐る恐るメニューを開いた後、
良心価格を見て思わずこぼれる笑顔。
道産の食材を多く取り入れる中、
自然と目に止まるのは好物なカキ
『厚岸仙鳳趾の殻付きカキとブドウの海水ジュレ仕立て』1ヶ380円。
(※ジュレとは、ゼリーのこと)

厚岸でいただいたカキといえば、
厚岸味覚ターミナル『コンキリエ』内や、
本誌でもご活躍中の津田明宏さんの津田水産『弁天牡蠣』。
ふっくらと見えながら、
プリプリと柔らかさを合わせ持った身と、
磯の香りが鼻と口全体を包み込む忘れられない味。
一般的にrの付く月(9〜4月)に食べ、
rの付かない月(3〜8月)は産卵で栄養がなく中毒になりやすいので、
食べないといわれています。
しかしながら厚岸では殺菌、検査などを厳しく行い、
一年中出荷されている安心、安全のカキなので、
皆さんもぜひ召し上がってみてください♪

「せんぽうし」と読む仙鳳趾は厚岸湾の西岸にあり、
獲る漁師さんが限られて漁獲量も少なく、
高値ゆえ道内ではそれほど流通しないそう。
そんな価値ある大きな宝石だったのですが、
ツルリと口を滑ってほんの数秒でお腹に収まってしまいました。
撮影用に(言い分け)、もう一つおかわり。
パスタを楽しみに行ったはずが、
すっかりカキにやられて帰りました。

kaki 














翌日からやたらとカキが恋しくなり、
毎年この時期に開催される
『あっけし牡蠣祭り』を思い出しました。
行った人は皆さん口々に
「たくさん食べてきた」とご満悦な様子。
(よし、今年こそは!)と、
本日調べてみると、
12日に幕を閉じていました。
 
カキを食べた後の祭り、ってところでしょうか。

(M嬢) 



northanglers at 11:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年10月14日

寒っ!

twitterでつぶやく

今年は冬の訪れが早いようで、

ここ最近めっきり寒くなってきました。

そしてついに昨日、事務所にあるコイツ↓のスイッチを入れてしまいました。

ストーブです。
ストーブ












一度点けてしまうともうダメで、体が温かさを覚えてしまい、

ちょっとでも寒いと、ついついスイッチに手がのびてしまいます。

昨日、撮影の打ち合わせで来社したカメラマンのS氏も、

ストーブを使い始めたそうなので、

すでに使用している家庭も多いのではないでしょうか。

先日の3連休では路面凍結や積雪といった注意報も出ていたようです。

今冬の初雪はもうすぐ!?
(山沢)








northanglers at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月13日

戸澤求さんの最新デルタシューティング収録

twitterでつぶやく

MZか……。
シューティング・スペイキャスティングの第一人者、
戸澤求さんの新しいキャスティングスタイルです。
今年の5月、フライフィッシングフェスタ阿寒で初公開し、
大反響だったキャスティング方法です。
どちらの方法も、これまでよりラインが水面に干渉しません。
つまり、静かなわけです。
で特に、風などがない静かな湖面でのヒット率も格段に上がります。


M
Zとは、ロッドの軌跡を表わしています。
これがちょっと複雑で誌面では説明が難しいので、
東京の本社からフライフィッシャー誌の滝編集長以下DVDスタッフと
戸澤さんが屈斜路湖に集合。
屈斜路湖は戸澤さんが愛してやまない湖です。
なんでも、30年前の中禅寺湖より素晴らしいとか。


屈斜路2





9
日は台風18号が道東直撃。
しかし、道内の地方空港も強くなって、
女満別空港に無事ランディング。
収録は12日いっぱいやりました。
悪天候の中さすが戸澤さん、
60cmクラスには数度やられてしまいましたが、
バッキングを50m引き出した60弱は見事にキャッチ。


そして、今回の目玉であるMZキャストは、
上空から見ていただかなければ説明できないと、
高所作業車を使用。
なんと、弟子屈町議員の近江屋茂さんが自ら運転して、
スタッフを上空に上げてくれました。
町を挙げての応援には、感謝という言葉しかありません。
12日は快晴微風。
上空から、これまでにないキャスティング映像が収録できました。


屈斜路1





このDVDは、12月に発売します。
もう5mのディスタンスに悩んでいる私自身、
かなり楽しみにしています。
(若杉)




northanglers at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!