2010年02月

2010年02月23日

早春は格別!

twitterでつぶやく

明日あたりから幾分

海況はよくなってくるようですが、

先週は波が高く、

海アメ・海サクラの釣果はパッとしなかったもよう。

まぁ、2月はいつもこんな感じとはいえ、

今年は特にシケの日が多いような……。

 

波が高いときは無理をせず、

港でのんびりイトを垂れるのもいいものです。

といっても、海アメ・海サクラではなく、

僕のオススメは↓。



カワ
 
















北海道でカワガレイと呼ばれるヌマガレイ。

マガレイ

クロガシラガレイ

マコガレイ

ババガレイ

イシガレイ

ソウハチなど、

投げ釣りで釣れるカレイ類は豊富な中、

カワガレイの人気は最低ランク。


しかし、早春は食味がよく、

ねらって釣るマニアもいます。

確かにこの時期は臭みや水気が少なく、

身がしまっていて
刺身で食べると本当にイケます。

僕の経験では、

川の流れ込みが近い場所で釣った個体ほど

美味しいように感じます。

 

2530僂レギュラーサイズとはいえ、

場所によっては4050僂癲

小樽や余市、美国などで釣果が聞かれるので、

釣って食べてみてはいかがでしょうか。

(平沢)




northanglers at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月22日

今年の渓流は道産子も必見!

twitterでつぶやく

渓流


















今日、事務所に『渓流』が届きました。

写真が奇麗で個人的に好きな記事が多く

同じ会社ながら発売が楽しみな一冊です。

 

今回の特集は

「大和、日光、蝦夷、御儀 イワナ原種の旅」。

北海道を舞台にした記事はなくても、

各地域の個性あふれる美しいイワナに釘付けになります。

「2種6亜種、日本のイワナ図鑑」は

道産子も参考になるでしょう。

 

また、道内在住ライターのリポートもある

「知っておきたい渓流の隣人 熊学」は道産子必見。

じつに興味深いヒグマの生態は

どんな釣りを楽しむ方も知っておくべき。

 

まだまだ北海道は雪が多く、

渓流シーズンまでは遠いのですが、

毎年これを読むと

つい渓流用のルアータックルを取り出し

ニヤニヤしてしまいます(笑)。

(平沢)



northanglers at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月19日

鮭鱒鮃本

twitterでつぶやく

以前、当ブログでH副編集長が紹介していた別冊・鮭鱒鮃本。

 

現在、そちらの作業を進めています。

 

近年、続々と専用タックルが出てきたこともあり、

 

誌面ではそれらをドーンと紹介するカタログページを設ける予定。

 

そんなことで、あらためてソルトルアーの歴史

(特に海アメ、海サクラ)を
再確認しようと

過去のノースを読み返して勉強中。

 


海アメのミノーイングが大ブレイクしたのは2002年。

 

その年にアニバーサリーモデルとして限定発売された、

 

デュオ社の『タイドミノースリム140』が多くの釣果を残し、

 

翌年、各社からビッグミノーがリリースされ始める。

 

『ショアラインシャイナーSL-14F-G』(DAIWA)が

登場したのもこの頃。

 

それから2005年、愛用者の間で「イナゴ」と呼ばれた、

 

『タイドミノースリム175』で次々と大型がキャッチされ、

 

ロングミノーブームが訪れる、

 

ってな感じです。

 

今日はこのへんで。

(山沢)

moアブ120f



northanglers at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月18日

ヤリイカまだイケる!

twitterでつぶやく

先日、イカサマ友人から届いた

刺激的な画像が↓。


デカヤリイカ
 













最小でも胴長36僉∈蚤腓39.5

なまらでっかいヤリイカなんでしょ!

 

もうあまり数は出ないとはいえ、

釣れたらこのサイズだそう。

数が出ないといっても、

友人は11パイGET。

このサイズがそれだけ釣れたら

誰もが大満足のはず。

 

問題は波ですが、

ナギさえすれば道南日本海の磯

まだイケそう。

海サクラ+ヤリイカの美味しいプラン

イカがですか?

 

釣行の際はライフジャケット着用で

くれぐれも足もと、ウネリにお気をつけて!

(平沢)




northanglers at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月17日

昔の2大エース

twitterでつぶやく

昨晩、タックルボックスを漁っていたら

なつかしいルアーが出てきたので、

昔、湖と渓流で主力だった2本を紹介します。


クルーカー
 









これは『クルーカー』。

速巻きだと水面から飛び出してしまい、

スローリトリーブでしか使えないのですが、

ノタノタ泳ぐ独特のアクションは

まさに弱った小魚。

これに良型ブラウンが「バクッ」と出たときは

心臓が止まるかと思いました(笑)。

左はアルミ張り仕様のワカサギカラー

右はボディー内部に反射材が入り、

水中であやしくアピールします。

当然、重心移動機構は備えておらず

自重が軽く飛ばないのが難点とはいえ、

湖の岸近くでボイルを発見したら

今もたまに投入します。


ラグゼ







お次。

右は『Lミノー』。

左はその前身の『ラグゼミノー』。

見てのとおりずんぐりしていて

最近のミノーにあまりない形状ですが、

小粒でよく飛び、そしてブリブリ泳ぎ

渓流でイイ仕事をしてくれました。

Lミノー』は絶版になっていましたが

最近、めでたく復活。

再び入手できるのはうれしいです。

D-3カスタムルアーズの福士さんが

このミノーに影響を受けて

『ダリア』を作ったエピソードを

自身のブログで書いていますが、

意外に隠れファンは多いのかもしれません。

 

それと、

自分で作ったミノーも出てきましたが、

粗末なので掲載は止めておきます(笑)。

(平沢)



northanglers at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月16日

春は新商品の季節

twitterでつぶやく

2月1214日の3日間

パシフィコ横浜で開催されていた

『国際フィッシングショー2010』が大盛況で閉幕。

事務局の発表では、

総入場者数は5万5458人、前年比6.8%アップ。

今年は札幌編集部から誰も行けなかったのが残念。

 

フィッシングショーといえば、

何といっても気になるのは新商品。

道内のルアーアングラーの注目度が高いのは

DAIWA(グローブライド)とシマノからリリースされる

人気スピニングリール『セルテート』と『ステラ』の新モデル。

 

また、DAIWAでは、海アメ、海サクラに適した

『イグジストハイパーカスタム3012

1万円台前半のショアジギング用ロッドシリーズ

『ジグキャスター』も見逃せません。

 

シマノでは「がんばロッド」と銘打たれたロッドシリーズ

『ソルティースティック』も気になるところ。

 

今月は各社から続々とカタログが届いていますが

その中から個人的に気になるモノをメーカー別に……。

 

がまかつ

ジグヘッドの代表作『ラウンド25』の進化バージョン

『ラウンド25R』と

防水透湿素材の沖釣り用アウターパンツ

『チェストハイデッキパンツ』。

 

スミス

スピナーのブレードとミノーが一体化した

『エーアール・HDミノー』と

人気ミノー『チェリーブラッド』の

リップレスシンキングバージョン『LL70S』。

 

ティムコ

ガス膨張式インフレーターの救命補助具を内蔵したタックルベスト

『ボイル インフレータブルオーシャンパック』。

 

モーリス

サクラマス用シングルフック

『バリバス スーパートラウト アドバンスフック サクラマス』と

管理釣り場用PEライン

『バリバス スーパートラウト アドバンス エリアエディションPE』。

 

毎年そうですが、

春は一年で一番、金欠になります(笑)。

(平沢)



northanglers at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月15日

週末の道南日本海

twitterでつぶやく

土日は別冊とノースの撮影で、

島牧〜鹿部をぐるっと周ってきました。

 

途中、海サクラ釣りでにぎわう熊石などで

釣り人に話しかけてみましたが、

あまりパッとしないようす。

木曜の祝日は熊石や江差、乙部で好調が伝えられたものの

金曜から水温が下がり、

魚の活性が低くなってしまったようです。

それでも60僖ーバーを頭に海サクラを3尾、

ゲットしていたアングラーもいました。

羨ましいですねー。

今後、釣果のカギを握るのは水温でしょうか。

 

それにしても今年の2月は寒い……。

(平沢)



northanglers at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月12日

チャリティー写真展

twitterでつぶやく

写真展







昨日は出社前、

小誌のプレゼントコーナーなどを撮影していただいている

カメラマン・齋藤義典さんが参加する

社団法人APA北海道支部チャリティー写真展を鑑賞。

 

近年のデジカメブームのせいか、

朝からけっこうなにぎわい。

ちょうど齋藤さんがいらして、

釣りやカメラの話に花が咲きました。

知床のオオワシやエゾシカ、

野付湾から昇る朝陽などのネイチャーフォトも多く、

釣り人も楽しめると思います。

また、最近の流行みたいで

モノクロ写真が目立ちました。

 

4プラ7階の自由広場にて、14日まで開催されています。

写真に興味がある方は

のぞいてみてはいかがでしょうか。

(平沢)



northanglers at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月10日

ニシンが豊漁!

twitterでつぶやく

昨日、小樽沿岸がニシンの群来に湧いた。

小樽漁協によると、

漁獲量はこの時期としてはここ10年で最高だとか。

 

そんなわけなので、

今年は小樽港のニシン釣りも好調。

1月から釣れているが、

今も良型交じりで楽しめるみたい。

夜釣りで寒さは辛くても、

飽きない程度に高級魚が釣れたら

誰もが長居してしまうはず。

 

近年の道内は、美味しく食べられる釣りが静かなブーム。

その筆頭がヤリイカ、マイカ、マメイカのエギングだが、

擬似餌を使わないチカ、ワカサギ、

キュウリウオ、シシャモなどの小物にまで、

挑戦するゲームフィッシャーマンが増殖中。

かくいう僕も美味しい魚に目がなく、

車には必ずコンパクトロッドと

サビキ、投げ仕掛けを常備(笑)。

いつも海の取材前後は港をパトロールしますが、

何かがあがっていたら自分もサオをだしてみます。



ニシン





 










写真は数年前に釣った27?。

今年こそは尺ニシンに出会いたい。

(平沢)




northanglers at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月09日

小腹が空いたら

twitterでつぶやく

昨日、無事最新号が発売になりました。

というわけで、本日はお世話になっている取引先に見本誌を

届けに行ってきました。


その訪問先でいただいたのがコレ↓
お菓子













3月1日に発売される新しいスナック菓子『えびカリ』です。

製造元のプロモーションをやっているそうで、

担当の方のご好意でいただいちゃいました。

このお菓子はカレー専門店・札幌カリーヨシミとのコラボ商品で、

生地にエビが練りこまれ、オリジナルのガラムマサラが使われている本格派。

新潟県にある岩塚製菓が製造しており、

亀田製菓などと同様、当地を代表するお菓子メーカーなんです。

実は千歳に工場があり、北海道にもなじみ深い企業です。

今日はこれを食べながら、仕事に励みます。
(山沢)


northanglers at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!