2010年11月

2010年11月08日

根ボッケにバイト

twitterでつぶやく

生まれも育ちもずっと札幌なのに

街中が苦手な私ですが

(かなりの方向音痴でよくパニックに陥るため)

この前、丸井今井大通別館(中央区大通西1)8階にある

海鮮創作料理シーフードレストラン『ジュノー』にて

ランチを食べて来ました。

冬のワカサギ釣りで釣り人を温かく迎えてくれている

石狩湾新港東の佐藤水産の直営で

以前から気になっていたお店。

なお、店名はキングサーモンなどで有名なアラスカ州

州都ジュノーから付けられたそう。

 

じつはお店に入る前、

高級そうな雰囲気に躊躇したのですが、

店の前にあったコースメニューに

“礼文産根ボッケ”の文字を見つけ、

今年の数度の釣行でネボッケ好きになった私は堪らずバイト。

テレビ塔や大通公園を眺めながら、

海鮮麺のオードブル、サクッとホクッとした根ボッケのムニエル、

チャウダースープ、濃厚な洋風茶碗蒸し、

そして〆のデザートのカボチャを堪能。

和と洋のコラボとともに

道内初の野菜ソムリエ認定レストランで

色、味の深い野菜まですべて美味しくいただきました。


ジュノー







 









たまには、こんな素敵な食事もいいものですね♪

(M嬢2)




northanglers at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年11月05日

プチ青もの3連発!!!

twitterでつぶやく

今日の朝刊に寿都で8〜10キロのブリが大漁とありましたが、

そんな状況ならもちろん、釣るチャンスも大でしょう。

 

ショアからねらうブリ=ショアブリの釣りを

小誌で初めて紹介したのは2005年の秋だったはず……。

当時はまったくポピュラーでなく、

記事の反響は大きかった。

それから徐々に

ショアブリをねらうアングラーは増えるも

専用タックルは当時、高価格帯のものが多く

少々敷居が高かったのは事実。

それがここ数年で

ショアからジグで青ものをねらう釣り

ショアジギングが全国的に盛り上がり、

財布にやさしいエントリーモデルも増えてきました。

今はまさにショアブリ、ショアジギを始める好期。

 

日本海側の磯でよく釣れるのは

30?前後のフクラギクラスが多く、

ブリクラスの大型の群れに出会うのは稀でも

ビギナーはまずフクラギでウデ試しをするのは悪くないのでは?

来週発売の次号では

「プチ青ものLF3連発!!!」と題し、

アジとサバのライトゲームに加え、

エントリーモデルで挑むフクラギの記事もあります。

(平沢)

 



northanglers at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年11月02日

2011ニューアイテム

twitterでつぶやく

先週、札幌の釣具問屋・アイビック社主催の
新製品展示会があり、見学に行って来ました。

会場には、これからシーズンを迎える、
海アメ&海サクラ向けのニューアイテムが
ずらりと展示されていました。

そのなかから、気になったものを幾つか紹介したいと思います。


まずは、フリークにはおなじみのデュオ社。
今年はジグミノー『プレスベイトカムイ』と
ロングミノー『タイドミノースリム175フライヤー』に
北海道限定カラー4色が加わります。
プレスベイトタイド








こちらはバスデイ社のミノー『ログサーフ124F』。
北海道を意識したBP(バスデイプレミアム)カラーが
5色登場します。
バスデイ













ジグミノーブームの火付け役、
リセント社の『KJ-125』にもニューカラーが4色追加。
ricent













そして、フィールドハンター社からは、
人気ジグ『トンデン』の2011年限定モデル『11(イレブン)』がリリース。
地元アングラーの意見、要望を取り入れた、
リアルなカラーリングが特徴です。トンデン








最後に、『P-BOYジグ』で知られるタックルハウス社からは、
新たにジグミノー『コンタクトイーノ』が発売されます。

タックルハウス












そのほかは、
12/8売りの1・2月合併号で詳しく紹介します。
(山沢)


northanglers at 18:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2010年11月01日

カジカを飼う

twitterでつぶやく


私事で恐縮ですが、
カジカを飼い始めました。

kajika











全長約23センチ。 おそらくトゲカジカ(ナベコワシ)

水槽セットをいただいたのがきっかけです。
当初は何を飼うか迷いましたが、
生命力が強そう、
捕食を見るのが楽しそう、
という理由でカジカになりました。

「カジカならやっぱり日高でしょ」。
10月上旬に水槽の主を求め、
新ひだか町静内漁港でロッドを振ると、
1投目であっさりヒット。

目が花みたいなので、
ハナと名付けて可愛がってます。
普段は動かなくて面白みに欠けますが、
エサを食べるときはスゴイ。
「バコン!」という音を出し、
ほぼ丸飲み……。
エサは冷凍のマメイカとワカサギ。
大食漢のイメージがありますが、
サイズも小さいからか、
マメイカ2杯で満腹になるようす。
水槽の中だと運動量が少ないからかも。

ただ、水温が上がるのが怖くて
ストーブをつけられないのが問題。
玄関に水槽を置くしかないのでしょうか?
(小林)






northanglers at 19:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!