2011年02月

2011年02月08日

冬の実り

twitterでつぶやく

毎年12月、

楽しみにしているものがあります。

それは雪のなかでチルド状態で貯蔵され、

凍結を防ぐのに糖度が増した

“雪の下”とよばれる野菜たち。



yuki













 








大根、キャベツ、長芋、人参などをよく見ますが、

じっくりと蓄えられた甘みは

スイーツになれるのではと思うほどの味もあり。

寒さに耐えて真ん中が少し割れていたりして

何だかすごいパワーを感じ、

色は普通のものと比べて鮮やか。

白色はそれこそ雪を連想させる純白色のよう。

スーパーの野菜コーナーへ行くと

ひときわ輝いているようにも映ります。

 

大雪や暴風雪でうんざりすることもあるとはいえ、

豊かな大地で育まれたうえに

雪国ならではの格別な美味しさを想えば、

自然とありがたい気持ちになり、

ちょっと愛しくも思えてくる冬の実り。

 

さて、今晩は何をいただこうかな?

 (M嬢2)

 



northanglers at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月07日

社内禁煙

twitterでつぶやく

以前ご紹介したように

 

これまで喫煙所は台所の換気扇下でしたが、

 

先週より室内全スペースを禁煙としました。

 

で、孤独な喫煙者の僕は

 

バルコニーでプカプカやってます。

 

氷点下5度を下回る夜、

 

吹雪をまともに受けながら

 

ジャンバーを羽織って震えながら吸っていると

 

「止めようかな〜」と少し、思います。

 

さっきなんか凍って窓が開かず

 

バルコニーに出られずにやむなく断念。

 

1本のタバコを吸う大変さを実感しています。

 

ちなみ社内禁煙を決めたのは、

 

買い溜めが少なくなってきて

 

タバコの本数を減らしたい僕。

 

今のところ、うまくいってます。

(平沢)

 

 



northanglers at 17:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月04日

28人目の釣りガール!

twitterでつぶやく

「今年は釣りがくる!」といわれ、

釣りガール・釣女といった言葉が、

昨年暮れからマスコミをにぎわせています。

北海道はこのブームが来る前から女性アングラーが多く、

2008年5月号からスタートした小誌の大好評連載

「サカナより貴女が気になる」は

来週発売の82号でもう28回目!

僕はそのうち24回取材しましたが、

皆さん「釣りが好き!」という気持ちが

ビシバシ伝わってくる素敵な方ばかりでした。

で、次ご登場いただくのはこちらの方↓



_DSC8958_065









 





釣り好きが高じて

昨年から札幌市内の有名釣具店に勤めているので、

見たことがある人も少なくないはず。

ルアー&フライではなく

堤防の投げ釣りを好む“投げガール”で、

イソメに触るのはへっちゃら。

サオに三脚、それにエサや仕掛けが入ったバッカンを担ぎ、

JRで釣行することもあるほど気合が入っています。

詳しくは次号で!

 

そういえば僕も免許を持っていなかった学生時代、

チャリを何時間も漕いで川を彷徨ったり、

列車に揺られて尻別川などに行ったな〜。

遠出すればするほど、釣れなかった記憶があるが……。

(平沢)




northanglers at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月03日

採れたて

twitterでつぶやく

昨秋リリースした

『北海道ショアの海サクラ&海アメ』が

おかげさまで大好評。

そこで今年は5〜6月の発売をめざし、

ノースアングラーズDVDコレクション

第2弾の制作を進めています。

その内容は……もう少し経ってからご紹介しますね。

で、先ほど撮影&編集を担当していただいている

映像スタッフ・O氏がお土産をもって来てくれました。



20110203181617





















豊浦の海で育った新鮮な天然ワカメとホタテ!

1〜2月の厳寒期に採れるワカメは

このままでも食べられるほど美味で

味噌汁に入れるもよし

さっと湯を通してからワカメサラダにするもよし。

この時期を過ぎると伸びきって味が落ちるそうです。

ホタテはちょうどDVDサイズの3年もの。

もちろん刺身でいただきます。

 

今日は早く帰って一杯やりたいです〜。

(平沢)




northanglers at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月02日

ホンダと私

twitterでつぶやく

もう123年以上前、

父の本棚を眺めていたときのこと。

今でこそ釣り人生がありますが

当時は何もなく悩んでいた頃。

そんな折、タイトルにひかれ手に取ったのが

坂崎善之『人生の達人・本田宗一郎』。




honda





















Honda
釣り倶楽部でおなじみのホンダ、

本田技研工業の創業者です。

平成385日、

享年84歳で他界されましたが、

一代で世界のホンダを築かれた

素晴らしい技術と事業、そして人格は、

今もなお語り継がれています。

これは生前の談話が書かれているのですが、

ひとつとても印象に残った名言があり、

現在も時々、

取材が難航しているときなどに思い返します。

 

簡略すると、

「人間はできる、できないがあっていい。

ひとりで何でもできるほうがおかしく、

得手不得手があってこそ世の中がうまくいく。

地球に何10億の人がいて、

得手不得手をもって生きているのだから、

他人の分までできなくったっていい。

ひとりにひとつ、得手があればいい」

 

でも、私には「これなら負けない!」

と胸を張れる釣りジャンルがない……。

(M嬢2)

 



northanglers at 13:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月01日

フィット

twitterでつぶやく

昨夏、僕の愛車でもある

「エアウェイブ」が生産終了。

燃費はいいし、荷物はたくさん積めるし、

足を伸ばして快適に車中泊できるし、

それほど車高が低くないので釣りに最適の車。

なくなるのは惜しいな〜と思っていたら、

知り合いの営業○井さんから、こんな案内が。


20110201113530










 






フィットのワゴンタイプで、

その名も「フィットシャトル」という

実質的なエアウェイブの後継車が

3月に発表になるそう。

スペックを見ると5ナンバーサイズで

荷室スペースはエアウェイブとほぼ同じ。

もちろんハイブリッドもあり。

見た目やフォルムなんかは

エアウェイブよりも上質な感じ。

これはイイ!

ところでシャトルといえば、

ホンダ通なら1980年代に生産された

「シビックシャトル」が思い出されます。

シャトルの名が使われるのは、それ以来なのでは?

 

話は変わりますが

Honda釣り倶楽部の魚ゲット作戦では

本社のスタッフが現行フィットのハイブリッドで

スーパーレインボーに挑んでいます。

気になる方はのぞいてみてください。

(平沢)

 




northanglers at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!