2011年05月

2011年05月27日

カエルぴょこぴょこ

twitterでつぶやく

本誌78号『エサとルアーでねらうナマズ』

で試したポカン釣りから、

カエルに興味を持ち始めました。

今号の鱒釣り人のベイト図鑑でもうれしくなって、

ぴょこぴょこしてしまったほど。

よく見かけるニホンアマガエルがけっこう好きで、

クリクリの目と

鮮やかで艶めかしい緑の小さな体がキュートです。

 

最近、用事で札幌市の区役所へ行ったとき、

さっぽろ円山動物園だよりに掲載されていた、

4月オープンのは虫類・両生類館の展示動物に思わず絶句。

熱帯雨林などに生息している、

濃紺の斑点に青や青紫の宝石のサファイアにも似た体色が、

すごく美麗な『コバルトヤドクガエル』を発見!

写真でしか見たことがなく憧れだっただけに、

近々、ぜひお目にかかりたいと思います。




kero









 












ところで、もうシーズンは始まっているので、

今年こそ何とか釣らなければな、まず……。

 

札幌市円山動物園(札幌市中央区宮ヶ丘3-1

 

PS・美漁師さん、お心が深くこもったコメントを

ありがとうございます。

取材当日は可愛いカエルちゃんに出合えたからこそ、

多少無理ができちゃったのかもしれません!?

(M嬢2)


 



northanglers at 20:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2011年05月26日

イチオシで釣りガール

twitterでつぶやく

月〜金、午前6時25分から放映されている

HTBの人気テレビ番組

「イチオシ! モーニング」で明朝

昨年辺りから全国的にブームになっている

“釣りガール”の特集が組まれています。

釣りガールの現状などについて

不肖ワタクシメもインタビューを受けました。

ご覧ください。

 

ところで84号、現在編集中の85号では

誌面製作上の都合上、

「サカナより貴女が気になる」の連載をお休みしましたが、

86号から再開する予定です!

(平沢)



northanglers at 16:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年05月25日

胸が痛い

twitterでつぶやく

先週から、

何をやっても胸がドキドキしてたまりません。

 

キレイな女性アングラーから

「ヒラサワさんって、ステキですね」

とか言われたからではなくて、

 

肋骨を折ってしまったからです……。

 

靴を履こうと屈んでズキン

 

窓や戸を開けるのにもズキン

 

咳をしてズッキーン

 

寝返りを打つとズッキーーン。

 

そんな感じで1日100回くらい

 

顔をしかめています。

 

でも、締切は容赦なくやってきて、

 

僕の胸をさらに締めつけるのでした。

(平沢)



northanglers at 21:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年05月20日

続々・釣り旅北海道

twitterでつぶやく

2年に一回のペースで発刊している『釣り旅北海道』。
この7月初旬に出す第三巻の取材で狸小路へ繰り出した。
今号は札幌にも焦点を当てて、
市内の美味しいもの屋さんを訪ねての一環。

え、札幌にも釣り場があるの?
本州のアングラーからそんな言葉が聞こえてきそうだが、
200万都市札幌には開拓時代から残された原生林もあれば、
中央を縦貫する豊平川にはヤマメ、イワナ、ニジマスはもちろん、イトウだっている。
豊かな緑と水は、世界をみても間違いなく類のない大都市なのだ。
そして、そこは美味しいもの屋さんの宝庫でもある。

今回はそんな札幌を知り尽くす達人たちと、
今宵おすすめの『家庭料理まさき』へ。
masaki














写真中央、笑顔が素敵な若女将の右が、
今回まさきをご紹介いただいたアングラーズドクターの緑苑クリニック院長の佐藤光一先生。
先生は石狩川イトウの会顧問で、グルメ・グルマンで知られる人。

若女将の左が星野尚夫札幌観光協会会長。
星野さんは北海道観光振興機構副会長でもあって、
札幌では雪まつりやYOSAKOIソーラン祭りの元締め。
そしてなにより、フライフィッシャーという粋な人。

手前左が本誌やFlyFisher誌でおなじみ、フライフィッシングのスペシャリスト下山巌さん。
札幌育ちの下山さんは、豊平川やその水系、
札幌周辺の渓流や川には抜群に詳しい。

そんなお三方は『続々・釣り旅北海道』の応援団。
次々に運ばれてくる、旬の食材に一手間二手間かけた
料理に太鼓判を押してくれた。
masaki2












まさきは、早い時間はサラリーマンで一杯の人気店。
若女将もそうだが、元気で如才ない女性スタッフたちも
皆さん美人揃い。
口うるさいおじさんたちにイヤな顔ひとつしなかったのは特筆モノでした。
(若杉)
 

northanglers at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月19日

北海道の鱒釣り

twitterでつぶやく

以前紹介した新刊書籍

『北海道の鱒釣り』が、

いよいよ発売になります。
hon







旅をテーマに、道内の川、湖のトラウトフィッシングを

綴ったもの。


全272ページ中、半分はカラーページ。

ふんだんに写真を使い、とても読みやすい作りです。

価格は1890円(税込)。


今週末から来週にかけて、

店頭に並ぶと思いますので、

気になる方はお店をのぞいてみてください。
(山沢)








northanglers at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月17日

Xデーはいつ?

twitterでつぶやく

今朝、次号のフライこの一本でご協力いただく

千歳市のKさんが来社。

そのKさんの友人が先日、

積丹半島を一周してきたそうですが、

第一報は「海サクラいない」。

僕も日曜日、海サクラねらいで裏積丹に行ってきたのですが、

まったく魚っ気がなく……。

積丹は例年、5月中旬はハイシーズン。

もうバシバシ釣れていいはずなのに

明らかに遅れています。

積丹だけでなく寿都や島牧など、

道南日本海の人気フィールドも不調のまま。

一方、もうシーズン終盤の熊石がまだ釣れていたりと

今年の海サクラはようすがおかしいと思っているのは

僕だけではないはず。

でも、サクラマスは必ず川に帰るはずだから

これから各地でXデーが訪れるかも……。

まだあきらめず

海の状況がよくなるのを待ちましょう!

(平沢)

 



northanglers at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月16日

今年の熊のことは……

twitterでつぶやく


画像の爪は本誌76

『地の果てのメガはホッケだけじゃない!』で

斜里町ウトロへ取材に行った際

知床民芸店えぞ鹿角工房『カルペ』で買ったヒグマのもの。

なかなか手に入らずようやく見つけた貴重な魔除けであり、

普段から身に付けています。

 

42日〜58日まで

北海道環境生活部、総合振興局や振興局は

春の『ヒグマ注意特別期間』としていました。

今年は前年が豊作だったため出産が増える傾向にあり、

春〜初夏は親子グマ、初夏以降は子グマの出没が多くなるそう。

ヒグマ捕獲数・被害の状況という表では、

平成122年までの平均捕獲数は約350頭、

最少が6年の約180頭、

最多は農作物も大きな被害を受けた21年の約650頭で、

人身被害の年平均は約2人。

 

川や湖へ釣行する機会が多くなる季節ですが、

『熊のことは、熊に訊け。』を読み終えてから

出掛けることをおすすめします。




tsume























(M嬢2)

 



northanglers at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月13日

桜と鮃

twitterでつぶやく

今日は暴風雨になるとの天気予想だったので

その前にと昨日、

八雲町熊石に行ってきました。

 

ねらいはもちろん海サクラ。

例年ゴールデンウイークを過ぎると釣果が落ち始めるのに

今年はどういうわけか釣れ続いています。

ただ、接岸して時間の経っている群れが多いのか

いても食いは渋く……。

そう分かっていても跳ねやモジリを見ると

ヤル気に火が点いてしまうのは釣り人の性でしょう。

 

朝は有名サーフでロッドを振るもダメで

日が昇ってからプレッシャーが低いであろう

見落としがちな小磯に移動。

そこでいいサイズが出てくれました。

詳しくは次号で紹介します。

 

この日は何と、

35僂△襪ないかのリリースサイズながら

ヒラメも釣れました。

海サクラのシーズン到来が遅かった今年、

6月はサクラとヒラメ

両方ねらえるかもしれませんね。


_DSC0482_076














(平沢)





northanglers at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月12日

NEWルアー

twitterでつぶやく

いつも協賛いただいているデュオ社から、


読者プレゼント品として、新製品のルアーが届きました。

 

 


『スピアヘッド・リュウキ』という

トラウト用シンキングミノーです。

 ルアー
















45
ミリ4g50ミリ4.5g2モデルがあり、

 

北海道限定カラーもラインナップされています。

 

なかでも、注目はその値段。

 

高いクオリティーを保ちつつ、定価は税込で何と1050円(!)。

 

これなら、ロストを気にせず、

 

ガンガン攻められるのではないでしょうか。

 

釣りを始めたばかりのビギナーにもオススメです。

 

次号でプレゼントしますので、お楽しみに。

 

(山沢)









northanglers at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月11日

週末は小樽へ

twitterでつぶやく

ゴールデンウイークの大半は

デスクワークに終始しましたが、

一日だけ取材で小樽の洋上に浮かんできました。

 

ねらいはビッグソイ。

遊漁船は49号で表紙を飾った

63僂猟饗膩燭鯑海い討れた一成丸を利用。

船長の早田さんによれば

まだ食いは渋いながらも、出れば良型とのこと。

期待に胸ふくらませて早朝から出港し、

見事ご協力いただいたアングラーが

45僂貿るグッドサイズをキャッチ。

その後、ボートエギングを試すと

胴長30僖ーバーのヤリイカが顔を見せてくれました。

この模様は6月8日発売の85号で掲載します。




_DSC0309_075







 








途中、ボートから陸のほうを眺めるとズラリと車の列。

昼過ぎに下船して帰路に着いたのですが、

祝津はおたる水族館をめざす車で渋滞していました。

ちなみに、そのおたる水族館では5月31日まで

特別展「釣り 〜Alive Fishing〜」を開催中。

GWに家族サービスを怠ってしまったパパアングラーさんは

釣り+水族館のプランで小樽に出掛けるのもよいのでは?

気軽にアプローチできる小樽港では

ホッケ、アブラコ、ヤリイカが好調なようです。

(平沢)





northanglers at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!