2011年07月

2011年07月29日

O.tone誌で釣り特集!

twitterでつぶやく


20110729110002














ガールにとどまらず

道内は広く釣りブームのようで

40歳以上のオトンが読者層の情報誌

O.tone』誌で釣り特集が組まれています。

表紙は旨そうなウナギ。

 

13ページを割いて

堤防、川、湖、沖釣りの魅力を紹介。

本誌が協力した札幌至近の海釣り場集も掲載されています。

ご覧になってみてください!




20110729110029








 









ようやく別冊2誌とノースの編集作業が終了。

束の間の短い夏を満喫したいと思います……。

(平沢)

 




northanglers at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年07月28日

烏出没注意

twitterでつぶやく

ka



















いた!

 

毎年38月の通勤時は周りに注意を払って歩きます。

イカを漢字で書くと現れるカラス(烏)の繁殖期間で、

背後から頭をついばもうとするかのように飛んで来たり、

糞を落としたりと時々威嚇されるからです。

当たり前ですが魚がルアーをついばむのとはわけが違い、

厳つく尖ったくちばしは稀ながらも、

ケガをする人もいるほどけっこう危いんです。

 

巣に接近してくる子どもや女性などの弱者と、

頭に光って目立つものがあるとターゲットになりやすいとか。

あまりに危険だと巣を撤去する場合もあるようですが、

自らできる対処法で身を守り共存しています。

巣を遠ざけて歩いたり、

キャップやフード付きの上着で頭を覆う、

目を逸らさず毅然とした強さを見せて隙をつくらないなど。

私は読書しながら歩いているときに多くやられるので、

特に気をつけています。

でも、妹は髪を数回引っ張られたことがあるし、

父も視線をよく感じるそうで普段キャップを被っています……。

 

伊藤家には代々、カラスを惹きつける何かがある?

(M嬢2)

 



northanglers at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年07月25日

エギング本

twitterでつぶやく

本日、事務所に新刊『エギング北海道』が届きました。


北海道支社では初となるDVD付きの出版物。


表紙















こんな感じで、最後のページに、

DVDが貼り付けられています。


DVDDVDアップ












豊富なヒットシーンを交えつつ、

誘いからポイント選択、イカ刺しの作り方まで

楽しく分かりやすい60分です。




誌面のほうは、

1)ヤリ、マメ、マイカの完全釣り方ガイド

2)イカ釣り場が分かる全道ポイントマップ

3)ウエアや必須アイテムを紹介したスタイル&タックルカタログ

4)道内で手に入りやすい餌木を取り上げ、

全カラーリングを掲載した餌木カタログ

といった内容です。


カタログページ













店頭には27日水曜日に並ぶ予定です。

 

98ページ+DVD60分 1890円(税込)

 
(山沢)



northanglers at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年07月15日

ヌカりなく……

twitterでつぶやく

ブログから本誌77号の連載と

『吸血テレストリアルも無視できない!』まで、

足をヌカカに60数ヵ所やられたのをお知らせしてから早1年。

だいぶ痕も薄くなってくれました♪

 

今年はさらに防蚊対策を強化。

がまかつ、シマノ、DAIWA、ハヤブサなどでも扱っていますが、

以前から持っているフォックスファイヤーを購入。

アース製薬の防虫剤を帝人が生地に付着させたコラボ、

『スコーロン』素材のものでレッグとネックフードを買い足し、

顔回りと腕と上半身、そして足までの侵入経路はほぼ完璧防御!




fox











 











ところがこの前、暑くて無意識に手袋を外してしまい、

ヌカりなく直視して吸血されました。

磯ではなかったのでそれほど酷くはありませんでしたが、

これから皆さんも気をつけて釣行してください。

 

最近こちらも気温の高い毎日が続きますが、

北海道より暑い被災地で龍ノ介さんほか読者の方々が、

肉体的に精神的に尽くされております。

熱中症などお身体を崩されませんよう、

心からお祈り申しあげます。

(M嬢2)

 



northanglers at 15:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2011年07月11日

エギング本、まもなく!

twitterでつぶやく

すみません、久々の登場です。

 

明後日でようやくエギングの別冊

「エギング北海道」の編集が終わります。

長かった……。

発売は7月下旬を予定しています。

表紙はこんな感じです。




20110711175333












 










98
ページ+60分のDVD付き!

よろしくお願いします!

(平沢)

 




northanglers at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年07月05日

ヒラものメ!

twitterでつぶやく

NA1月と3月を除いた年10回の変則月刊誌で、

現在は月1回の発売に合わせ、

取材も基本1回しか時間を取ってもらえません。

失敗するとネタを練り直したり、

執筆時間も短くなってかなりキツイのですが、

今回久しぶりにやっちゃいました(涙)。

今号の連載で匂わせていたと思いますが、

私にはまだやっぱりヒラメが釣れません。

 

北海道では主に道央の日本海、道央〜道南の太平洋に分布し、

今シーズン初めからサーフや港で好釣らしく、

大ものもけっこう出ているようです。

(※漁業者団体などの規制『資源管理協定』により、

海中還元サイズの35冖には速やかにリリースしましょう)

 

投げ釣りでは、カワガレイ、クロガシラガレイ、マガレイなど

同じ平ものは何尾かあげているので、

ルアーで1尾くらいと思い続けて早何年か。

いいかげん釣れないと

(ヒラものメ!)と少々キレたくなるものの、

最近スーパーから買ってくる良型で安くて美味しい、

小樽や余市のソウハチに癒されています。

が、昨晩は焦がしてしまった……。



sou





















(M嬢2)




northanglers at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年07月04日

鉄とアルミのフライロッド

twitterでつぶやく

友人のYさんは日本でも有数のフライロッドコレクター。

何百のロッドの中には高級車と同額のようなレアものもあるが、

珍品といえるのはなんと鉄製のロッド。

丈夫の鉄ではなくて、

元素記号Feの正真正銘の鉄でできているフライロッド。

昔、ソ連の時代、釣りに何度か行ったときに

現地ガイドは鉄製のルアーロッドを使っていた。

それはいかにも鉄鉄していて笑ってしまったが、

これは変則3ピースの6番で、

言われてみないと鉄とはわからない立派なもの。


_7028601







写真上のロッドはアルミ製で、

その軽さとアクションには驚いてしまった。

どちらもアメリカ製。

1950年代にはけっこう作られたらしい。

鉄製のほうでは、

北海道のワイルドニジマスの45cmまでランディングしたとか。

特に感心したのはガイドの取り付けが溶接だから、

緩むことが絶対にないということ。

でも手入れを怠ると錆ちゃうでしょう。

(若杉)



northanglers at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!