2013年08月

2013年08月30日

ニコニコ生放送 終了間近

twitterでつぶやく

先日も告知しましたが、

今月いっぱい『ニコニコ生放送』(http://ch.nicovideo.jp/tsuribito

で弊社DVDを放送しています。

 


残りは、今日と明日の
2日間です!

 

 

ちなみに、本日の放映は
ビッグベイトを使って大型のリバーシーバスをねらう

『シーバスビッグベインディング』。

http://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=3502&kind=2

 シーバス

 























明日は

『今すぐマスター! 魚のさばき方』。

http://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=3543&kind=2

 捌き方




















アジ、アナゴ、カワハギ、カレイ、サヨリ、シロギス、

マダイ、マゴチ、メゴチ、スミイカ、ヤリイカのさばき方を

江戸時代から続く『おかめ鮨』(東京)五代目店主が

寿司の握り方を含め分かりやすく解説しています。

 

 

いずれも午後10時スタートです。

(山沢)

 



northanglers at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月28日

9月1日遊漁規則改正

twitterでつぶやく

5種共同漁業権の免許の切り替えに伴い、

91日から遊漁規則が一部改正されます。

98日発売のNA108号で記事を掲載しますが、

ルアー&フライ派は必ず知っておきたい変更点を

下記に記載しますので、

91日以降に釣行する方はご注意ください。

 

今回の改正で最も大きな変更があったのは

朱鞠内湖です。

イトウ・サクラマス・アメマスを釣る際、

使用できるのはシングル&バーブレスフックのみになり、

サオ1本にハリは2本以内になります。

また、トラウトフィッシングのシーズン中

イトウはキャッチ&リリースが義務づけられました。

遊漁期間は従来の1130日から1210日までに延長、

遊漁料は111100円になりました。

 

阿寒湖はヒョウタン沼の遊漁券が

阿寒湖・太郎湖・次郎湖・硫黄山川・阿寒川と共通になり、

11500円の遊漁券を購入すれば、

阿寒湖漁協が管理する

すべての遊漁エリアで釣りができるようになりました。

 

塘路湖・シラルトロ沼・エオルト沼・ポント沼・

マクントウ沼・サルルト沼および流入河川は、

アメマスの遊漁期間が従来の1030月から

1130日までに延長されました。

 

そのほかの変更点については

NA108号の誌面をご覧ください。

(平澤)

 

 

 



northanglers at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月27日

次号!

twitterでつぶやく

今日明日とNA108号の最終校正。

表紙は↓です。

 



NCM_0110_01


















特集1

「秋一押しのフィールド&タクティクス」。

9月以降に注目したい河川と湖、

そして有効なルアー&フライ戦略を紹介。

特集2

「天上鰤の盛期に突入!」と題し、

オフショアの人気フィールドの釣りと

ヴェテランのショアブリメソッド、

さらにFGノットとPRノットの結び方を

写真を交えて詳しく解説しています。

そのほか、盛りだくさん!

どうぞよろしくお願いいたします。
 

発売までもうしばらくお待ちください。

(平澤)

 



northanglers at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月26日

星の数はやっぱり……

twitterでつぶやく

小樽港などの日本海で近年、

マイワシのサビキ釣りが盛んです。

今年も7月に入港しましたが最近はパッとせず……。

それこそ入稿が落ち着いたら即、

行こうと思っていたのに残念無念。

マイワシは大好物なんです。

そのきっかけになったのは数年前の12月、

「何かいないかな〜」と訪れた道南日本海の漁港で

予想もしなかった大群に遭遇してから。

厳しい冬の日本海の荒波に磨かれた

マイワシの旨かったことといったら……。

でも、先日届いた厚岸産の逸品はそれ以上でした。

 

最大23僂如△箸砲く身がプリップリ。

根室花咲産の脂が乗ったサンマは

トロサンマと呼ばれますが、

これはもうトロイワシ。

校了間近で僕の脳みそは溶けそうですが、

刺し身で食べると口の中もとろけました。




NCM_0110_01


















 

そして、同封されていた

『厚岸 秋刀魚刺し賞味』が味を引き立ててくれます。

道の駅コンキリエオリジナルのこの醤油は、

唐辛子などが入っていてピリ辛。

厚岸ではサンマの刺し身を食べるとき

醤油に唐辛子を入れる習慣があるのです。

同じ青もののマイワシにも相性はベリーグッド。




NCM_0115_01


















 

この組み合わせは星3つです!

じゃなく、やはり星7つで決まりでしょう。

ありがとうございました!

しかし、釣れないもんですかね?

(平澤)

 



northanglers at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月23日

甲子園が終わって

twitterでつぶやく

夏の甲子園が終わると

秋がやってくるな〜という気がします。

今年は群馬の前橋育英が

初出場で初優勝という快挙を成し遂げましたが、

自分のなかで思い出に残っているのは

2006年の早実VS駒大苫小牧。

決勝戦は延長15回までいって引き分け再試合。

2日間で5時間半……。

斎藤祐樹選手と田中将大選手の壮絶な投げ合いは

これ以上の試合が今後あるのかと思うほど衝撃的でした。

決勝戦は大ヤマメの渓流で取材後、

飲食店で見ましたが、

文字通りの手に汗握る攻防に

誰も席を立とうとはしませんでした。

 

その後『早実VS駒大苫小牧』(朝日新書刊)を読み、

田中選手は胃腸炎に悩まされ、

投げるのがやっとの状態だったとか、

釣りが好きなようで支笏湖での合宿時

ルアーフィッシングを楽しんでいたことが書かれていて、

かなり親近感が沸きました。

その田中選手、開幕から17連勝はすごすぎる……。

今日は登板日。

本当はビール片手に応援したいもんです。

(平澤)

 



northanglers at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月22日

表紙

twitterでつぶやく

ヘルニアになっても
ゲリラ豪雨に見舞われても

引っ越しが迫っていても

締め切りは容赦なくやって来ます。

昨晩は遅くまで

Sカメラマンの事務所で表紙撮影。
昨年出版した
『トラウトルアー Handmade & Tackle』
今年のNA5月号の表紙も撮っていただいています。


秋のターゲットといえば、

淡水はニジマスとブラウントラウト、

海は近年ブリが脚光を浴びています。

それらの釣りで注目したいモノを並べてみました。

レガシィが買えちゃうカメラの

解像度の高さはやはり素晴らしく、

あがりを見て、思わずうっとり。

個人的に表紙が決まると

仕事の進み具合がよくなります。

キズナばりの追い込みを決めたいです。


表紙はレイアウトがあがったらアップします!
(平澤)

 



northanglers at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月20日

お引っ越し

twitterでつぶやく

今月末、10年近く住んだアパートを退去します。

転居先は近隣ですが、引っ越しに変わりはなく、

ここ数日は夜の涼しい時間帯に

少しずつ部屋を整理しています。

「懐かしいものが出てくるわ、出てくるわ……」

と書きたいところですが、

以前、こんまり先生

(『人生がときめく片づけの魔法』の著者・近藤麻理恵さん

ちょっぴり本誌アシスタントに似ている……)

に影響を受けた自分はこれまで

ときめかないものを捨てているので、

部屋にあるのはほぼ必要なアイテムばかり。

なもんですから、

黙々と段ボールに詰めるだけです。




NCM_0114_01


















 

退去日はNA108号が校了する翌日。

引っ越しは順調にいくと思いますが、

さて、編集作業はどうでしょう?(汗)

(平澤)


 



northanglers at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月18日

雨に悩まされる

twitterでつぶやく

NCM_0111_01



















昨日は新ひだか町の“ヴェテランT”こと、

田中隆男さんと日高の渓流に行ってきました。

前日の天気予報だと

午前中はけっこうな雨……のはずが、

それほど降らず取材を決行。

事前情報では大渇水。

適度な降雨は結果的に恵みの雨になり、

グッドサイズのブラウンが出ました。

当日は田中さんの十八番

“ドジョウパターン”が炸裂!

詳細はNA108号で掲載します。

 

今日、出社前にテレビを観ていると

新ひだか町に洪水警報のアナウンス。

すぐ田中さんに電話すると

「うちは大丈夫」とのことでしたが、

かなり降っているそう。

日高方面だけでなく道内各地、

ゲリラ豪雨に見舞われているようです。

お盆休暇の最終日という方が多いでしょうが、

クルマの運転などはくれぐれもご注意ください。

(平澤)



northanglers at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月15日

赤い宝石

twitterでつぶやく

8月上旬、箱いっぱいの赤い宝石が届きました。

通称フルーツ街道と呼ばれる、

小樽市から仁木町までの広い農道。

その間、余市町にお住まいの

Nさんが送ってくれたのはサクランボ。




saku_01


















 

全国に30種以上、世界では1000種を優に超え、

世界中で愛されているバラ科サクラ属の果物で、

写真は『紅てまり』という品種。

昭和55年、山形県園芸試験場にて、

日本が作出した佐藤錦と

カナダのビックとの交配種だそう。

 

パンと張った皮に覆われた大粒をかじると、

柔らかな果肉とぎゅっと出てくる果汁は

糖度の高さを注意したくなるほど。

口中に広がる幸せな甘みを堪能しました。

 

たまに花柄が繋がって2粒になったのがあると、

まるで四つ葉のクローバーを見つけたように

ラッキーな気分になります。

今回も捜すと、ありましたー♪

(まき)


 



northanglers at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月14日

道南日本海はアジだらけ!?

twitterでつぶやく

昨日、3日間の取材ロードから戻ってきました。

オフショアのブリ、渓流のブラウントラウト、

どちらも良型が出ましたが、

その合間に出掛けた

堤防の小アジ釣りもなかなか楽しかったです。

 

道南日本海の漁港をあちこちのぞいてみると、

港内はどこも小魚だらけ。

魚種が判別できないミニマムサイズが少なくないものの、

小アジの魚影もすこぶる多いようです。

サオをだした上ノ国の漁港では

1時間ほどでこれだけゲットできました。




14_01



 














当初はアオリイカねらいゆえ(こちらはボウズ)

ルアーロッドで挑戦するも、

ほとんどノープロブレム。

サビキ仕掛けは釣具店で調達。

ルアーサビキは手軽で初心者でも数釣りできます。

小気味よい引きはけっこうクセになりますよ。

魚体は小さくても、南蛮漬けにすれば美味!

(平澤)


 



northanglers at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!