2013年11月

2013年11月27日

Hondaと鍋

twitterでつぶやく

NA111号の編集作業が大詰めを迎えているなか、

お世話になっているディーラーから着信。

 

SUVのように少し車高が高く、

ミニバンのように使い勝手がよく車中泊は快適。

燃費は抜群。

ヒラサワさんのために作られたようなクルマですから、

絶対に買うべきだ!

 

いつになく熱のこもった口調で

担当者が入れ替えを勧めるのが↓のVEZEL。



 

NCM_0104_01


















数日前に届いた、ホンダ車のオーナーに送られる

Honda Magazine』にも掲載されていました。

来月発売だそうで

とりあえず試乗したいと思っています。

 

Honda釣り倶楽部』も更新されています。

http://www.honda.co.jp/fishing/

 

インタビュー企画「Hondaが好き、釣りが好き。」には、

ダイワ鮎マスターズ4年連続3位の

有岡只祐さんが登場しています。

見て読んでいると、ナスが食べたくなりますよ。

また、編集長コラムでは、

シーズン最終盤を迎えている

阿寒湖のフライフィッシングを紹介しています。

 

それと一昨日、カジカ鍋のことを書いたら

フォトライターN氏が画像を送ってくれました。




かじか1_01









 







あぁ、旨そう。

自分はいつになったら食べられるのだろうか……。

(平澤)

 



northanglers at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月25日

そろそろ鍋の季節!

twitterでつぶやく

今週から冷え込む天気予報になっていますが、

海はホッケやカジカ、

さらにヤリイカやマメイカも岸寄りしてきて、

陸っぱりがけっこうアツいようです。

“よう”と書くのは、

自分が釣っているわけじゃないので……。

締め切り間際になって

ご協力いただいているアングラーさんから、

続々と釣果情報が舞い込んできています。

 

また、函館方面はまだ戻りブリがねらえ、

戸井に浮かんでいたアングラーさんから

10團▲奪廚出たと聞きました。

しかも、トップでも釣れているんだとか。

その方は、月末も船に乗るそう。

ひょっとして、12月もイケるんじゃ……。

 

個人的に、冬に釣りたい(食べたい)のはカジカ。

冬に食べたい鍋といえば、

すき焼き、キムチ、モツ鍋などが人気らしいですが、

釣り人ならやはり、

カジカ鍋を食べて年を越すべきです。

ゴッコ鍋もいいんですが、まず釣れないから……。




P104-106-03_01







 










先日、室蘭に行っていたフォトライターN氏から、

53僂箸いΦ霏腑吋爛轡ジカの画像が送られ、

そのサイズに驚くとともに、

食い応えあるんだろうなとうらやましくなりました。

せめて、ナベノミクスの効果くらいは実感したい……。

あっ、ブリしゃぶもいいな。

(平澤)



northanglers at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月21日

物欲の冬

twitterでつぶやく

昨日のブログでは、

12月合併号の企画の難しさを書きましたが、

海アメ・海サクラシーズンが目前に迫り、

年が明けたらワカサギ釣りもスタート。

そんな12月はオトナも

何かとモノが欲しくなる時期です。

 

NA111号では、

毎年好評の海アメ・海サクラ向け新製品ガイドに加え、

電動リールの普及によって愛好者が増えている

氷上ワカサギ用タックルのカタログも掲載予定。

つい先日まで、

メーカーさんから続々と荷物が届いていました。

 

で、決して広くない事務所は、

垂涎の最新アイテムであふれています。

編集作業を進めないといけないのに、

つい手が止まってしまうのは

釣り好きゆえに当然でしょう。

デザイナーさんには大変ご迷惑をかけております……。

(平澤)



northanglers at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月20日

1・2月合併号は……

twitterでつぶやく

いよいよ今年最後となる

North Angler’s』の編集がスタートしています。

一年で一番、企画に悩むのがこの号。

淡水は11月といえばトラウトシーズン最終盤。

12月に入ると一部を除いて徐々に氷が張り始め、

結氷すると氷上ワカサギ釣りが始まる……。

支笏湖と同様に不凍湖の洞爺湖は121日が解禁日。

海も11月の磯は根魚やイカがアツくても、

12月に入ると凍ってちょっと危ない。

かといって雑誌が出る頃に

好シーズンを迎える海アメは11月取材だと厳しい。

今、道南でフィーバーしているオフショアの戻りブリも

来月はいくらなんでも釣れないだろう……。

いろいろなバランスを考えながら、

今号も皆さんが楽しめるページ割りにしているつもりです。

 

さぁ、仕事、仕事……。

(平澤)



northanglers at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月15日

メバル&ソイ3種

twitterでつぶやく

昨日までメバル3種を釣ろうという企画で

津軽海峡に面した漁港をラン&ガンしていました。

 

最初に行ったのは

先月にサバの取材で訪れた際、

クロメバルをゲットした知内町の涌元漁港。

吹雪のなか凍えそうになりながらロッドを振り、

最も難易度が高いウスメバルを見事キャッチ!

幸先のよいスタートを切りましたが、

その後はアタリが遠のき、

天候もさらに悪化してストップフィッシング。




11_01














 










翌日は函館市の椴法華港へ。

ここではエゾメバル(ガヤ)が好釣だったほか、

何と写真の良型アブラコが

ロッドをバットから曲げてくれました。

残る1種を求め、最後は戸井で勝負。

マゾイ、そしてクロソイと続き、

シマゾイを釣ればソイ3種も達成という状況下、

結果は……?

来月発売の12月合併号をご覧ください!

それにしても、ライトタックルを用いると

小型の魚でも引きを堪能でき最高に面白いです!

(平澤)



northanglers at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月08日

NA110号

twitterでつぶやく

NA110号が発売になりました。




P00_1












 







特集1

「トラウトシーズン大詰め 大ものを誘う秘策」と題し、

屈斜路湖、朱鞠内湖、阿寒湖、支笏湖、

そして道東太平洋側のアメマス河川を舞台に

価値ある一尾に近づくタクティクスを追求しています。

 

特集2

「ショアの人気魚種を釣る! ソルトが美味しい冬直前」。

マメイカ、アオリイカ、ヤリイカ、

サバ、フクラギ、シロザケ、ヒラメと、

岸から釣れる人気ターゲットに注目。

 

そのほか

「河川のシングルフック・ミノーイング」、

「道東のアメマスの回遊行動」なども見逃せません。

 

そして今号は、通常のプレゼントコーナーに加え

エイテック社のご厚意により、

ベイトリール人気6モデルをプレゼント!

詳細は誌面でご覧ください!

(平澤)



northanglers at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月06日

トップでも釣れる!

twitterでつぶやく

連休は函館の戸井沖に浮かんでいました。

今週発売になるNA110号では、

津軽海峡の入口にあたり

道内最南端の地である

松前・白神岬沖のブリジギングを掲載しています。

 

一方の戸井沖は津軽海峡の出口にあたり

汐首岬は本州最短の地として知られ、

その距離、約17.5

 

そんな松前と戸井、どちらにも共通するのは

ブリの魚影が多いのに加え、

潮が速いので魚の引きが強いことでしょう。

3團ラスでもけっこうな引きをみせます。

 

今回はスタート時からヒットのラッシュ。

小型が多かったものの、

写真のような太い7團▲奪廚眇尾釣れました。





_DSC6389_01
 


















で、注目したいのは、

キャスティングでもねらえること。

あの魚体がトップでガボッと出てくるのは

理屈抜きに興奮します。

この日、トップに反応したのは何回かでしたが、

前日はサンマが追われていて、

ジギングとトップの釣果は五分五分だったとか。

ブリのシーズンは終盤を迎えましたが、

まだまだ目が離せません!

(平澤)



 



northanglers at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月01日

釣りキチ三平カレンダー発売!

twitterでつぶやく

NA107号で

「そうだ、夏休みは“三平クン”に会いに行くべ!」と題し、

釣りキチ三平の生みの親・矢口高雄さんが

「世界一のコレクター」と認める

恵庭市の岡部宏志さんが館長を務める

『ギャラリー三平』の記事を掲載しました。

取材時は釣りキチ三平にまつわるお宝をいろいろ拝見し、

自分のなかで再び三平熱に火が点きました。

そんななか、

つり人社オリジナル矢口高雄カレンダー2014が発売になりました。

ウヒョ〜ッ!

詳細は下記で紹介していますので、ぜひご覧ください。




cf71374f









 












https://tsutta.com/products/detail.php?product_id=650

 

これで毎日、三平クンに会えるんだなや!

(平澤)


 



northanglers at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!