2014年06月

2014年06月30日

スルメの季節

twitterでつぶやく

今年の道内はイカが絶不調。

ヤリイカもスルメイカも

これほど釣れない年があったでしょうか……。

それが先日、スーパーに出掛けると

せたな産のスルメイカが

ずらりと並んでいて少し安心しました。

これから盛期を迎えると信じたいです。

そのスルメイカ、やや小さい食べ頃サイズ。

昨晩の焼き肉パーティーで

刺し身と焼きで堪能しましたが、

身が柔らかくじつに旨かったです。





hyou1_74













 








そうそう、こんな本がでました。

『イカ釣りJAPAN最前線』。

掲載されているのはスルメイカやヤリイカなど、

道内のメインターゲットであるツツイカ類。

洋上をライトタックルで楽しむ

最新のルアータクティクスが紹介されています。

鮮度を保つ持ち帰り方や

美味しいイカ料理も参考になるはずです。

(平澤)




northanglers at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月27日

渓流ルアーが上手くなる!

twitterでつぶやく

ラスト直前になっても

いろいろ問題が発生してヒヤヒヤしましたが、

ノースアングラーズ116号の編集が

ようやく終わろうとしています。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

さて、渓流特集というのは前回のブログで書きましたが、

トラウト・ルアーアングラーにとって

見逃せない単行本が発売されました。

その名も『渓流ルアー釣りがある日突然上手くなる』。




hyou1_72














 







著者はアングラーズリパブリックのデザイナーで

渓流ルアーのエキスパートである飯田重祐さん。

自分は学生時代から飯田さんの釣りスタイルにひかれ

これまでかなり影響を受けてきました。

 

DVD『渓流ルアーフィッシング入門』や

『渓流アキュラシーミノーイング』を見ると

正確なキャスティングに加え、

軽快なロッド操作に思わずうっとりしてしまうほど。

同書ではアキュラシーキャストとは何か、

精度よりも静かに着水させる難しさなどにふれています。

また、シングルフックの本当の利点も興味深く、

独特のカラーセレクトもじつに参考になりました。

これらはほんの一部。

あとは、読んでみてください!

(平澤)


 



northanglers at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月25日

締切と毛虫

twitterでつぶやく

長雨に祟られた今月は

過去最高といっていいくらい

取材の進行に苦労しました。

当然のこと? スケジュールもタイトになり

依然として厳しい編集作業が続いていますが、

少しずつ終わりが見えてきました。

ノースアングラーズ116号は渓流特集。





NCM_0111_01













 








そうそう、今年はケムシがやたら多いですね。

先日、D-3の福士知之さんと渓流に行ったときも

黒いケムシをたくさん見かけました。

 

そんななか、フリースタッフKはヤブ漕ぎ中、

毒ケムシにやられて上半身がエラいことに。

以前、積丹半島の磯でヌカカに60数ヵ所やられた

アシスタントMの悲劇を思い出しました。

何でもKによると

朝マヅメの薄暗い時間帯に

ヤブ漕ぎしていたときはその存在に気づかず、

釣りをしているときに痒くなってきて、

帰りに来たルートを通ると

ケムシだらけで驚いたそう。

 

皆さんもご注意ください。

(平澤)

 

 



northanglers at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月17日

「根魚北海道」発売!

twitterでつぶやく

hyou1_69



















たびたび根掛かりのごとく中断し

荒根攻略のように難儀した一冊が無事

発売になりました。

 

https://tsutta.com/products/detail.php?product_id=1368

 

自分が携わった最初のロックフィッシュ本は

2007年に発行した

『北海道ロックフィッシュPERFECT GUIDE』。

同書を監修していただいた神悟志さんとは当時、

お互い出社前に小樽沖堤に渡ったりしながら(笑)、

いろいろなロックフィッシュを

新しいメソッドでねらっていました。

 

あれから7年。

皆さんご存じのように

ロックフィッシュのルアーフィッシングは

北海道の釣りジャンルのひとつとしてすっかり定着。

今はさまざまなメソッドが編み出され、

若い世代がロックシーンを引っ張っています。

それらをギュッと凝縮しながら

これから始めたい方のために

リグの組み方やノットを詳細に解説、

またポイントガイドも充実させました。

できれば立ち読みではなく、

ご購入いただければ(笑)。

 

最近の道内は蝦夷梅雨の影響で

淡水はけっこう厳しい状況ですが、

堤防なら雨をガマンできれば大丈夫。

特に今年はアブラコの当たり年らしく、

デカアブの釣果情報が続々と届いています。

さぁ〜、ロックフィッシングを

ノリノリ♪で楽しんじゃいましょう!

(平澤)





northanglers at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月09日

NA7月号発売!

twitterでつぶやく

hyou1_66


















ノースアングラーズ最新号をアップしました。

 

http://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

 

北海道にもいよいよ

釣りの最盛期がやって来ましたね!

最近は湖と海を中心に

いい情報が続々と舞い込んできています。

湖は阿寒、支笏、屈斜路が好調、

それに見逃せないのは然別湖ですね。

然別湖の特別解禁は今年で10周年。

68日にスペシャルイベントが開催され

本誌取材班も訪れましたが、

見目麗しいミヤベイワナが

あちこちで見られたようです。

今シーズンもおおいに期待できそう。

海はオフショアのブリに加え、

ヒラメと道東のアメマスが大盛り上がり。

渓流も日を追うごとによくなってくるでしょう。

さぁ〜、皆さん、釣り行きましょう!

いろいろトラブルに見舞われた私も

ようやく明後日から始動できそうです。

(平澤)

 




northanglers at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月04日

早くもブリフィーバー!

twitterでつぶやく

ようやく春が来たかと思ったら

もう真夏かというくらいの

ここ数日の異様な暑さ……。


それに勘違いしたわけではないでしょうが、

道央〜道南の沿岸に早くもブリが岸寄り。

道央日本海のメッカ、積丹半島からは連日

710團ラスの爆釣情報が届いています。

上りだけに太くはありませんが、

本当ビックリですね。

先ほど道東のジギングファンに電話すると
相当釣りたがっていました。

ショアからも釣果が聞かれ、

海サクラやヒラメのポイントであがっているとか。

ブリが本命じゃなくても玉網は必携でしょう。




_DSC3636_01













 






自分はまだ行けないのですが、

知人が明日、乗船予定。

ゲットしたら我が家にお裾分けしてくれるのでは……。

この暑さのなか

ブリ刺しを肴にビールなんて最高ですね。


※写真は昨年、上ノ国沖のブリです。

(平澤)




northanglers at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月02日

あと少し……

twitterでつぶやく

NCM_0112_01


















すっかりブログの更新が滞ってしまい

たいへん失礼いたしました。

先月末から今月頭にかけて

月刊誌と書籍の締め切りがあり、

前者は無事終了しました。

詳細は後日アップします。

 

今日の札幌は暑い!

水曜日まで30℃越えなんだとか。

書籍のほうは気温に負けない

激アツの編集作業が今も続いていまして、

予断を許さない状況です。

こちらの内容も後日アップします。

(平澤)




northanglers at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!