2015年07月

2015年07月15日

ライギョファン待望の一冊!

twitterでつぶやく

20年ほど前から道内で静かなブームになり、

今もコアなファンが多いライギョ釣り。

夏はライギョファンにとっても待ちに待った季節です。

ちょっと前になりますが、

ライギョファンにたまらない一冊

Power of Snakehead 雷魚』が発売になっています。



hyou1_168








 

自分が初めてライギョを釣ったのは2001年、

本誌13号で行なった道北取材でのことです。

このとき、初めてライギョ釣りというものを見ましたが、

トップウオーターに激しく飛び出すライギョに

度肝を抜かれたことをよく覚えています。

あんな光景を目にしたら、誰だって夢中になるでしょう。


本書で登場するアングラー・新家邦紹さんは

学生時代によく読んでいた釣り雑誌に出ていて知っていました。

当時、そのストイックな姿勢に驚きましたが、

本書には新家さんのスタイルが詳しく紹介されています。

そのメソッドは北海道のフィールドでも生きるはず。

数やサイズを求めるのではなく

一尾を釣るまでのプロセスをいかに楽しむか、

そのヒントがたくさん散りばめられている一冊です!

(平澤)


続きを読む

northanglers at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月14日

渓流ベイトが面白い!

twitterでつぶやく

炎天下のなか涼を求めて

渓流に行ってきました。

今回のテーマはベイトタックル。

本誌で渓流のベイトタックルの釣りは

10年近く前から取り上げていますが、

じわじわと愛好者は増えていても

ブームになるほどではないよう。

とはいえ、近年のベイトリールの進化は目覚ましく

やりこんでいる人によると

渓流で多用される軽量ルアーでも

快適に操作できるといいます。

では、実際のところビギナーが挑戦したらどうなのか?

ベイトはソルトでしか使ったことのない自分が

ダイワのSSエアを入手して試してきました。


_DSC4515_020




 


結論からいうと、

大きなライントラブルに見舞われることなく

しかもグッドサイズが連発。

ベイトタックルの進化に脱帽しました。

スピニングと比べて、

どんなところが渓流で有効なのか。

次号をご覧ください!

(平澤)


続きを読む

northanglers at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月07日

夏の海は多彩でビッグ!

twitterでつぶやく

hyou1_190







North Anglers最新号をアップしました!

http://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

今号の特集は「夏の海は多彩でビッグ!」。

誌面で登場してくる魚種は

アメマス、カラフトマス、サクラマス、

ブリ、シイラ、ヒラメ、それにロックフィッシュ。

夏の海はタイトル通り魚種が多彩で、

かつ大ものの可能性に満ちています。

詳しくはホームページをご覧ください!



というわけで、私は明日から海……

ではなく川に行ってきます。

7月は海だけでなく、川も大ものがねらえる絶好期。

今号は川のトラウトの記事も充実しています。

北海道は今、最高の季節。

本当に身体がいくつあっても足りません。

(平澤)


 

続きを読む

northanglers at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月02日

渓流30周年!

twitterでつぶやく

先日のブログで渓流ネタを書きましたが、

弊社で春と夏の年2回発行している『渓流』が

今年で30周年を迎えました。

 

hyou1_179

 

 

 

 

 

 

 

釣りだけでなく渓の恵みや山の暮らし、

環境問題に焦点を当てた記事が多いのが本書の特徴。

今号は北海道関連の記事もいくつかあり、

主にテンカラでイワナなどをねらっています。

北海道でテンカラ釣りはメジャーではありませんが、

読んでいるとなかなか楽しそうで興味が沸いてきます。

手軽にできるのもいいですね。

また、W支社長も登場している座談会も収録されています!

(平澤)

 

続きを読む

northanglers at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!