2016年01月

2016年01月28日

フィッシングショーのお知らせ

twitterでつぶやく

129日(金)〜131日の3日間、

みなとみらい・パシフィコ横浜にて

ジャパンフィッシングショー2016が開催されます。

弊社の旗艦誌『つり人』が70周年を迎えていることから

今年のつり人社ブースは内容を刷新。

各ジャンルの著名アングラーのトークショーを実施します。

スケジュールは下記のとおりです。


スケジュール表

 



























ところで先日、私のフェイスブックで

大の釣り好きとして知られる

アネキャン専属モデルの有村実樹さん

ANAホールディングスの伊東会長が昨年11月、

阿寒湖のアメマスとニジマスに挑んだ模様を

ANA釣り倶楽部」にアップしましたが

http://www.ana.co.jp/vacation/fishing/

このほど、同倶楽部の部長に

何と、さかなクンが就任しました!

30日のトークショーには

さかなクンにもご登場いただきます。

ギョギョギョ! を生で聞けるチャンスですよ〜。


北海道から行かれる皆さん、

ぜひ、お立ち寄りください!

(平澤)

 

続きを読む

northanglers at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年01月13日

夢泳ぐ静内川

twitterでつぶやく

先日、静内川に行ってきました。

トラウトファンならご存じのように

13月の冬期間は今も

スティールヘッドやシートラウトの噂が絶えない

道央屈指の銘川です。


09








今回ご協力いただいたのは、静内温泉の指定管理者で

蟯超整備公社の釣りクラブのメンバー。

ベテラン陣のなかには

本誌で初めて静内川を取り上げた第4

「雪代」特集でご登場いただいた方もいて

昔話で大いに盛り上がりました。


釣果は28日発売の本誌でご覧いただくとして

静内川はやっぱり雪が少なく、暖かい!

そして、夢がある! を実感。

昨シーズンは80クラスのスティールらしき魚があがったらしく、

今シーズンも70アップのブラウンが出ているとか。

また、グッドコンディションのアメマスも見逃せません。

アメマスも近年は70アップが出ているそう。

札幌から2時間圏内ながら

静内川の潜在力の高さには驚かされます。

私も2月に入ったら再挑戦する予定。

帰りは3年前にリニューアルオープンした

静内温泉であったまりましょう!

(平澤)


続きを読む

northanglers at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年01月08日

根魚はいかが?

twitterでつぶやく

日に日に寒さが厳しくなってきて、

ようやく? 本格的な冬が到来した感じの北海道。

今週はどこも海の状況が悪そうで、

好調だった海サクラやイカは厳しそう。


そんななかでも、微笑んでくれるのが根魚です。

道央太平洋側は年末からアブラコが釣れていて、

よほどの悪天候でない限り、釣りになりそう。

クルマを横付けできる港なら

冷えてきたらすぐ暖を取れるのもいいです。


hyou1_69











一昨年の発行後から、今もご好評いただいているのが

『根魚北海道』。

本書でソイと並び、

最も多くページを割いている魚種がアブラコです。

ロックフィッシュのトーナメントでも活躍している

5人のエキスパートが釣り方を詳しく紹介しています。


「低活性の冬はベイトフィネス!」

「際から数mを釣るワザ」などは

今時期にピッタリの戦略。

そのほか、今さら聞けないリグの組み方については、

写真をふんだんに使って懇切丁寧に解説。

初心者から上級者まで楽しめる内容になっています。

まだ読んでいない方は、ぜひ!

(平澤)


続きを読む

northanglers at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年01月06日

意外な初釣り

twitterでつぶやく

皆さま、あけましておめでとうございます。

年末年始は島牧の海アメ、

道南の一部で海サクラが好調でした。

というわけで、初釣りはせたなの海岸に行ってきました。

1月4日に訪れたとき、釣り人は30人ほど。

道の駅「てっくいランド大成」を中心に釣り人が並び、

けっこうな盛り上がりを見せていました。

ややウネリが大きく、

決してよいコンディションとはいえないものの

朝方は小型ながら海サクラがポツポツあがっていました。

私は、同行させていただいた方と漁港近くの小場所へ。

スタート直後から跳ねやモジリがあり、

期待を胸にロッドを振っていると

突然、リールを巻く手が強制ストップ

そして、強烈な引き!

過去の経験から、どう考えても、

60アップの海サクラに間違いありません。

しかし、同行者や周りの釣り人の熱い視線を浴びながら

ようやく岸にあげたのは……。

 _DSC0296

 

 

 

 

 

1月過ぎに帰ってくる後期群がいるのは知っていますが、

ジグの高速巻きでヒットしたのには驚きました。

夢にも思わない初釣り。

今年はいったい、どんなことが待っているのか!?

では、今年もよろしくお願いいたします。

(平澤)

続きを読む

northanglers at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!