2016年05月

2016年05月21日

釣り&潮干狩り

先週は23日のスケジュールで

道東の海岸をラン&ガンしてきました。

その内容とは……

・オホーツク海のアメマス&サクラマス、

・本誌アシスタント・伊藤まきの記事、

・連載「お父さんに追いつけ!」

・連載「愛車で安眠」、

・随時連載「ルアーでカレイを釣ってみよう!」。

うまくいけば、計5本。                           

我ながら欲張りすぎです(笑)。

詳しくは現在、鋭意編集作業中の

来月8日発売の135号でご覧いただきたいのですが、

驚いたのは、尾岱沼漁港のカレイです。

以前は秋に訪れ、

ほぼ11尾でくるカジカにたまげましたが、

カレイの魚影の多さも特筆ものです。

当地ならではのトウガレイを中心に、

時折クロガシラガレイも混じり、

ここ数日、カレイ三昧の日々を過ごしていました。

トウガレイはほかのカレイに比べて味が落ちると

地元ではそれほど人気がありませんが、

唐揚げでいただくとなかなか美味しかったです。

もちろん、クロガシラガレイの刺身は絶品。

いずれも、ちょい投げで釣れるので

女性や子どもでも楽しめるはず。

 

_DSC3116

 

 

 

 

写真のトウガレイは今回最大の35僂任垢、

ロックフィッシュ用のライトタックルを使い、

ブラーにガルプの組み合わせで釣れました。

ちなみに、尾岱沼周辺では現在、

「潮干狩りフェスティバル」が開催中。

通常は禁漁区域であるキャンプ場の前浜を、

潮干狩りのために期間限定で開放して行なう催しです。

詳しくは「尾岱沼 潮干狩り」で検索すると出てくるはず。

当地のあさりは大粒で味が濃く、

たいへん美味しいとオホーツクの友人が言っていました。

釣り+潮干狩りのプランで行けば、

大人も子どもも大喜びでしょう。

(平澤)

続きを読む

northanglers at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月12日

シーバスの当たり年!?

5月に入ってSNSなどで

「シーバスを掛けた!」とか

「スーパーに並んでいた!」

という情報を聞きますが、

確かに今年は例年になく

スズキ(セイゴ、フッコクラス?)が水揚げされているよう。

ここ数年はブリの来遊が早くなっているのといい

海の状況がつかみにくいですね。

_DSC0201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、シーバスといえば、20096月上旬、

島牧で行なったヒラメ取材時に

ご協力いただいた方が釣ったのが忘れられません

(写真の魚)。

居合わせた皆さんは、まさかの珍客に

目を丸くしていました。

ちなみに、釣ったのは、佐藤さん。

佐藤さんから電話を受けたKさんに

「サトウさんが、スズキ!」と聞いて困惑したのを覚えています。

当たり年っぽい今年はどこかから、

シーバスゲットの情報が届くかもしれませんね。

(平澤)

続きを読む

northanglers at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月09日

NA134発売中!

p00表1

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにFBで多くの方にご紹介いただいていますが

(ありがとうございます!)

ノースアングラーズ134号が発売になっています。

特集は「春のイチオシ!」と題し、

この時期に試したいメソッド、

そして要注目のタックルを掘り下げています。

メソッドは、海サクラのジグや河川のスプーンなど。

タックルは、セルテート、モアザン、ギャンブレル、

ファランクス、レボ、ブラウントラストなど。

詳しくはぜひ、誌面をご覧ください!

また、湖も面白い時期になりましたが、

塘路湖、支笏湖、然別湖、洞爺湖の記事を掲載しています。

ロックフィッシュはトーナメンターの間で話題のフリリグと、

女性アングラーによるハードルアーの釣りをピックアップ。

将来が楽しみな少年にもご登場いただいています。

さて、私は連休前にひいた風邪が長引き、

完治したと思ったら今度は歯が痛くなって参りました。

明日は午前が眼科の定期健診、

午後は親知らずを抜くために歯医者。

病院がとても苦手な自分にとって、

原稿の山を前にしたときよりも

気持ちが重い一日になりそうです……(子どもか)。

(平澤)

 

続きを読む

northanglers at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月05日

トラウトとロック

この連休はびっちり仕事でした。

来月に出版を予定している別冊の編集業務です。

毎年ご好評いただいている今年の別冊は

トラウトルアーのカテゴリーになります。

詳しくはあらためてご紹介しますが、

かなり中身の濃い一冊になると思います。

ご期待ください!

 1462450996528

 

 

 

 

 

さて、今晩はテキサスリグの組み方や

各種バリエーションの撮影をするため

ロックフィッシュのエキスパート

菊地正彦さんと武部幸太さんがご来社。

カメラマンは夜釣りの撮影をしたら

北海道一と言われる中川貴宣さん。

皆さんに最近の根魚釣り事情を聞いていると

とても楽しく、久々に笑いました!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!