2016年06月

2016年06月27日

トラウトルアー北海道

twitterでつぶやく

現在、North Anglers136号の編集が大詰めですが、

毎年この時期に発行している

North Anglers COLLECTION

最新刊が出来上がりました。

タイトルは『トラウトルアー北海道』。

表紙はです。

 

CS_9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本書を監修していただいたのは

釧路市のショップ『ランカーズクシロ』

スタッフの佐々木大さん。

ここ数年、佐々木さんはNorth Anglers誌で

トラウトルアーのメソッドを数多く提案していますが、

それらを再編集し、新たなエッセンスをプラスした

渾身の一冊です。

メインコンテンツは「ルアータイプ別メソッド」。

定番のミノーやスプーン、

近年流行しているトップウオータープラグはもちろん、

北海道ならではのサケ稚魚パターンやエッグパターン、

デッドベイトやスイッシャーなども紹介しています。

また、“ここにキャストして、こう流す”

というのがよく分かる

「フィールド別ポイント攻略法」は入門者必見です。

そのほか、ウエーダーやシューズ、

シングルフックを深く考察した

「タックルとスタイルを考える」も読みごたえがあるはず。

まずはご一読ください!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月13日

NA135はトップ特集!

twitterでつぶやく

すでにFBなどで多くの方にご紹介いただいていますが

(ありがとうございます!)

North Anglers最新号が発売になっています。

下記からチラ見も可能です。

http://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

さて、私は6月に入ってから

次号用の取材で函館〜知内、室蘭などに行っていました。

いずれも海での撮影でしたが、

あちこちで驚いたのはベイトとなる小魚と

それを捕食するターゲットの多さ。

いったいナブラを何回見たでしょうか。

あんな刺激的な光景を目の当たりにしたら

もうトップ熱に火が点いてしまいます。

 

1465795837900

 

 

 

 

 

 

最新号の記事中でブリ釣りを解説していただいた

二橋翔大さんと笠谷光仁さんもふれていましたが、

年々、トッププラグの使用頻度が高くなるのが

よ〜く分かりました。

でも、そう簡単じゃないんですよねー。

私もお二方の記事をもう一度、

じっくり読み直して勉強したいと思います。

(平澤)

 

続きを読む

northanglers at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月01日

NA135&別冊

twitterでつぶやく

5月は本誌に加え、毎年初夏に出版している

North Anglers COLLECTIONの編集作業が重なるのですが、

それも先ほど何とかひと段落して

ホッとしているところです。

後者のほうはあらためてご紹介するとして、

68日発売の135号は

「水面で、釣る。」と題したトップウオーターの特集になります。

 

1464759711232

 

 

 

 

 

 

・川でのセミルアーのススメ

・マシュマロボディーを使ったセミフライ

・ビッグドライが効く条件

・ノベザオ+ルアーという新提案

・女性のナマジング入門

・ブリトップの爆発力

そんな内容でお届けします。

何やら数日前からあちこちで

すでにブリトップが炸裂しているみたい。

編集と歯痛に悩まされた5月が終わり、

ようやく僕も釣りに行ける状況になったのに

この雨……。

全くツイていません。

これも厄年のせい?

(平澤)

 

続きを読む

northanglers at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!