2016年10月

2016年10月31日

寒くなったらロックフィッシュ天国?

twitterでつぶやく

晩秋から初冬は

脂を蓄えた戻りブリも気になりますが、

海はロックフィッシュもいい時期です。

個人的には産卵期に絡まず

一年で一番強くて美味と感じる

クロソイに惹かれます。

 

数年前の12月上旬、

ようやくシケから解放された磯でのこと。

「今日は満月の大潮。

こんな日はデカソイが出ますよ!」

という言葉どおり

知人が45僖ラスのクロソイを連発。

そして、さらにひと回り大きいと思われる

デカソイを掛けたものの

ヘビーワイヤのフックが曲がって

バレたのが忘れられません。

 

ちなみにその後、漁港に寄ると

良型のマイワシがたくさん群れていて

用意周到な知人が持っていた

サビキ仕掛けで100尾くらい釣りました。

で、近くのおじさんが何やら

大型のクーラーボックスをごそごそ……。

中を見せてもらうと

何と、90アップのヒラメ……。

こんな時期に港内で

モンスターヒラメが釣れるんだと驚きました。

 

 

 CS_40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、

北海道のロックフィッシュ・ファンにも人気がある

『ロックフィッシュ地獄』の2016-2017版が出ました。

北海道関連の記事はありませんが、

全国各地のリポートを読んでいると

遠征したような気分になれます。

また、こちらでも通じるタクティクスが

いっぱい詰まっています。

ぜひ、ご覧ください!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月28日

北の東の湖が熱い!

twitterでつぶやく

道央〜道南以外はサケもブリも

シーズンはおおむね終了したようす。

道北と道東はこれから結氷するまで

ビッグトラウトの盛期になりますが、

注目したいのは漁協が管理していて

魚影が安定している朱鞠内湖と阿寒湖。

先週は朱鞠内湖に行ってきました。

 

イトウは以前、釣れたら

60僖ラスが多い印象を受けましたが、

近年は40兪宛紊両型から

80兪宛紊離哀奪疋汽ぅ困泙

いろいろなサイズが釣れています。

また、私が秋に訪れた

5年以上前と比較すると

イトウが随分増えていると感じました。

取材時もグッドサイズがヒット!

 

_DSC7549

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数尾のヒットパターンはすべて同じ。

NPO法人シュマリナイ湖ワールドセンター』

スタッフ・黒田綾子さん(写真左)も

実績◎という‟鉄板“メソッドは

来月8日発売号でご紹介します。

 

 _DSC7347

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は阿寒湖も春シーズンから調子がよく

この秋も引き続き好調をキープ。

道東の知人たちは

かなりいい釣りをしているようで

ちょくちょく釣果情報をいただきます。

湖なら多少の荒天はむしろプラス材料、

天候に左右されにくいのもいいですよね。

(平澤)

続きを読む

northanglers at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月26日

なるほど!

twitterでつぶやく

ブログの更新が滞ってしまい

たいへん申し訳ございません。

毎年10月の編集は最も難儀します。

端境期というだけでなく、

秋の台風&大雨の影響が予想以上でした。

それでも、ご協力いただいた皆さんのおかげで

次号も無事に出版できそうです。

今日明日が最終校正になります。

 

 CS_41

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、毎年、このムックが事務所に届くと

あ〜もう冬か、と思わずにはいられません。

北海道でも人気がある

『なるほど! THEワカサギ大全』。

今年度版は朱鞠内湖、網走湖、阿寒湖、

茨戸川、大沼・蒪菜沼など

道内のフィールドがいくつも紹介されています。

もちろん、本州の最新テクニックも詳しく解説。

ぜひ、ご覧ください!

North Anglers最新号の中身は

あらためてご紹介します。

(平澤)

続きを読む

northanglers at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月12日

道東へ

twitterでつぶやく

道東に取材ロードに出ていました。


 _DSC6436


















初日は湿原河川へ。

やはり大雨の影響で水位はかなり高く、

同行したアングラーによると

いつもなら川通しで行けるはずが

何度も岸に上がっての釣り歩きになりました。

 

_DSC6823

















2
日目は知る人ぞ知る

美少女アングラーに密着。

この日は海が荒れていて

当初はブリジギングの予定が

転じてサーモンフィッシングに。


 _DSC6969


















3
日目の午前中は屈斜路湖。

水温がけっこうぬるめで

ハイシーズンにあと少しという感じでしたが、

グッドサイズのニジマスが微笑んでくれました。


_DSC7201

















午後は美幌町の『ブルーマリン』さんを訪問。

トラウトルアーのコーナーには

屈斜路湖のポップがありました。

ちなみに、現在公開中のANA釣り倶楽部

秋のおすすめ釣り場でも

屈斜路湖を紹介しています。

http://www.ana.co.jp/vacation/fishing/

 

(平澤)

 




northanglers at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月07日

アジングJAPAN

twitterでつぶやく

まもなく発売の最新号と

前号でも掲載していますが、

北海道でも‟アジング“の注目度が上昇中です。

 

ひと昔前、アジといえば、

マメアジサイズがほとんどでしたが、

今は道南で25儺蕕發△っていて、

尺クラスを追う夢もあります。

本格的にねらっているアングラーは

専用タックルを片腕にしています。

 

 CS_36

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなアジング愛好者に見ていただきたいのは

『アジングJAPAN最前線』。

その名の通り、最新のメソッドが紹介されていて、

北海道でも通用しそうなエッセンスが盛りだくさん。

ちなみに、同書に掲載されている

ティムコさんのセラミッククリッパー

私も愛用しています。

軽量で錆びず、PEラインがスパッと切れ、

アジングに限らず重宝しています。

 

さて、あと少しで5時。

明日から連休中は

川、湖、海岸、オフショアと

フルコースの取材予定。

1ヵ月前が嘘のように寒くなりましたが、

どんな魚に出会えるか楽しみに

取材ロードに出発します!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 04:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月05日

NA139の中身

twitterでつぶやく

North Anglers最新号をアップしました。

http://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

 p00表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特集1は「北海道にはサケがいる!」。

サケ釣りのメッカ、オホーツク海は今シーズン、

釣果にムラがあるようで

例年よりもやや低調気味ですが、

「これからよくなるのでは?」との声が多く、

シーズン後半も充分チャンスがありそう。

ぜひ、誌面を参考にしてみてください。

 

特集2は「ハゼ&アジ」。

SNSなどを見ていると

今秋はこのプチターゲットが密かな人気。

どちらもルアーによる釣り方に着目し、

道内でも注目されてきた‟ハゼクラ“と

軽量ジグヘッドリグでねらう‟アジング“を紹介。

また、料理も詳しく解説しています。

 

トラウトルアー&フライ関連は

「ドジョウルアーの引力」

「ベイトフィネス一年生」のほか、

The Last Best Placeのフィッシングガイド」では、

米国シムス社のガイドアンバサダーに認定された

千葉貴彦さんと下山厳さんにご登場いただきました。

 

また、福士知之さん執筆の連載

TOPWATER ADDICTIONは今号が最終回。

道内でなじみの薄いバズベイトのことがよく分かります。

 

しかし、寒くなりましたね。

今週末は峠で積雪の可能性ありとか。

自分はそろそろ車中泊のシュラフを冬用にします。

意中の魚をゲットしたいですね、

冬が来るまでに!

(平澤)

続きを読む

northanglers at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月03日

社員研修旅行in熊本

twitterでつぶやく

今年の北海道は89

未曾有の大水害に見舞われ、

その影響は今も続いています。

一方、隔月刊誌『ルアーパラダイス九州』

編集部がある九州では、4月に熊本地震。

こうした後は自粛ムードが漂いますが、

釣り人は釣具店で買い物をして

釣りを楽しむことが支援につながるはずです。

 

弊社では毎年この時期、

社員研修旅行を実施していますが、

今年は熊本を応援するため

930日〜101

2日間の日程で行ってきました。

 

初日は熊本県山鹿市で

ブランクの成型から組み立て、塗装など

すべての工程を行なって

Made in Japanのロッドを作る

『山鹿釣具店』の工場見学。

40人ほどの地元スタッフが

手作業でロッドと向き合う姿を拝見すると

マスプロダクトというよりも

ハンドメイドの言葉がマッチすると思いました。

道内でも同社の青もの用ロッドは

年々愛用者が増えています。

このときの模様は

いずれ誌面で紹介したいと考えています。

 

2日目は天草でタイラバを使ったマダイ釣り。

タイラバは九州が発祥とされていますが、

洋上に浮かぶ大船団を目の当たりにし、

まさに本場であることを実感。

5艘の船を仕立て、正午までびっしり釣り、

多くのマダイが顔を見せてくれました。

 

エビやカニの硬い殻を砕いて食べるせいか

マダイの歯はかなり頑丈。

奇麗なブルーのアイシャドーも印象的でした。

 

宿は釣り場近くの「楠萃荘(なんすいそう)」。

旅館の名物である鯛の蒸し寿司を始め、

美味しい料理をたくさんいただきました。

釣りも食も、そして出会った方々も

熊本は最高だったばい!

 

最後に、今回の研修にご賛同いただき

商品提供をしていただいたメーカー様、

誠にありがとうございました。

(平澤)

 

14525085_1283158585083541_6945332276961026135_o

 

 

 

 

続きを読む

northanglers at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!